短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開ページ(つれづれに掲載)

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●読者への緊急号外!◆「2022年大カンパ」のお願いです。そのお礼に、マスコミも言えない消毒剤の危険性についての記事を贈呈

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆
ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★

2022年11月27日(日)号
                                                     
号外です!
                                           
毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

~今回は、全員の読者に向けての、「緊急
号外」です~

 


2022年の年末に向けて、「大カンパ」
のお願いをさせて下さい!

ご協力下さったかた全員に、 以前書いた、
いまの時期にピッタリの記事を、プレゼン
トします。

このメルマガを今後も「持続」させるため、
そして、こんな事態のいまこそ、読者全員
の皆さんからの熱いご支援を、心からお願
いします。

 

★★★

 

やあこんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

皆さんにとっても、この2022年という
年は、とくに記憶に残る1年となるでしょう
ね。

先日のカタールでのサッカーの試合を見て
いて、サポーターや選手のかたたちの、試
合後の行為が、なんとも素晴らしく、日本
人として本当に誇りに思いました。

とくに、こういう時期だからこそ、いまま
で以上に、その感が深かったのかと思います。

★★★

でも、現実に目を向けますと、「新型コロナ
ウイルス」なんていう奇妙な症状は、さら
に拡大を続けており、あの戦争と同様、い
つ収束するのか、まったく余談を許しません。

こういう世界の中で、さらに活動を広げて行
くためにも、今回も、皆さんに「2022
年大カンパ」をお願いしたいと思います。

皆さんも、経済的に大変だろうとは思います
が、さらに活動するため、ぜひ、ご協力を
いただければ、嬉しく思います。

そのお礼として、つい先ほど、noteで公開し
たばかりなのですが、以前、「完全版」で述
べました記事を、プレゼントさせていただき
ます。

「完全版」の読者のかたも、今回は写真も入
りPDFですので、保存するにも都合がいい
のかなと思います。

「短縮版」のかたは、もちろん初めての内容
になりますので、きっと驚かれると思いますよ。

いまの時期、ぜひ、お役に立てて下さい。

以上、ご多忙のところ恐縮ですが、どうぞ、
よろしくお願いします。

皆さんからのご支援を、心からお待ちして
おります。

 

 

___________________

▼「2022年大カンパ」のお願い▼
___________________

 

一口→ 3000円

えっと……もちろん「何口」であっても、
けっして拒否はいたしません……(笑)。

下記のフォームからお願いします。

自動返信がすぐに届きますので、そちら
からご送金をお願いします。

もし、その自動返信が届かない場合は、
ご連絡下さい。

最近は、迷惑メールフォルダに入ることも
ありますので、そちらもご確認下さい。
    
どうぞ、よろしくお願いします。


★「2022年大カンパ」のご協力フォーム

PC・スマホ共用→ https://ws.formzu.net/fgen/S81287344/

 
【プレゼント】→  いまどうしても知って
ほしい、下記の内容が詰まった記事です。

 

【タイトル】

「強制消毒社会」を、考える!

~体ごと消毒剤を噴霧されたり空間除菌な
ど、「新型コロナウイルス」で滑稽な現象
が続いています。陰で笑う洗剤企業や消毒
企業たち。安価な石鹸が一番ですぞ~

note→  https://note.com/222334/n/n32eda9d7a61d

(上記は、前半だけです。後半部分に核心
が書いてあります。今回は、100%の内容
を贈呈します)

 

【目次】


★(第1章)

あの「赤チン」が、2020年12月に、国
内での製造を終えることになったようで
す。ぼくの子どものころには100社ほど
で作られていたのですが、寂しいですよ
ね。でも、今回の「強制消毒社会」の広
がりとは、ちょっと意味が違って……

★(第2章)

あるかたが、美容院で買わされた「次亜
塩素酸水」スプレーなるものとは何か。
経産省は言います。現時点において、「次
亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの
有効性は確認されていない……

★(第3章)

まず知っておいてほしい。細菌とウイルス
とは、まったく別ものなんです。だから、
新型コロナウイルス」に対して除菌とか
殺菌とかいう言葉自体、矛盾しているんで
すね。そのため、消毒、あるいは不活化…
…なんていう言葉が一般化しているわけ。
じゃその「消毒」にはどうしたらいいのか……

★(第4章)

ぼくが、今回述べたかったことは、人生、
原点に戻ろうよ、ということでした。数十
年も前に、ぼくは合成洗剤を捨てて、石鹸
の暮らしをしよううよ……と叫んでいまし
た。でも、いままた、同じことを叫ばなく
てはならないようです……

 


後日、各人へ、お礼状と上記の作品をプレ
ゼントします。

少しお時間を下さい。
もちろん、必ずご連絡します。

でも、ほかのフォルダに届いている場合
もありますので、連絡があまり来ない場合
は、ぜひお問い合わせ下さい。

 


本日は、以上です。
ご覧いただき、ありがとうございました。

皆さんからのご協力とご支援、首を長くし
て、心からお待ちしています!

これから年末年始にかけて、とくに今年は
慌ただしい毎日になるでしょうが、どうぞ、
お体を健やかにして、お過ごし下さい。

今後とも、よろしくお付き合い下さい。

 

山田博士
__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

●号外です(第5弾)。このコロナ不透明時代を生き抜くため、山田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、特価で提供します

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆
ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年11月20日(日)

(号外です)

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)
創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★号外です!(第5弾) 

このコロナ不透明時代を生き抜くため、山
田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、
特価で提供します

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

今回も、前回に引き続き、「第5弾」のご
案内です。

前回までの内容をもうご覧になっているか
たは、いまのコロナ禍も、インフルも、戦
争も、環境破壊も、健康破壊も、すべて有
機的につながっているのだということに、
改めてお気づきのはず。

ぼくたちの目に見えないところで、このよ
うな画策(かくさく)がなされてきたわけ
ですね。

これじゃあ、普通に暮らしていれば、見え
るはずもありません。

今回のこの「第5弾」も、ぜひそのような
視点で、ごゆっくりご覧下さい。

明日を見通せる、何らかのキッカケになれ
ば、嬉しく思います。

★★★

これらは、先日の「第4弾」と同じく、ま
電子書籍にしてはいないけれど、早く読
者のかたや、一般のかたに伝えたい記事を、
まとめて5点、先行提供しようと思いまし
た。

ぼくには、なかなか電子書籍にまとめる時
間がないため、こうして、読者のかただけ
には早く、先行して読んでいただきたいな
と思った次第です。

★★★

「完全版」読者のかたは、すでにご存じか
もしれませんが、noteには写真も載ってお
りますし、全体をPDF版にしております
ので、保存したりプリントするにはいいの
かなと思っています。

いずれにしろ、いまの社会に緊急に広く伝
えたいため、そして子孫たちに遺したいが
ため、今回特別価格で、この号外を出すこ
とにしました。

今回の内容は、下記のとおりです。
ぜひ、ご活用下さい。

 




 

 

___________________

★第5弾の内容。全5点とは……
___________________


【全5点】……下記の案内頁では、写真も
見られます。

 

1.
===================
◆もはや、黄射能とでも呼ぶべき「黄砂
(こうさ)」。日本への飛来が年々深刻です
が、コロナや花粉症にもじつは…

セシウムなどの放射性物質を含み、工
場の窒素酸化物などを付着させた「黄砂」
への対処。そして、無頓着な中国に対す
る世界的働きかけが、いま絶対に必要です~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n884b03dc4880

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

女性気象予報士の「黄砂」に対しての言
葉は、まるで毎年の風物詩のようです。
フランスがサハラ砂漠で核実験をして、
その「「黄射能」でいま悩んでいるのと
は異なり、日本の「黄砂」は、中国がそ
の原因なんですね。なぜ忖度(そんたく)
するのか……

★(第2章)

「黄砂」は、花粉に接触すると微細(び
さい)化します。そのため、気管支や肺
に容易に到達しますので、花粉症気味の
かたには要注意でしょうね。また、ごく
小さな粒子のため、人の抗体や免疫力が
低下します。「コロナ」に対しても……

★(第3章)

中国は、以前、砂漠地帯で、核実験を繰
り返していました。この総威力は、広島
への核攻撃の1375発分。その砂漠に降
り注いだ放射性物質が「黄砂」となり日
本列島へ。まさに「黄射能」ですよね……

 

 

2.
===================
◆コンビニの棚に並ぶ「プライベートブラ
ンド食品」の、黒いからくり!

~これらは、原産地表示をさせない方法
で「中国産食材」などを使い、安く販売
されています。でも、こうした価格破壊
の行き着く先は何なのでしょう。伝統的
な生産者が……消滅し続けています~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nce34dfa87ef4

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

いずれにしても、「中国産」だと表示さ
れていれば誰も買わないことを、これら
企業たちは熟知(じゅくち)していま
す。だから、このようにして販売するわ
けですね。多くのかたは気付かずに……

★(第2章)

1990年代の終りから2000年代にかけて、
なぜこの「プライベートブランド食品」
が広がり始めたのか。その理由はこれ
でした……

★(第3章)

外食企業の食材の原産国を少し述べてお
きます。そこから、この「プライベート
ブランド食品」の原産国も想像してみて
下さい。・大切うなぎ炙り:うなぎ(中
国産)・うに一本葉:大葉(中国産)・蝦
夷あわび:あわび(中国産)・特大天然車
海老【極み】:エビ(中国産)・一本穴子
【厳選一貫】:アナゴ(中国産)、ほか…

 

 

3.
===================
◆現役の、95歳女性カメラマンに学ぶ、
真の「長寿人生」の秘訣はこれだ!

~ロシア人女性が驚いた、食と趣味と
行動力の偉大さ。コロナ禍でも、けっ
してネガティブにならないために~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n5aa8d8a07581

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

日本人の「100歳以上」のかたが、8万
人を超えました。でも、寝たきりじゃ
なく、95歳で現役の女性カメラマンが
います。彼女は、富士フイルムから誘わ
れ、都内で写真展を数回開きましたが、
開催中、超満員だったと……

★(第2章)

「人間、年を取っても、趣味があると
楽しいね」。ぼくは、人生、それに尽き
ると思っています。趣味を持っている
と、孤独になりません。そして、この小
川さんがおっしゃっていた、長寿の秘訣
とは、まず歩くこと……

★(第3章)

だから、そのような感覚を持つために、最
初は、何でもいいから「面白がっているよ
うに見せる」ふりをする……といいでしょ
うね。それがいつの間にか、板についてき
ますから……

 


4.
===================
◆行列のできる「有名ラーメン店」の隠し味
が、この化学調味料だったなんて、客への
裏切り行為ですよね

~いま、メーカーは、これを「うま味調
味料」と呼び、なぜか「化学」の言葉を
避けています。なぜでしょうね。その弊
害は、昔とは変わっておりません~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n5a0ed5795f8f

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

その店主たちが、自分の店の「オレの
味」の秘密を、赤裸々(せきらら)に
語っている冊子があります。そこでは、
わざわざ行列をして、この店に訪れる
客の神経を「逆(さか)なで」にする
ような言葉が並んでいるわけですね。
驚きました……

★(第2章)

そう、あれは1969年7月……のこ
とでしたか。場所はアメリカ上院の食
品栄養保健選択委員会。ここでこのM
SGについての証言が続いていました。
すでにアメリカでは当時、この問題で
国内が大騒ぎになっていたんですね……

★(第3章)

ところで、よく、「味の素はサトウキビ
から……」だなんて宣伝していますよね。
多くのかたは、これでコロリと……(笑)。
でも、じつは……。ところで、皆さんの
中で、足の親指の付け根がキリキリと痛
んだり、膝(ひざ)が痛んだりすること、
ありませんか。その痛風の原因こそ……

 

 

5.
===================
◆日本蕎麦(ソバ)の多くは、いまや「不健
康食」になりました。国産ソバは、流通量の
わずか2割。しかも……

~国産ソバは、流通量のわずか2割。し
かも輸入ソバの8割は中国産です。その
実態を知れば、とても健康食じゃありま
せんよね。国産有機ソバを、広げたい~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/ncb7c814cbc89

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)
そして、食べものを、素性(すじょう)
も知らない外国の他人の手に頼り、その
結果、ぼくたちの体が壊(こわ)れる。
すべての事象が「有機的」につながって
いるのが、世界なんです……


★(第2章)
……実際、中国国内加工の抜き実は、
消毒臭がします。おそらく加工後の抜
き実に直接殺鼠剤(さっそざい)を噴
霧(ふんむ)するか、殺鼠剤を噴霧し
た倉庫に抜き実を保管していると思わ
れますね……。このソバの実は、ネズ
ミの好物のひとつですから……

★(第3章)
あるソバ店の経営者が、下記のようなこ
とを述べていました。「立ち食いソバや、
飲食店の安価なソバは、国産ソバ粉の表
示がない限り、ほとんどが中国産だと思
っていい。だって、キロ単位で言えば、
国産ソバ粉が2000円なのに、中国産は
その4分の1以下ですから」……

 


(上記の5点です

 

 

___________________

★第5弾

今回の「特別価格」と、お求め方法
___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(税込み)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 11/20(日)~ 11/23(水)

(もし期間が過ぎていた場合は、「ブログ
を見たのですが、第5弾の割引は可能ですか」
……と、下記の事務局まで、ひと言お問い
合わせ下さい。その場合は、対処いたします)

★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「11/20の号外を見ました。
第5弾の5点を希望します」……と、ご記
入下さい。

追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

●号外です(第4弾)。このコロナ不透明時代を生き抜くため、山田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、特価で提供します

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆
ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年11月13日(日)

(号外です

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)
創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★号外です!(第4弾) 

このコロナ不透明時代を生き抜くため、山
田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、
特価で提供します

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

先日、仕事をしていたある場所で、トイレ
に行きました。

そこの窓から空を見上げますと、綺麗なお
月サンが明るく笑っています。

でも、よく見ますと、どうも、左側が黒く
なっており、イビツなんですね。
黒い雲がかかったようになっています。

おっかしいなあ。
雲など、どこにも出ていないのに……。

そう思って何度も目をこすりながらよく見
たのですが、ふと思い出しました。

あ、そうかあ。
今夜は皆既月食(かいきげっしょく)なん
だ。

★★★

ちょうどぼくが窓から外を眺めていたのは、
その日の夜の19:00ごろ。

つまり、そのころが皆既月食の始まりだっ
たのです。

そのときは、天王星が陰に入る天王星食も
見られたようですが、このような、皆既食
と惑星食が同時に見られるのは、なんと442
年ぶりなんだとか(日本での場合)。

442年前の1580年と言えば、あの織田信長
が、桶狭間(おけはざま)の戦いで今川氏
を破った年ですよね。

う~むむむ。

きっと、信長サンも、ぼくと同じようにト
イレから月を眺めていたのかも……(笑)。

でも、このように、宇宙たちが素晴らしい
演舞を繰り広げてくれているのに、人類た
ちと言えば、戦争ばかり……。

恥ずかしくて、思わず、うつむいてしまい
ますよね。

★★★

まままま、そういう現世ではありますが、
ここで、エイッと気を取り直して、今回の
号外の中身を、どうぞ、ご覧下さい(笑)。

これらは、先日の「第3弾」と同じく、ま
電子書籍にしてはいないけれど、早く読
者のかたや、一般のかたに伝えたい記事を、
まとめて5点、先行提供しようと思いまし
た。

ぼくには、なかなか電子書籍にまとめる時
間がないため、こうして、読者のかただけ
には早く、先行して読んでいただきたいな
と思った次第です。

★★★

「完全版」読者のかたは、すでにご存じか
もしれませんが、noteには写真も載ってお
りますし、全体をPDF版にしております
ので、保存したりプリントするにはいいの
かなと思っています。

いずれにしろ、いまの社会に緊急に広く伝
えたいため、そして子孫たちに遺したいが
ため、今回特別価格で、この号外を出すこ
とにしました。

今回の内容は、下記のとおりです。
ぜひ、ご活用下さい。

 




 

 

___________________

★第4弾の内容。全5点とは……
___________________


【全5点】……下記の案内頁では、写真も
見られます。

 

1.
===================
◆健康調査に応じない「原発」作業員たち
の悲しさに思う! 使い捨てにした東電や
ゼネコンたち

~当時は彼らを英雄だともてはやし、使い
捨てにした東電やゼネコンたち。これらの
企業はいま、核ゴミを商売にしています~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nd191c9da0f90

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

再稼働など論外ですが、いずれにして
も、作業員を大切にしなければ、今後の
原発行政の行方(ゆくえ)が、非常に
心配ではありますよね……

★(第2章)

あの美しい北海道が、「核ゴミ」で溢
(あふ)れようとしています。政府から
の莫大な交付金に群がる町や村があるよ
うですね。ナントモ寂しいことですが…

★(第3章)

ぼくが懸念しているのは、これらの受注
業者が、東電や、三菱重工日立造船
JFEなど原発を作ってきた大手のプラ
ントメーカーやゼネコンだということ…

 

 

2.
===================
◆なぜ精神科医が、「新型コロナワクチン」
に関して、同調圧力強化を受けないよう
注文をつけるのだろう!

~ワクチンに「個人ナンバー」が紐付け
られたり、「追跡マーカー」が混入され
る話が出てくる理由。そして「遺伝子ワ
クチン」の実態を、ぜひ知ってほしい~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n90b677d9a0aa

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

そのため、いま日本でも、この「ワクチ
ン」が少しずつ広がろうとしている現実
の中で、少しでも多くのかたに、その真
実を知ってほしいと願いました。先に述
べておきますが、マスコミの叫ぶ内容は、
あまり信じないでほしい……

★(第2章)

ただ、問題なのは、以前にも述べました
が、今回のこの「新型コロナウイルス
クチン」は、人類が初めて体験するもの
なんですね。ぼくたちは、だから、いつ
でも謙虚にならなくてはならない……

★(第3章)

彼は、億万長者ですから、中国の「武漢
研究所」に巨額を投資し、また、「ワク
チン」製造の製薬会社の株も大量保有
ています。そのあたりに、何か 腑(ふ)
に落ちないところがあるような気がする
んですね。近いうちに、きっと真実は明
らかになるだろうと思っています……

 

 

3.
===================
◆「はちみつ100%」の食品が中国産なの
に、その表示もされず、堂々と売られる
「日本のはちみつ事情」

~ホンモノの「はちみつ」は、風邪に
もいいし、抗菌作用もあります。だけ
ど、大半は、「ネオニコチノイド系農
薬」にまみれ、コーデックス規格とは
ほど遠くなっています。どうすれば~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n01c14b6e05a2

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

1歳未満のわが子に、「はちみつ」を与
えている親がいるんですね。これには、
もうショックです。「乳児ボツリヌス症」
を発症するのですが、これは、最悪の場
合、死亡することさえあります。ぜひ……

★(第2章)

「はちみつ100%」という飴(あめ)が
あります。コンビニで売られているほど、
広く出回り、しかも安い。でも、国産で
あるという表記はどこにもないんですね。
じつは中国産やメキシコ産の「はちみつ」
であることが分かっています……

★(第3章)

現在、「はちみつ」の国内流通量は約4
万1千トン。そのうち、国産「はちみ
つ」の生産量は、わずか約2800トン。
しかも、輸入の9割は「中国産」でし
た。ただ、それだけでなく、国内に出
回っている「はちみつ」の問題点を、少
し述べてみます。驚きますよね……

★(第4章)

1990年代に、ヨーロッパで始まった
この現象は、「蜂群崩壊症候群」と呼ば
れています。その大きな原因が、ある農
薬の存在でしたが、いま世界中で、ミツ
バチたちの大量死が騒がれています。そ
してそれらこそ、ホンモノの「はちみつ」
を少なくさせた原因だったわけですね……

 

 

4.
===================
◆ホンモノの「カツオ節」を食べて、ホン
モノの「人生節(ぶし)」を唄おうよ! 見
分けかたとは……

~市販の安価な「カツオ節」は、ほとんど
が「カビも存在しないニセモノ」です。
しかも表示が、わざわざ分かりづらくな
っている。危険な「添加物」を控えるた
めにも、本来の舌に戻ってほしい~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nf68a903b1afd

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

だから、ただ単に、保存食品を作るとい
うだけに留(とど)まらず、日本料理に
欠かせない、あの旨さを、この「カツオ
節」が作り出しているわけです。これら
は、「枯節(かれぶし)」のほうが勝って
いますので、ぜひとも……

★(第2章)

カツオたちは、南からの黒潮に乗って、
プランクトンを追いながら、どんどん
と北上します。しかし鹿児島や土佐、
焼津あたりではまだ脂が乗っていない。
そのため、「カツオ節」にするわけです
が、「カビ」が付いているかどうかで、
ホンモノとニセモノが生まれます……

★(第3章)

「枯節」と「荒節(あらぶし)」の違い
は、この表示を見れば分かります。高級
料亭では「枯節」を使っているのですが、
魚臭くもなく、コクもありますしね。ホ
ンモノのダシをいつも口にしていれば、
おかしな食べものを遠ざけることにも……

 

 

5.
===================
◆欧州では、ニワトリのケージ飼いが禁止
になりました。だけど日本では世界標準と
逆方向に進んでいます

~BBFAW(評価機関)によれば、日本
の「タマゴ」は最低レベルです。それ
に、市販「タマゴ」の表示も問題が多い。
たとえば、森での平飼いでもないのに、
まるでそのような名前を付けている「タ
マゴ」もあります。なぜ、行政は、「業
界のほうばかり」向くのでしょうね~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nfe1dee22bb8b

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

日本人は、一人当たり年間338個もの
「タマゴ」を食べる世界第2位の消費
国です。なのに、日本の「タマゴ」の現
状は、世界標準の「逆方向」へ向かって
いるんですね。なぜなのか……

★(第2章)

よくニュースで流れる、「鳥インフル
の殺処分」報道。その「殺処分数」が約
345万羽……だなんて、もうショックを
通り越して、ぼくは目が回りそうです。
世界の「タマゴ」事情と日本は、どのよ
うなところが異なっているのか……

★(第3章)

日本の「採卵鶏(さいらんけい)」の総
飼育数は、約1億3000万羽です。しか
し、そのほとんどが、「バタリーケージ
飼育」なんですね。だから、ぼくたちが
「タマゴ」を求めるとき、何に注意し、
どのように業界に接すればいいのか……

 

(上記の5点です

 

 

___________________

★第4弾

今回の「特別価格」と、お求め方法
___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(税込み)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 11/13(日)~ 11/16(水)


★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「11/13の号外を見ました。
第4弾の5点を希望します」……と、ご記
入下さい。

追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

●号外です(第3弾)。このコロナ不透明時代を生き抜くため、山田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、特価で提供します

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年11月2日(水)

(号外です)

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★号外です!(第3弾) 

このコロナ不透明時代を生き抜くため、山
田作品の「絶対必読note公開記事5点」を、
特価で提供します

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士です。

いつも、メルマガをご覧いただき、喜んで
おります。

その後、お元気でしょうか。

2022年も、はや、霜月(しもつき)に突入
です。

「ロシア軍によるウクライナ侵攻」、コロ
ナ禍(か)、それに世界各地で頻発してい
る大干ばつや大洪水など、毎日が、まる
で「先の見えない戦国時代」のような日
々が過ぎております。

21世紀にもなるというのに、このように、
荒れに荒れ続く1年。

ぼくは、毎日、自分の情けない鏡を眺めな
がら、自問しております。

このような人類が、子孫たちに七色に輝く
まばゆい未来を、はたして遺(のこ)すこ
とができるのだろうか。
                                                          
★★★

かつては、国産であれば、日本製であれば
……と、誇りに思っていた日本国内でも、
商人道など、とっくにどこかへ忘れたよう
な卑怯(ひきょう)な行為が続いておりま
す。

そのような事件に遭遇するたび、ぼくは本
当に悲しくなるんですね。

うつむいてしまうのです。

日本や日本人や日本の文化などを誇りに思
っているぼくは、いたたまれなくなるわけ
ですね。

何とか、食いとめたい。
何とか、食いとめたい。

そこで、突然、今回の号外のお話になりま
す(笑)。

これらは、先日の「第2弾」と同じく、ま
電子書籍にしてはいないけれど、早く読
者のかたや、一般のかたに伝えたい記事を、
まとめて5点、先行提供しようと思いまし
た。

先日にも述べましたが、なにしろ、社会の
動きは速い。
なのに、ぼくの動きは「ますます」遅い(笑)。

ワン君やニャンコ嬢たちと話をしたりして、
足踏みをしていれば、たちまち、ぼくの
人生など終わってしまいます。

★★★

そのため、こうして「第3弾」と銘(めい)
打って、皆さんに号外でお知らせすること
にしました。

そして、あなたの子どもや子孫サンたちに
広く伝えて下さい。

もちろん、「完全版」読者のかたは、すでに
ご存じかもしれませんが、noteには写真も
載っておりますし、全体をPDF版にして
おりますので、保存したりプリントするに
はいいのかなと思っています。

★★★

いずれにしろ、いまの社会に緊急に広く伝
えたいため、そして子孫たちに遺したいが
ため、今回特別価格で、この号外を出すこ
とにしました。

今回の内容は、下記のとおりです。
ぜひ、ご活用下さい。

 




 

 

___________________


★第3弾の内容。全5点とは……

___________________


【全5点】……下記の案内頁では、写真も
見られます。

目次は、1行の長さが長くなっているも
のもありますので、ご了承下さい。

 


1.
===================

◆「回転寿司」には、食べもの偽装のすべて
が、握り込められています。水産マフィアが
操作するのは…

~日本人なら、「偽装魚」や「奇形魚」な
どじゃなく、新鮮魚を口にして下さい。水
産マフィアが操作する「回転寿司」の実態
はこれです。中国の汚れた水で養殖された
魚や添加物まみれの「偽装大トロ」を、わ
が子に与えますか~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n8361dbfb699d

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★目次


★(第1章)

わが身を犠牲にしてでも、なんとかして、
安全で、しかも子どもがうまく成長する
ことのできる食べものを見つけてきて、
それを子どもに与えたりします。動物だけ
じゃなく、鳥や魚たちも、みなそう。なの
に人間たちは「回転寿司」に子どもを……

★(第2章)

死魚、病気魚、奇形魚、偽装魚などをネタ
にしていたり、「水産マフィア」や暴力団
などが仕切る闇(やみ)ルートがあったり、
着色などの危険なクスリが多量に使われて
いたりする「回転寿司」の実態とは…

★(第3章)

いわば、正規のセリなども通さない、いや、
通したくても、とても通すこともできない
ような「水産物」が、日本には、現に存在
しているわけです。そして、それらを扱う
闇(やみ)ルートが存在するわけですね……

★(第4章)

たとえば、店長が、店に表示するポスター
などで、養殖の「アメリカナマズ」を、国
内産の天然ヒラメと書いても、構わないわ
けですね。だから、外国産を国内産に、養
殖魚を天然物に、解凍物を生物(なまもの)
にすることなども法律には反しないわけ……

 

 

2.
===================

◆日本人よ、「アルミ鍋(なべ)」は捨てよ、
そして、安全で旨(うま)いメシを炊(た)
こう!(写真はステンレス鍋です)

~ドイツやスイスなどで、アルミ製の調理
器具の規制をしている理由。炊飯器の内釜も
アルミ製が多いのですが、添加物にも多用
されています。ぼくの炊飯法を披露しまし
ょう~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n05c88dc40d38

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

おい、メシでも食うかあ……では、「本当の黄金(おうごん)
のメシ」は、永久に手に入りません。このアルミについては、
炊飯器の内釜(うちがま)や料理鍋だけじゃなく、周囲の食
べもの関連物質に、もう驚くほど使われています……

★(第2章)

ぼくのふだん行っている、「感動もののご飯の炊きかた」を、
ご披露しましょう(笑)。これ、あなたの家宝にして下さい…

★(第3章)

マイコン炊飯器の内釜の役目は、シーズヒーターで発生した
熱を、ただお米に伝えるだけですよね。だから、熱伝導率の
高いアルミは、理想的な素材になるわけです……

★(第4章)

それに、皆さん、あまりご存じないでしょうが、外食や中食
などの加工品に多く使われている食品添加物に、このアルミ
が多量に使われています。たとえば、お菓子や「ミックス粉」
に使われている膨張剤。これは、「ベーキングパウダー」や
「ふくらし粉」とも呼ばれますよね……

 

 

3.
===================

◆なぜ、「5G基地エリア」で、体調を壊す
人が出始めたのだろう! 

~街灯に、「スマートボール」という名称の
基地局が設置されたりして、身近で運用され
始めましたが、じつはこの「5G」、使い物
にならないのです(笑)~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n39f859eba501

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

あなたのそばにある「5Gの基地局」の写真を載せました。
ちょっとご覧下さいな。いまこれを広げようと、なぜか政
府は躍起になっているようです。なぜなのでしょうね……

★(第2章)

たとえば、アメリカのテネシー州ファラガットでは、FCC
(米国の連邦通信委員会)による規制が安全性を確保するま
で、この「5G」を停止するという決議が、このほど可決さ
れています。それにスイスでは、すべての「5Gの基地局
が事実上使用できなくなったようですね……

★(第3章)

もし、「中国製監視カメラ」が世界中に広がり、「5G」が
スタートすれば、世界はいったいどうなるのでしょうか。
考えてみただけで、おぞましくなります。相手の手の内が
みな読めますから……

★(第4章)

とにかく現在のところは、この「5G」は使い物になりま
せん。その原因は、大きく分けて2つでしょうね。一つは、
周波数のためにつながりにくいこと。二つは、料金が高い
こと……

 

 

4.
===================

◆東電よ、君たちは恥ずかしくないのか!
涙も乾かない飯舘村に、放射性物質を撒く
バイオマス発電とは

~この計画で、消費者が払う電気料金がさ
らに高くなる理由。しかも環境を壊します。
この「発電所」の真の目的は何なのか。そ
して、ぼくたちは、本当に、子孫たちに青
い空を遺(のこ)せるのでしょうか~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nc6d3f7d831ba

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

なんと、その村長自身が、放射能濃度の高
いバーク(樹皮)を福島県中から集め、
バイオマス発電」で燃やして、周囲に拡
散させようというのですから、コトは穏
やかではありません。この「バイオマス
電」の予定地は、あの「福島第一原発」か
らわずか30キロ離れた場所なんですね……

★(第2章)

結局のところ、「木質バイオマス」での
発電は、森林の汚染を残しつつ、汚染を他
へ持ち出すことにほかならないわけです。
それなのに、いったい何のために、そして
誰のために、こうした「バイオマス発電計
画」を、フクシマで進めるのでしょう……

★(第3章)

原発もダメ、石炭火力発電もダメ、「メガ
ソーラー」もだめ、「バイオマス発電」も
ダメ……となれば、どうすればいいのか。
じつは、日本にはたっぷりと、「あるエネ
ルギー」が存在します。近日中に「社会の
裏側!」136巻として公開する予定です…

 

 

5.
===================

◆山は海とつながり、海は世界とつながっ
ています。漁師になりたい孫を素直に喜べ
ない社会に、一石を…

~日本の漁業、そして水産業が衰退して
いる理由は一つ。日本では、「漁獲規制」
が、しっかりとなされていないことです。
でも、消費者側にも問題があります。つ
まり……~

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n0823929f4a50

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

瀬戸内海の島で、漁師になるんだというこ
とで跡を継いでくれた孫と、その祖父の複
雑な心境。彼は、現在の日本の漁業の置か
れた厳しい現実を、長年漁をしてきたため
に身をもって知っています。でも……

★(第2章)

山陽新幹線の工事と、瀬戸内海の漁業との
関連を見ますと、これはほかの地域でも同
様のことが起こっていることがよく分かり
ます。山や川が海を壊し、魚たちを追い詰
めているわけですね……

★(第3章)

日本の漁業、そして水産業が衰退している
理由は、一つ。日本では、「漁獲規制」が、
しっかりとなされていないこと。これに尽き
るのではないでしょうか。小さな稚魚たち
を根こそぎ獲(と)ってしまえば、どうな
ります?

★(第4章)

せっかく、漁業の未来に燃え、漁師にな
りたいという若者たちを、門前で閉め出し
ているわけですね。こうした「部外者は
お断り」……なんていう、いまの漁業体
制は、おかしくはありませんか……

★(第5章)

魚などの食べものが本当に「適正な価格」
なのかどうか、いつも考えたいですね。
何でも安ければいいという考えだと、「回
転寿司」のように水産マフィアがはびこ
り、ホンモノの魚が売れなくなります。
みんなで漁師さんや漁業を育てたい……

 

(上記の5点です

 

 

___________________


★第3弾

今回の「特別価格」と、お求め方法

___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(税込み)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 11/2(水)~ 11/9(水)


★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「11/2の号外を見ました。
第3弾の5点を希望します」……と、ご記
入下さい。

追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

●号外です(第2弾!)コロナ不透明時代を生き抜くため、山田作品の「絶対必読note公開記事5点」を特別価格で提供します

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年10月21日(金)

(号外です)

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★号外です!(第2弾!) 

このコロナ不透明時代を生き抜くため、山
田作品の写真入り「絶対必読note公開記事
5点」(第2弾!)を、特別価格で提供し
ます

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

なぜか、もう秋も深まった感じですね。

舗道の枯葉を、ぼくはわざとカサコソと
音を立てながら歩きます。

すると、はて、つい先日までのあの暑さ
は、いったいなんだったのだろうと、ま
るで夢の中をさまよっているような気持
になるものなんですね。

でも、どこからか、ふんわりと漂ってく
れるキンモクセイの香りを嗅ぐと、そう
か、地上はもう秋なんだ……と、こんな
ぼくでも、ハッとわれに返って突然現実
に舞い戻ったりします。

★★★

でも、周囲を見渡せば……。

これほどいい季節が、ぼくたち人間の
目の前に来てくれているというのに、
人間界では、戦争とコロナ。

これらは、まったく収束の様相も見せず、
ウクライナから日本に避難してきている
人の数も、日々、増え続いております。

いったい、いつになれば、このような
人間の愚(おろ)かさと奢(おご)りが、
終わるというのでしょう。

戦後、こうした事態は初めてですので、
高齢のかたなどの過去の知恵も役に立た
ず、みんな、呆然としているばかりなん
ですね。

★★★

そのため、ぜひ、今回の号外をご覧下さ
い。

先日にも「第1弾」でお知らせしましたが、
今回、さらに「第2弾!」……を作成しま
した。

ちょうどいいじゃありませんか。

こういう機会にこそ、ゆっくり時間を取っ
て、今回の作品をご覧下さい。

そして、自分のいままでの人生。
明日からの人生。
それらを、走馬燈のように、ゆっくりと思
い浮かべて下さい。

そして、さて、いま、どうすればいいのか
と、重い腰を上げて下さればと思います。

★★★

これらは、先日の「第1弾!」と同じく、
まだ電子書籍にしていないけれど、早く読
者のかたや、そのほかの一般のかたに伝え
たい記事を、まとめて5点、先行提供しよ
うと思いました。

先日にも述べましたが、なにしろ、社会の
動きは速い。
なのに、ぼくの動きは「ますます」遅い(笑)。

足踏みをしていれば、たちまち、ぼくの人
生など終わってしまいます。

そのため、こうして「第2弾」と銘(めい)
打って、皆さんに号外でお知らせすること
にしました。

そして、あなたの子どもや子孫サンたちに
広く伝えて下さい。

だから「完全版」読者のかたは、すでにご
存じかもしれませんが、noteには写真も載
っておりますし、全体をPDF版にしており
ますので、保存したりプリントするにはいい
のではないかなと思っています。

★★★

いずれにしろ、いまの社会に緊急に広く伝
えたいため、そして子孫たちに遺(のこ)
したいがため、今回特別価格で、この号外
を出すことにしました。

ぜひ、ご活用下さい。

 




 

 

___________________


★第2弾の内容。全5点とは……

___________________


【全5点】……下記の案内頁では、写真も
見られます。


1.
===================

◆連日、ワクチン待望をあおるマスコミと、
副作用リスクのある「遺伝子ワクチン」の実態

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/nf87d85664e04

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


(下記の目次は、1行の長さが長くなっています。
ご了承下さい。全5巻とも)


★目次


★(第1章)

かわいそうなのは、何も知らされない国民です。とくに子ど
もたちは人生がまだ始まったばかりですから、学校に行けな
い、勉強ができない、みんなと遊べない、在宅仕事で、いつ
も家にいる親から虐待を受けている、などなど。でも、先に
述べておきますと、この「新型コロナウイルス」の事態は、
今後、ずっと続きます。拡散期や緩慢期を繰り返して……

★(第2章)

この「ワクチン」なのですが、なぜ、多くの医師や研究者た
ちが、危惧しているのだと思います?普通、こうした「ワク
チン」の開発には、基礎研究や動物実験で安全性を確認し、
今度は人間を使って、3段階の臨床試験(治験。ちけん)が
行われるんですね。でも今回は、それを短縮してもいいこと
になりました。つまり人体実験をぼくたちがすることに……

★(第3章)

「ワクチン」の副作用で、最近分かってきたことがあります。
それは、普通、「ワクチン」を打ちますと、病原体(抗原)
を攻撃する「抗体」(善玉抗体)が作られますが、ときとし
て、悪玉抗体が作られるんですね。そうなると、感染した免
疫細胞が「暴走」して、症状をさらに悪化させます。こうし
た病気の重症化(ADE)が、一番怖い……

 

 

2.
===================

◆線路に、なぜ雑草が1本も生えないのだろう!
公園も校庭や園庭も、道端も、みなそうですよ
ね。除草剤の「グリホサート」と「ジカンバ」
の実態を知って下さい

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/na8d8ba5d380b

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

いま述べているこの「除草剤」は、いつかも述べましたよう
に、「グリホサート」という名前のものなんですが、じつは、
いまは「ジカンバ」という名前のものに移行しつつあります。
なぜなら、雑草たちが、この「グリホサート」に対して、耐
性を作ってきたからなんですね。いつもこの繰り返しです……

★(第2章)

JR九州が線路に撒いた「除草剤」が、周囲の田畑を汚染し
ていたことがありました。そのために、福岡県の稲作農家が、
なんと、米の出荷を見合わせたことがあったんですね……

★(第3章)

しかもそれどころか、このモンサント社は、真っ当な発言を
した学者たちに、「圧力」までかけるようになったわけです。
たとえば、自分たちの実験によって、この「ジカンバ」の揮
発性が、農作物へ与える悪影響を立証してみせた学者に……

★(第4章)

いまや、国産の農産物に、これだけも危険な「グリホサート」
が、以前よりたくさん使っていいよと、なりました。なのに、
この「グリホサート」は、気持ちを興奮させたり攻撃性を生
じさせたりすることが、すでに1999年に報告されており
ます。つまり、脳神経系を攪乱させるわけですね……

 

 

3.
===================

◆コロナ禍で、シングルマザーや子どもたち
が追い詰められている! しんどいときは、
こうしようよ

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n810ed7ce90f5

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

「現在、この奨学金のお陰で大学に進学でき、いま○○○○
を一所懸命に勉強していて、将来は○○○○になりたいです」
……などと書かれているわけですね。それを読みますと、
「ああ、本当に少額だけど、続けてきて良かったなあ」……
と眼を細めてしまうんです。いま、彼らは……

★(第2章)

でも、今回の調査結果から見えてきたのは、遺児家庭が経済
的にすでに限界に近い状態にあり、精神的にも追い詰められ
ているという現実です。国会議員や官僚たちが、自分の身を
切らないで、どうして国民といっしょに、この「新型コロナ
ウイルス」に立ち向かえますか……

★(第3章)

ぼくは、このシングルマザーやその子どもたちが、今回のこ
のコロナ禍を乗り切るには、大きく、二つあると思っていま
す。一つは、マインド。もう一つは、経済的なこと。もし人
間であれば、このマインド、つまり心の持ちかたは、ものす
ごく大事なんですね。まずこうして下さい。そして経済的な
ことも、こうして乗り切って下さい。それは……

 

 

4.
===================

◆コロナ禍の「コンビニ弁当」。ふふふ、コイ
ツで倒れちゃ、まるでコントだぜ!

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n640346c79d8c

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

なぜなら、後述しますが、味覚を認知する亜鉛(あえん)が、
こうした「コンビニ弁当」で破壊されるからなんですね。そ
してまた「コンビニ弁当」に走る……という悪循環が始まる
わけです。だから、ふだん、何を食べているかによって、そ
の人が変化します。なぜなら……

★(第2章)

じつは、大きなカラクリが、そこには隠されていたわけです
ね。確かに、「コンビニ食」は、名前だけなら、ヘルシー指
向になっていることは事実でしょう。でも、「保存料・合成
着色料不使用」……の文言に踊らされてはいけません。じつ
はこのような「保存料」が巧妙に隠されていました……

★(第3章)

保存料という言葉なしに、この「リン酸塩類」が使われてお
ります。でも、その言葉も記載されておりりません。なぜな
ら、「pH調整剤」……という表記がそうなんですね。これは
一括表示ですから、その中に、この「リン酸塩類」を紛れ込
ませてあるわけです。巧妙ですよね。じつはそのほかにも……

★(第4章)

日本の歴史の中で、この70数年ほど、ぼくたちの食べもの
が大きく変化した時代は、ありませんでした。従来の米や味
噌汁から、パンや肉や乳製品に、変化した。まさに初めての
体験なんですね。今後、どうなるのか。ぜひ、自分の「自炊
メニュ」を作り、自分のいのちは自分で操縦してほしい……

 

 

5.
===================

◆「テフロン加工鍋」が、このコロナ事態で
なぜ問題なのだろう! 鍋(なべ)に何を使
うかが人生の分かれ道です……(笑)

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/na8bc5380ade5

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

けっして大げさではなく、その鍋を、どういう材質のものに
するのかが、「人生の分かれ道」……なんですね。だって、
毎回の食事は、その鍋が無ければ絶対に作れません。ステン
レスやアルミなど、いろいろありますが、この「テフロン
加工」の安全性は……


★(第2章)

この人物は、広島や長崎への原爆開発のマンハッタン
プロジェクトの中心的な存在だった人でした。つまり、
多くの人を殺戮(さつりく)することに躍起(やっき)に
なっていた人なんです。その人物が、この「フッ素」を
広げようとしている。そしてその「フッ素樹脂」こそが
つまり……


★(第3章)

「テフロン加工」をするには、どうしても必要な助剤が
あります。それが、このPFOA。「パーフルオロオクタン酸」
のことなんですね。これを助剤として使うことで、金属と
密着させやすくしているんですね。でもこれは、2005年に、
アメリカ合衆国環境保護庁によって、「PFOAにおける
発ガン性がこれまでに考えられた以上に深刻である」……
ことが指摘されています。それに……

 

(上記の5点です

 

 

___________________


★第2弾

今回の「特別価格」と、お求め方法

___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(税込み)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 10/20(木)~ 10/25(火)


★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「10/21の号外を見ました。
第2弾の5点を希望します」……と、ご記
入下さい。

追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

 

 

●号外です! この不透明時代を生き抜くため、山田作品の写真入り「絶対必読note公開記事5点」を、特別価格で提供します

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年10月10日(月)

(号外です)


毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★号外です! 

この不透明時代を生き抜くため、山田作品
の写真入り「絶対必読note公開記事5点」
を、特別価格で提供します

 


やあ、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

戦争や疫病や災害などが相次ぐ21世紀です。

人類は進化しているのか退化しているのか。

ぼくたちの未来も、ずっとこのままの状態
が続くのでしょうか。

でも、ぼくは諦(あきら)めていません。

いや、空に架かる七色の虹(にじ)の光景
をいつも頭に思い浮かべて、未来を夢見て
おります。

人類は、こんなものじゃない。
人類は、こんなものじゃない。
人類は、こんなものじゃない。

まるで呪文(じゅもん)のように、いつも
そうつぶやいております(笑)。

★★★

ただ、未来はともかく、今日現在、わが身
に直接降りかかってくる火の粉(こ)は払
い落とすしかありません。

そうでなければ、全身が火だるまになって
しまいますからね。

でも、どのようにすればいいのか。
どのようにして家族を守ればいいのか。

その実態やその方法については、どれだけ
マスコミ情報を集めても、どれだけ眺めて
も、そこには載っていません。

だって、それらは「注意深く操作されてい
る」のですから。

ホンの一握りの人間たちのために、ね。

いま起きている「戦争」や「疫病」などの
広がりを見れば、よく分かります。

★★★

そこで、今回、21世紀の不透明時代を
生き抜くため、山田作品の「絶対必読note
公開記事5点」を、特別価格で提供する
ことにしました。

とりあえず、第1弾です。

(今後、第2弾……と続くはず。分かりま
せんが。笑)。

いつも皆さんにお知らせしている「完全版」
の原稿が、なかなか電子書籍にできません。

なぜなら、人生で、ぼくに与えられている
時間が限られているためです。

そのため、毎回、歯がゆいのですが、いか
んせん、逆立ちしても、この世の中に山田
博士は、ぼくしかおりません。

(キョロキョロする仕草)もう一人、どこ
かに山田クンがいそうなものだけどなあ…
…(そんなこと、あるかあ……という声。笑)。

★★★

そこで、まだ電子書籍にしていないけれど、
早く読者のかたや、そのほかの一般のかた
に伝えたい記事を、まとめて5点、先行提
供しようと思いました。

なにしろ、社会の動きは速い。
なのに、ぼくの動きは遅い(笑)。

足踏みをしていれば、たちまち、ぼくの人
生など終わってしまいます。

そのため、こうして第1弾と銘(めい)打
って、皆さんに号外でお知らせすることに
しました。

そして、あなたの子どもや子孫サンたちに
広く伝えて下さい。

だから「完全版」読者のかたは、すでにご
存じかもしれませんが、noteには写真も載
っておりますし、全体をPDF版にしており
ますので、保存したりプリントするにはいい
のではないかなと思っています。

★★★

いずれにしろ、いまの社会に緊急に広く伝
えたいため、そして子孫たちに遺(のこ)
したいため、今回特別価格で、この号外を
出すことにしました。

ぜひ、ご活用下さい。

 

 




___________________


★第1弾

今回の「特別価格」と、お求め方法

___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(税込み)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 10/9(日)~ 10/14(金)

 

 

___________________


★第1弾の内容。全5点とは……

___________________


【全5点】……下記の案内頁では、写真も
見られます。

1.

===================

◆除菌成分が、「生殖異常リスク」を高めて
います。除菌スプレーで笑う洗剤メーカー。
これじゃねえ…

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/ne51481f19b1f

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★目次


★(第1章)

「予(自分)の辞書」には、人を疑う……
なんていう項目は、若いころから、どこに
も載っていないんです(笑)。でも、今回、
この「新型コロナウイルス」で皆さんが、
さも当たり前のような顔をして使い過ぎ
ている「除菌成分」について、少し「疑い
ながら」、述べてみようと思います……

★(第2章)

その番組では、「異常事態が男性の体に起
きている」……ということで、精子の数な
どの「精子力」がどんどん衰えている男性
が増えている現実を報道していました。こ
こでは、「活性酸素」の有無が、大きなウ
エイトを占めていましたが、つまり……

★(第3章)

ところで、「新型コロナウイルス」に、こ
んな「除菌成分」は、効きませんよ(笑)。
商品に書いてあるウイルスとは、ある一部
のものなんです。しかも、こうした「除菌
・消臭スプレー」なるものは、「家庭用品
品質表示法の対象外」なんですね。この成
分を表示する必要はまったくない……

★(第4章)

ところが、乳ガンなどを起こす「エストロ
ゲン」が、多く含まれている食べものがあ
ります。それが「アメリカ産牛肉」。これ
には、国産牛肉のなんと「数百倍」も含ま
れていたんですね。しかも、この「エス
ロゲン」が、男性の精子の減少にも関係
していると言われていますので、今後、「除
菌成分」と同様、ぼくが心配しているもの
の一つです……

 

 

2.

===================

◆「使い捨てプラスチック」はコロナウイ
ルスに強いのだろうか。いやいやじつは、
逆だった!

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/ncd2936473b41

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

ところが、じつはこの「新型コロナウイル
ス」に対して「使い捨てプラスチック」は、
まったく効果がないという事実。そのこと
を、世界中の専門家たちが、伝えています。
ところが、そうした声を、マスコミたちは
取り上げない。本当に取り上げないんです
ね。だから、またぞろぞろと……

★(第2章)

病院のような水準を求めるなら別ですが、
プラスチックは、本質的に衛生的というわ
けではないのです。細菌やウイルスはプラ
スチック上でも、他の物質上でも、同じよ
うに生きのびることができますしね。そし
て石油企業たちの蠢(うごめ)きとは……

★(第3章)

最初のボタンを掛け間違えれば、あとはず
っと間違いが永久に続きます。いまのよう
に、「プラスチックゴミ」が世界に溢(あ
ふ)れている現状は、まさにそのためだと
思いませんか。そうそう、コカ・コーラ、ネ
スレ、ペプシコの3社が、なんと2年連続
で、「プラスチックゴミ」汚染企業のトップ
3になっていました……(笑)

 

 

3.

===================

◆旅行会社の「HIS」よ、南国の土地を
壊し生物が悲しむ「パーム油発電」は、世界
に逆行してるぞ!

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/n379050783e31

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

もし、自然、ロハス、リサイクル、省エネ、
再生、廃棄物処理、再処理……なんていう
言葉が付いていたら、まず指を唾(つば)
でたっぷりと濡らしてから、自分の眉(ま
ゆ)に当ててほしい(笑)。今回述べる、こ
の「パーム油発電」は、本当に再生可能エ
ネルギーなのでしょうか……

★(第2章)

じつは、もうすでにこの「パーム油発電」
が稼働している町があります。京都府
福知山市。ところがその周辺の住民たち
の多くが苦しんでおり、その健康被害を、
ある団体が集計していました。それによ
りますと……

★(第3章)

この「パーム油」は、アブラヤシの実(み)
から採れる植物油のこと。お菓子やクッキ
ーなどの多くの食品に「植物油脂」や「シ
ョートニング」という原材料名で書かれて
います。ところが、熱帯雨林を伐採しなく
てはならない。その面積は、なんと1時間
に300個のサッカー場の広さだとか……

★(第4章)

熱帯雨林の「泥炭地(でいたんち)」をかき
混ぜますと、泥炭地にある大量のCO2
二酸化炭素)やメタンが空中に放出され
ます。これが問題なんですね。森林減少は、
世界の温室効果ガス排出原因のおよそ15
%も占めるとも言われています。そのため、
欧米では「パーム油」燃料利用の禁止へと
動いているわけなんですが、なぜか日本で
は……

 

 

4.

===================

◆「プラスチックの海」を、人類は変えられ
るでしょうか。悲しい海洋生物の姿は、明日
の人間ですよね

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/neab7b945b418

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

「プラスチックに染まった海」を見て、ぼ
くたちは、もう諦(あきら)めるしかない
のでしょうか。年間800万トンものプラス
チックが海に捨てられている現実。でも、
人間が動かなければ、海洋生物たちも人間
も、救われませんよね……

★(第2章)

大きな尾びれを垂直に立てて、海に潜(も
ぐ)るクジラ。ところが、その撮影をしよ
うとして海に潜ったら、海中は「プラスチ
ックゴミ」ばかりでした。しかも海岸では、
「プラスチックゴミ」を口にしたために断
末魔に苦しむ大きなクジラがいます。それ
らが、この映画に、映し出されています……

★(第3章)

じつは、北太平洋の真ん中に、日本列島の
なんと10倍もある「プラスチックゴミ」
だけでできた「島」があります。しかし、
これら「プラスチックゴミ」たちは、多く
の有害ゴミもいっしょに引き連れて、地球
上の海の上を漂っているわけですね。いわ
ば「有害ゴミさん御一行」なんです……

 

 

5.

===================

◆「新型コロナウイルス」が拡散しているいま
こそ、100歳人の「腸内細菌」を、見直し
たい!

===================

案内頁→ https://note.com/222334/n/naac5b86c5d8b

(詳しくは、上記をご覧下さい。途中で省
略されていますが、今回は、その全文を
PDFで提供します)


★(第1章)

そして、ここが大事なことなんですが、100
歳以上の人に「好きな言葉」を聞いた調査
もしています。これによりますと、「あり
がとう」など、周りの人への感謝の言葉や、
思いやりの言葉を挙(あ)げる人が、なん
と3人に1人もいたと、言います。このこ
とは……

★(第2章)

この「新型コロナウイルス」が世界中で広
がっているいま、ぼくたちが本当に「元気
な長寿者」になる要件は何なのか。いまの
「100歳人」の食事はアテになりません。
自分で作っていないですからね。そうじゃ
なくて、一番大切なこととは……

★(第3章)

1979年(昭和54年)12月に、理研
の研究員だった光岡知足さんと、医師の古
守豊甫(こもりとよすけ)さんがいっしょ
になって、この棡原のご老人たちの「腸内
細菌」を、一軒一軒回って、調査したもの
なんですね。いやあ、これは、本当に、大
変な手間をかけた調査でした。それによれ
ば……

★(第4章)

いま、開発されている「新型コロナウイル
ス」のワクチンは、従来あるワクチンとは
大いに異なり、体内に遺伝子を入れて、ワ
クチンの機能を持った抗原(こうげん)を
作るものなんですね。かなりリスクがあり
ます。それに、以前に流行(はや)った
SARSのワクチンが、いまなお、できていな
いのは、なぜなのでしょうね……


(上記の5点です

 

 


___________________


★第1弾。今回の「特別価格」と、お求め
方法★

___________________


★今回限定の「5点特別価格」
→ 1980円(!)

(「公開価格」は@680円ですので、
5点合計が3400円……となります)

★割引期間
→ 10/9(日)~ 10/14(金)


★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「10/10の号外を見ました。
第1弾の5点を希望します」……とだけ、
ご記入下さい。

追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

●号外! 緊急のご案内です。コロナ禍が収まりません。その実態とコロナ対策を述べた「山田の関連作品」計3点を、緊急放出します

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2022年9月30日(金)


(号外です)

 

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合い計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

 

★本日は、号外です。


いままで、ぼくたちが体験したこともない、
なんとも奇妙な「新型コロナウイルス」な
るものが、いまだ世界に蔓延しています。

そして、小さな子どもたちまでもが、小さ
な布で顔を覆(おお)い隠し、笑顔を忘れ、
友だち同士の表情を探り合いしている現状
です。

親の顔色さえ、分からない。
友だちの喜怒哀楽さえ、見えない。

いったい、いつまでこうした「茶番劇」が
続くわけです?

まあ、詳しいことは、この場所では述べま
せん。

★★★

そこで、今回、そのような事態を鑑(かん
が)みて、最近、この「新型コロナウイル
ス」や「新型コロナウイルスワクチン」な
どについて書いてきたぼくの作品全3点を、
いままでにない「特別緊急価格」で、希望
のかただけに放出します。

これを読めば、この「新型コロナウイルス
の発生時の状況や、そのあとの変遷、そして、
その対策の滑稽さが、手に取るように分かり
ます。

ぜひ、ご覧下さい。

そして、今後、中国や、ビル・ゲイツなど
の怪しい存在がある限り、再び、世界に
は、同様のウイルスなどの症状が広がる
はずです。

そのため、今回だけの対策ではなく、根本
的に、ぼくたちが何をすべきなのかを、
ぜひ、この機会にお知り下さい。

★★★

そして、あなたやあなたの大切なご家族を、
「全力で」お守り下さい。

お願いします。

皆さんを救うのは、政府でも学者でも、マ
スコミでもない、あなた自身なのです。

自分が納得して動くしか、その方法はあり
ません。

とくに、現在は、背後に見えない黒い存在
があり、彼らが、自分の思うとおりに、
世界を動かしています。

そして、その情報を、マスコミが率先して
広めています。
真実は隠して……。

これらは、すべてオカネのチカラです。

だから、いつまで経っても、本当のことは国
民には伝わらない。

今後も、そうでしょう。

★★★

いつか、どこかから、解決するための天の声
が聞こえてくるなんてことは、絶対にありま
せん。

誰も、あなたに、救いの手など差し伸べるは
ずがないのです。

あなた自身が、ぼくの作品を何度も読み、そ
して実践して下さること。

それ以外、今後の人生を歩く方法はありませ
ん。

じつは、この数か月の状況を見ていて、いつ
か、皆さんに、ぼくの作品をまとめてお譲り
したいなと思っていました。

その内容は、下記のとおりです。

ご覧下さい。

もし、すでに、どれかをお持ちのかたも、全
3点ですので、ほかの内容もお楽しみ下さい。

 

 



 


【全3点】

1.

===================

緊急保存版! 今後も次々と襲来する 「新
コロナウイルス」を、自分の力で、 はね
飛ばす簡単な方法!……山田博士の「いのち
運転“即実践”マニュアル」第27話


~罪の無い「野生動物に罪を着せた」中国の
犯罪を、ぼくは一生忘れません。武漢にある
2つの研究所の罪とは。免疫アップの食べも
のを、さらに列挙しました~

===================

案内頁→ https://bit.ly/3i5Mw2X
(詳しくは、上記をご覧下さい)
公開価格→ 3227円(今回は衝撃価格です)


★目次


★(第1章)

ところで、今回のこの「新型コロナウイルス
については、その発祥地が中国でした。しか
も、武漢(ぶかん。湖北省省都)……。こ
の国は、過去のいきさつを見ても、本当の情
報を外国に提示することがありませんでした。
いや、それどころか、WHOにまで圧力をか
けているわけですね……

★(第2章)

もし今回、この「新型コロナウイルス」が運
よく終息したとしても、今後も、毎年のように
同じような状態の「繰り返し」になるかもし
れません。そうなれば、どうなります? 毎
年毎年、今回のような「新型コロナウイルス
で収入が途絶えてしまえば、日本人たちは、
いったいどうなることか……

★(第3章)

ところが、今回、この「新型コロナウイルス
の発生場所は、けっして市場などではなく、
中国の「政府研究機関」から流れたものだと
いう指摘が出てきたのです。でも、こうした勇
気ある発言をした研究者は、突然失踪(しっそ
う)してしまいました……

★(第4章)

じつは、この「新型コロナウイルス」は、た
だ肺だけじゃなく、心臓や肝臓、そして脳ま
でにも影響が行くことが分かった、と言いま
す。つまり……

★(第5章)

そこで、「抗ウイルス」の飲食物を少し挙げ
ておきます。これは今回の「新型コロナウイ
ルス」だけの問題じゃなく、ふだんから、い
つも食卓に載せておいて下さい。4つの視点
をまず持って下さい。そして具体的には、
まず納豆が挙げられます。ちなみに、これら
は、みなぼくがいつも食べているものばか
り(笑)。なぜなら……

 

 

2.

===================

アルコール除菌」は、ウイルス対策に なら
ない!


~すさまじい「清潔社会」が、逆に日本人の
免疫力を急低下させました。「新型コロナウ
イルス」に対処するため、昨日までとはガラ
リと生き方を変えて行きましょうよ~

社会の裏側!」140

===================

案内頁→ https://bit.ly/3AhNKlr
(詳しくは、上記をご覧下さい)
公開価格→ 1080円(今回は衝撃価格です)


★目次


★(第1章)

あの「アルコール除菌」のビン。いかにも、
効果があるような顔をして、レストランや
カフェや、そのほかの店などに置いてあり
ますが、どうなのでしょう。客たちは、ほ
かの人もしているからということで、この
「アルコール除菌」で、両手を揉(も)ん
でいますが……

★(第2章)

先述した外食店の入り口などに置いてある
「アルコール除菌」のアルコールは、この
エチルアルコールのこと。でも、このウイ
ルスは、感染しているその生きものから、
ほかの生きものに感染しながら、生きなが
らえるものなんですね。この「アルコール
除菌」では、ウイルス退治ができません……

★(第3章)

今度、「濃厚接触者」の定義が変わりまし
た。いままでは、この濃厚接触者の対象は
「発症日以降」でした。それが、今度から、
「発症2日前」に変更になったわけです。
つまり「自分が気が付かないうちに」、他
人を感染させているということを意味しま
すよね……

★(第4章)

さあ、誰もいない場所にある大きな樹木の
そばで、大いに深呼吸をして、「テルペノ
イド化合物」(植物中に含まれる天然有機
化合物)を取り込みましょうよ。マスク
ばかりしていると、新鮮な酸素が入ってき
ませんからね……

 

 

3.

===================

巣ごもり中のあなた。「電子レンジ」での調
理は“料理”ではありませんぞ。 ネットや
マスコミに踊らされてはいけない!


~ある国が、「電子レンジ」の使用を禁止し
たことがありました。その研究結果が凄ま
じい。しかも栄養素が破壊され、人体への影
響がこれほども、とはねえ~

社会の裏側!」138

===================

案内頁→ https://bit.ly/3Aqset0
(詳しくは、上記をご覧下さい)
公開価格→ 1080円(今回は衝撃価格です)


★(第1章)


見渡しますと、「電子レンジ」には何も問題
がない、きわめて安全だ、その資料はこうだ、
ああだ。……なんていう情報が多々ありま
す。オカネがどこかから落ちるから、時間
をかけてこうしたブログや記事などを書き、
世間を欺(あざむ)こうとするわけですね。
悲しいことですが……

★(第2章)

ところで、ロシアがこの「電子レンジ」を
使用禁止にした理由を、ちょっとご覧下さ
い。凄(すさ)まじいものです。これによ
って、ロシアは、「電子レンジ」の使用禁止
を国民に命じたのでした。ところがアメリ
カのある団体では……

★(第3章)

その「マイクロ波」の発熱効果を利用した
のが この「電子レンジ」というわけ。「電
子レンジ」では、食品中の水の分子を振動
させて熱するという原理を使っています。
その影響で、当初、白内障になった主婦が
増えたことがあります。まさか、「電子レン
ジ」がその原因だと、誰が思いますか……

★(第4章)

調理法の違いによって、野菜の「ファイト
ケミカル」の損失は、大きく変わります。
蒸した場合には 11%失われるわけですが、
この「電子レンジ」だと……なんと97%
も失われてしまいます……

★(第5章)

ぼくは、「電子レンジ」は、調理器具とは
思っておりません。大型の「蒸し器」一つ
あれば、それでいい。そう直径が40セン
チほどありますか。丸いかたちのステンレ
スの鍋(なべ)です。2段になっていて、
下の鍋に水を入れ、上の鍋に必要なものを
入れて、スイッチオン……

 

 


上記の3点です。

___________________


★今回の「衝撃価格」と、お求め方法★

___________________

 

★上記3点合計の、「公開価格」
→ 3227円+1080円+1080円=5387円

★上記3点合計の、今回限定「衝撃価格」
→ 1980円(60%引き!)

★割引期間
→ 9/30(金)~ 10/4(火)

★割引期間でのお求め方法

下記のフォームで、当事務局まで、お問い
合わせ下さい。

事務局→ https://bit.ly/2DjSStg
  
メッセージ欄に、「9/30の号外を見ました。
3点を希望します」……とだけ、ご記入下
さい。
追って、送金情報をお知らせします。

スマホの場合は、必ず、パソコンからのメ
ール受信拒否をいますぐに解除しておいて
下さい。でないと、メールが届きません。

割引期間以外は、公開ブログから、お願い
します。

あなたからのご連絡、お待ちしています。

お元気で。

 

 

★★★
★★★
★★★


今回は、以上です。

ご連絡、お待ちしております。

お元気で……。


(山田)


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。