短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●暮しの赤信号:11/19(金)◆歌を忘れたカナリア、おっと違った、自然の甘味を忘れた人間たちは、次々と新しい人工甘味料に

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月19日(金)号
No.4181

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)
                                                     
創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


★お知らせ★


11/20(土)号と、11/22(月)号は、休刊
いたします。


故郷に戻らなくてはならないためです。

メルマガが届かないと、たぶん……きっと、
いや絶対、お寂しいでしょうが、よろしく
お願いします(笑)。


(山田)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えてい
ます。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
内容に即した写真も掲載しています。 
どうぞ、ご覧下さい。

あなたの小さな行動が、人類を大きく
救います。いま足元にある大地は、世界
中につながっております。

そのため、いいね、やシェアをして下
さると、素敵な仲間が増えるかも。
→ http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 


▼本日の目次▼


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

(連載:963回)


【2】

本日ご案内する山田の「電子書籍」は、
これっ!:

◆「社会の裏側!」113巻

ある一官僚が走らせた、 食文化破壊の
「キッチンカー」なる存在を、ご存じで
したか?

関連写真→ https://bit.ly/3qODsGK

 

 

 

 

=================

【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

連載:963回

下記の文章は、ぼくの電子書籍『外食
の裏側!』全11指南……を元にして、
毎回、そのときどきに新しい事実を
述べて行きます。

すでにこの作品をお持ちのかたも、
どうぞ、お楽しみに!

=================

 

★★★


湾岸戦争……。

この存在さえ知らない人も、いまでは増え
ました。

1990年8月2日のイラクによるクウェート
侵攻をきっかけに、国際連合多国籍軍
(連合軍)の派遣を決定したのでしたね。

そして、1991年1月17日に、イラク空爆
して始まった戦争でした。

ところが、この湾岸戦争のとき、人工甘味
料の「アスパルテーム」入りのソフトドリ
ンクが米兵たちに配られたのでしたね。

まあ、これらについては、前回で少し述べ
ましたので、皆さんの頭にも……ひょっと
すれば……残っているかもしれません。

★★★

そして、後になって帰国した米兵たちに、
いわゆる「湾岸戦争症候群」なる症状が広
がり、世間を騒がせたわけです。

戦場が「暑い気候の場所」でしたから、メ
タノール中毒だったのかもしれないと、言
われました。

高温の場所で、そのような影響が出る薬品
だったためです。

なにしろ、5万人もの兵士たちが、この症
候群で苦しんだと言います。

戦争と人工甘味料と。

人間という存在はナントモねえ……なんて
言いたくもなりますよね。

★★★

最近は、企業たちも、こうした人工甘味料
の弊害を知っているのか、次々に新しい商
品を開発しています。

まあ、そうすれば、これらの弊害の因果関
係を弱めることもできますし、その責任を
逃れることにもなりますよね。

でも、一番の問題は、こうした甘味を求め
る消費者たちなんですね。

歌を忘れたカナリア……おっと違った……
自然の甘味を忘れた人たちは、こうして、
次々と、企業たちが開発する新しい人工甘
味料に飛び付くことになります。

でも、それらは……。


★★★

ささささ、今回は、どのような展開になっ
ていますやら。

下記の本文を、どうぞご覧下さい。




【下記が本文です。前回からの続きです
ので、先週の「金曜日号」をご覧いただ
くと、より分かりやすいかも】

 

こうした研究結果は、脳が人工甘味料に対
して砂糖とは異なる反応をする証拠である
ということを示しています。

そして、そのため、人工甘味料を活用した
ダイエットプログラムを立案するときには、
大いにこれらの点を注意しなければならな
いということを、暗に示しているようです。

★★★

まあ、いずれにしても、ふだん砂糖の味に
舌が馴れていなければ、こういう人工甘味
料がどれだけ登場しても、そのたびに飛び
つくことにはなりません。

ぼくが「月1万少々の食費で、ザクザクと
健康を稼ぐぼくの方法」全3巻などでいつ
も述べている「原始人の舌に戻るレシピ」
を、ぜひふだん口にしてほしいものですね。

自然由来のほんものの旨(うま)さや甘さ。

これらに慣れ親しむことこそが、人工甘味
料たちと「永遠にお別れする」一番の解決
策なのと違いますか。

自分で包丁を握り、砂糖など不要の自然
由来の旨さをいつも、「自分の舌」で体験
してほしい。

そうすれば、こんな湾岸戦争のような「甘
さの危険地帯」に近づくことはなくなる
ことでしょう。


●なぜ、外食やお菓子の甘さに誰も気づか
ないのか、その理由


このような「不気味な甘味料」の味に舌が
馴れてしまう一番の元凶は、もちろんふだん
の食生活にあります。

外食やおやつで、白砂糖をどんどん体に入
れていらっしゃるかたが多いようですが、
最後に、いったいどんなものにどれだけの
白砂糖が含まれているか、楽しく、お知らせ
しておきましょうか(笑)。

マクドナルドやファミレスのテーブルに置い
てある、あの細長い筒になった白砂糖。

あれ1本には「3g」の白砂糖が含まれて
います。

つまり……。

(来週の「金曜日号」に続きます)

 

 

 

 


==================

【2】

★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、
これっ!

どの本も、いま、人気者です。
ぜひ、ご覧下さい。

==================

 

◆「社会の裏側!」113巻

ある一官僚が走らせた、 食文化破壊の
「キッチンカー」なる存在を、ご存じで
したか?

~彼こそが、日本人から米文化を離れさ
せ、パン食に転じさせた張本人でしたが、
その背景と、パン食の怖さとは~

関連写真→ https://bit.ly/3qODsGK

 

★本書の概要


今回は、ぼくたち日本人が、なぜ長い間
続けてきた「伝統食」を、外国人も驚く
ほどあっさりと捨て去ることができたの
か。

そして、先祖たちが持っていたあの強靱な
体と比べて、いまのような「軟弱な日本人
の体」に変化させた大きな原因を、ぜひ
知ってほしいなと思っています。

しかも、これほど、自国の食文化を完全に
破壊してしまった国民はほかにはいないの
だ……ということも、少し述べてみようと
思っております。

そのためには、「1945年の敗戦当時」。

このころに、ちょっと思いを馳(は)せなけ
ればならないでしょうね。

その当時の現実を知れば、いまのようなファ
ストフード蔓延の社会の意味がすぐに分かる
ようになります。

★★★

先の大戦で、アメリカ軍の長距離大型爆撃
機「B29」によって日本本土は、完全に
廃墟となっていました。

日本のどの地方都市へ行っても、爆撃の跡
があります。

ちなみに、ご存じないかたもいらっしゃる
かもしれませんが、この「B29」とは、
「日本攻撃を目的だけに作られた」アメリ
カのボーイング社が開発した最新鋭の大型
爆撃機のこと。

愛称はスーパーフォートレスと言いました。

つまり、超空の要塞(ようさい)とでも言
うわけでしょうか。

★★★

そして、軍人相手じゃなく、一般の子ども
や女性たちが平和に住んでいる広島と長崎
の町に、原爆まで投下したわけですね。

ただ、欧州戦線には、この「B29」は
使用されていません。

ドイツへの空爆は、地理的な条件で、航続
距離の短い旧機の「B17」で十分だった
ようです。

周辺が海に面している日本本土の攻撃を
行うため、わざわざ航続距離の長いこの
「B29」が、開発されたようですね。

そして、日本本土は廃墟となり、農業は完
全にストップしたわけです。

つまり、日本人の食糧が無くなったわけ
ですね。

★★★

とくに未来を担う子どもたちに、何を食べ
させればいいのか。

大人たちは、大いに悩み、苦しんだと思い
ます。

大戦時、アメリカを除く世界中で、食糧が
不足していました。

欧州もアジアも、戦争で、食糧どころでは
なかったわけですね。

でもアメリカは、、第二次世界大戦中、
ほとんど本土攻撃を受けることもありませ
んでしたので、戦争中も、国内の農業は
安定して成長を続けることができたわけ
ですね。

余談ですが、戦争中も、アメリカ国内では
ジャズなどの演奏が行われていて、録音も
しているんですね!

その余裕を……あとで知って、驚いたもの
です。

日本では、全員が「鬼畜米英」で、ハチ
マキ状態だったのに……。

★★★

ところが、1945年に戦争が終わった。

すると、状況が一転するわけですね。

アジアでは、戦いが終わったことによっ
て、兵士たちの食糧も必要がなくなり
ました。

もちろん、欧州でも、農業が復興して、
もうアメリカに頼らずとも自国で食糧が
まかなえるようにまで、回復してきたの
です。

こうなると、アメリカは困ってしまいま
す(笑)。

それまではジャブジャブと資金を農業に
投資し、大量の農産物を作って輸出して
いたわけです。

それが突如、ストップする。

なんとかしなくてはならない。

そうでないと、アメリカの農民たちが生き
て行けなくなります。

★★★

そこで、「MSA法」という法律を作り(の
ちに「PL480法案」と名前を変えることに
なりますが)、欧州や日本などに、おいし
い条件で、食糧を提供することになるわけ
です。

日本でも、新たに法律まで作り、全国各地
に、本書で述べている「キッチンカー」を
走らせるわけですね。

この存在こそが、いまの日本でのファスト
フード蔓延の社会を作った元凶だったの
です。

それを走らせたのが、アメリカをバックに
したある「一官僚」でした。

彼の名前は……。

まままま、詳しくは、ぜひ本書をご覧下さ
い。

そして、いま皆さんが「洗脳されている
食べものについての考え」を、ぜひ改め
てほしい。

いまこそ、そうしてほしい。

本当の日本人を未来永劫に残すために……。

本書を読めば、「なるほどねえ……」と、
きっと思われるはずです。

ささささ、どうぞ、頁をお繰(く)り下さ
い。

 


■■上記の本のお求め方法■■
                                                             
下記の案内頁から、アマゾンに飛びます
が、スマホやパソコンで読むことも可能
です。

検索すれば、無料アプリがダウンロード
できます。もしどうしても不明な場合は
事務局まで。

第113巻の「案内頁」(電子版585円)
→  https://bit.ly/3Cs23Dg

(目次も分かります)

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

ただ、人手の関係で、なるべく、上記の
アマゾンでお求め下さい。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 

★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

上記はアマゾンの頁ですが、スマホやパソ
コンから読むことも可能です。検索すれば、
無料アプリがダウンロードできます。もし
どうしても不明な場合は事務局まで。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれるかも。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。

★短縮版:11/18(木)◆なに、料理なんて、「大人の遊び」です。失敗してもいい、「みんな違って、みんないい」(笑)

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月18日(木)号
No.4180

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


(本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです。どうぞ、お役立て下さい)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
よかったら「いいね!」をお願いします

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

 

 


▼本日の目次▼


【1】

11/15(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット:

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

 

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

◆「社会の裏側!」112巻

山岡鉄舟、再び、日本と世界を救う!

 

 

 

 


==================

【1】

11/1(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

「短縮版」のかたは、初めての部分です。

==================

 

★11/15(月)号のタイトル
__________________


スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

~こんな素敵な食べものが日本人の身近
にあることに、もう感謝すべきです。まあ、
ファストフードに毎日染まっている人には、
まったく縁の無い話ですがね~

__________________

 

 

(下記は、「完全版」の一部分です)


……(前略)……


そこで、その簡単な料理法を、次でご紹
介しやしょう(しましょう)。

ぼくの作品に、会話調「山田流シンプル
・レシピ」第2弾……というものがあり
ます。

ほぼ1年ほどかかって作りあげたものな
のですが、これは子孫たちに、ナントカ、
日本人の食べるメニュを遺(のこ)して
おきたいと願って、台所を走り回って作
りました。

よくあるような固い内容じゃなく、この
メルマガと同様、砕(くだ)けた会話調
で述べています。

もう、これを見るだけで、いままで、ど
れだけ料理を嫌っていた人も、すぐに食
卓に載せることが可能になります。

鼻唄気分で、台所に立ってみて下さい。

なに、料理なんて、「大人の遊び」です。

固く考えないで、失敗してもいい、金子
みすゞではありませんが、「みんな違っ
て、みんないい」……という気持ちで、
包丁を握って下さい(笑)。

この中に、この小豆料理が載っています。

じつは、ぼくがこのレシピ集の中で一番
好きなものが、これなんです。


……(後略)……

 


■■ 山田の「もぞもぞ独り言」 ■■


皆さん、もう旅に出ました?

え、そんなこと言ったって。

山田サン、昨日この欄で、旅の話をした
ばかりじゃないのって?

あ、そうでしたっけなあ(とぼけている)。

それに、すぐに旅に出るなんて、山田サン
のようにおヒマならいいでしょうけど、私
にはとてもできませんって?

おっと、ぼくは、けっしておヒマではあり
ませんよ(慌てている)。

ただ、いつも、遠い空をゆっくりと旅をす
る真っ白な雲サンたちをボンヤリ眺(なが)
めながら、いろいろと夢想をしているだけ
なんです。

ひょっとして、これが、「おヒマ」という
ものなのかなあ(笑)。

★★★

まあ冗談はともかく、旅に出れば、田畑に
立つ、高齢のお百姓さんたちばかりの姿
を見ることになります……と、述べました。

そう、「日本農業には、もうあとがありま
せん」。

まさに、消滅するか、存在するか、……の
瀬戸際(せとぎわ)なんですね。

スーパーの棚に並んでいる農産物しかいつ
も見ていない人にとっては、まったく分か
らないでしょうが、いま、「日本農業」は、
大変な事態になっております。

それを知るには、旅をするのがいい。

田畑を見るのがいい。

現場が見えます。

★★★

こうした農業全般の話じゃなく、今回は、
この小豆が、いかに「スーパーフード」
であるのか。

そして、現在のような右も左も見えない
新型コロナウイルス」の事態の中で、い
かに、強力な存在だったのか。

それらについて、詳しく述べました。

でも、いかに小豆がスーパーフードであっ
ても、お皿にそれをパラパラと置いてみて
も、ただ眺めることしかできません(笑)。

そうですよね。

だって、こんな固いもの、そのままで食べ
る人は、まあネズミサンでさえキツイで
しょうから。

★★★

でも、もしあなたが「人間」であるなら、
朗報があります。

もし、人間ならね。

ワンコやニャンコでは無理ですが(笑)。

なぜなら、どんな人だって、料理ができま
す。

どれだけ包丁を握ったことがない人も、
ちょっとしたキッカケさえあれば、料理
なんて簡単簡単。

なにしろ、このぼくでさえ、いつも包丁を
振り回しているわけですから(銀行強盗じ
ゃありませんって)。

料理をして、柔らかくし、ほかのものを混
ぜるだけで、もう「天国の味に変貌する」
ことになるわけですね。

★★★

そうすれば、この小豆サンをたくさんいた
だくことが可能になります。

家族が健康にもなり、「国産の小豆」をいつ
も食べることになれば、同時に、日本の農業
を応援することにもなる。

これだけいいことがありますか。

この小豆だけで、皆さんの人生を幸せに
してくれますからね。

そのため、この小豆だけじゃなく、こん
な社会ですので、ぼくのオリジナルのメニ
ュ集を、この月曜日の原稿の最後で、特別
にご紹介しました。

★★★

上記の本文にあるように、会話調「山田流
シンプル・レシピ」第2弾……がそうなん
ですが、写真入りで楽しくて、しかも貴重
な内容です。

よかったら、ぜひ大切にお手元に置いて、
あなたの子孫サンたちにお伝え下さいな。

★会話調「山田流シンプル・レシピ」第2
弾→ https://bit.ly/3oeXEww

ご希望のかたは、下記の事務局までご連絡
下されば、本日までですが、特別に半額に
しておりますぞ(笑)。

→ http://goo.gl/t12Yx

(上記フォームののメッセージ欄に、「11/15
号を見ました。レシピ集を希望します」と
だけ、記載して下さい。

そうすれば、50%OFFとさせていただきま
す。ただし、公開中ですので、11/18までと
させて下さい)

★★★

……ささ、また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!

■□■□

★今回の月曜日の100%の内容を掲載し
た「完全版」は、近くnoteで公開する
予定です。

もしご関心のあるかたは、事務局まで
「何日号」かを記載して、お問い合わせ
下さい。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


==================
                                                      
【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

==================


今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓

◆「社会の裏側!」112巻

山岡鉄舟、再び、日本と世界を救う!

~戦争や災害が絶えない地球を救う方法
が、一つあります。イデオロギーじゃな
く、「和の精神」「共生の思想」が、なぜ
いま必要なのか。鉄舟の思想を振り返り、
未来へつなげたいなと思っています~

関連写真→  https://bit.ly/3qPzr4C

 

★本書の概要


ぼくは、「近ごろの日本人」がとても悲し
いため、今回、この原稿を、急遽(きゅ
うきょ)、書くことにしました。

過去の先人たちの残してくれた大切なこと
も忘れ、毎日を右往左往している日本人
に、もっともっと誇りを持ってほしい。

企業や政府たちの言うがままじゃなく、日
本人それぞれが、内に秘めた能力を、もっ
ともっと発揮してほしい。

そして、それらを世界に向けて発信して
ほしい。

少しでもぼくの思いが、みなさんに通じれ
ばいいなと、思っております。

★★★

明治時代の教育者で農学者でもあった新渡
戸稲造(にとべいなぞう)さん。

このかたは、5千円札の肖像でも知られ
ています(2007年の4月に発行停止
されましたが……)。

その新渡戸さんが、『BUSHIDO』という
英文の名著を残しています。

彼によれば、「武士道」には「和の精神」、
そして「共生の思想」が、そのベースに
あるというわけですね。

いやあ、日本人の先人たちって、凄(す
ご)い。

「和の精神」、そして「共生の思想」。

このような言葉が、スッと出てくるわけ
ですね。

いまのぼくたちにとっても、一番大切な
キィワードじゃありませんか。

★★★

ぼくは戦後生まれです。

戦後生まれの人間は、子どものころから
この数十年間ずっと、「日本人はすべて悪
い、悪い、悪い」という教育を受けて
きました。

かく言うぼくも、学生のころは、日本が
近隣諸国に対して酷(ひど)いことだけ
をしてきたんだと、ずっと思っていました。

戦争中、軍人であった親父の悲しみを、
一つも理解もせずに……。

そして、本書でも述べていますように、ア
ジアの人たちを助ける行為を、日本がして
いたなんて、まったく知りませんでした。

★★★

もちろん、先述したように、戦争中ですか
ら、戦地ではいろいろなことがあったこと
は想像に難くありません。

それは、歴史上、どの国でも同じでしょう。

生きるか死ぬかの戦地なのですから。

敵との戦いで、巻き添えになった現地の人
たちも大勢いると思います。

しかし、日本が「周辺の国に対して悪い行
為をしてきた」という考えかたは、「勝者
として日本を占領したアメリカ」と、その
意向を受けた朝鮮や中国の考えなんですね。

★★★

とくにアメリカは、朝鮮と日本を相反させる
ことで、日本支配を完璧にしようとし、日
本海に1952年に「李承晩(りしょうばん)
ライン」なるものを一方的に引かせました。

こうして、日本と朝鮮を対立させようとした
のです。

このラインの裏には、もちろん、アメリカが
いました。

少しでも日本を孤立させたい。

そして、そのラインを越えた日本漁船を拿
捕(だほ)した朝鮮では、なんと、40数
名もの漁民が殺されています。

でも、そういう歴史など、ぼくたち日本人
は誰も教えられてこなかった。

マスコミも、ダンマリで、何も報道しませ
ん。

そして、日本だけが悪い、悪い……と。

★★★

ぼくは、いまこそ、再度、ぼくたちの先人
たちが築きあげた文化や伝統を、見直し
たいなと思っています。

そのとき、いつも思う、ある「一人の人
物」がいます。

その彼の名前は、山岡鉄舟(やまおかてっ
しゅう)。

たぶん、彼の名前を知っているかたは少な
いでしょう。

明治維新のころ、勝海舟西郷隆盛の名前
はご存じでも、この山岡鉄舟の名前は、あ
まりご存じない。

まあ、そうでしょうね。

意図的に、教科書にも載っておりませんし、
巷(ちまた)でも、そうそう口に上る名前
ではありません。

★★★

でも、彼という一人の人物が存在していな
かったら、「いまのような先進国と言われる
日本」は、存在していなかった……。

そして、ひょっとして、日本は西洋列強
たちの植民地にされていたかもしれません。

これは紛(まぎ)れもない事実なんですね。

彼は、「江戸無血開城」で、重要な役割を
果たした人物なんです。

しかも、西洋列強たちの手から日本を救っ
た人でもあるんですね。

つまり、当時、幕府にはフランスが、官軍
にはイギリスが接近していました。

もし、この両者が闘えば、これらの西洋
列強たちが儲かるだけです。

★★★

武器を供給するだけですから。

そして、両者のどちらかが疲れて、日本中
がメチャクチャになったあとに、西洋列強
たちは、日本を分断して植民地にする。

これは、ほかの国を植民地にしてきた方法
なんですね。

でも、そうしたことを見抜き、日本を分断
しないで、いまのような国にした先人たち
の苦労。

ぼくは、それを見直したいんです。

ぼくたちが習ったのは、「残酷な侵略ばかり
をしてきた西洋列強たち」の作った歴史」
でした。

いわば、勝者の歴史。

そしてそのために、21世紀のいまも、世界
各地で紛争が絶え間ないわけですね。

★★★

その山岡鉄舟は、武術だけではない文武
両道の人でした。

15歳のとき、弘法大師流入木道51世で
ある岩佐一亭に書を学んだあと、52世を
受け継いで「一楽斎」を号しています。

生涯に100万枚を残したとも言われて
います。

そして、各地の廃寺を書で再興したりし
て、数々の書を世に残しているんですね。

各地の「臨済宗」のお寺には、多くの
山岡鉄舟の書が残っていますので、もし
お近くにあれば、行ってみて下さい。

★★★

まあ、彼の坐禅など、詳しくは本書でご覧
いただくとして、いまのような閉塞感の
ある世界で、ぼくたちはどのような未来を
作ればいいのか。

そして、どのような社会を子孫たちに残
せばいいのか。

鉄舟の生き方に、その方法が映っている
ような気がします。

そして、日本こそが世界に、そのような
共生思想を、いまこそ発信しなくては
ならないなと思っています。

ささささ、それではどうぞ、ごゆっくり
ご覧下さい。

 

__________________

■本書のお求めは……
__________________

下記の頁から、アマゾンでお求め下さい。

◆「社会の裏側!」112巻 (585円)
→ https://bit.ly/3t8vqWI

(上記では、目次もご覧になれます)

電子版→ 585円~695円

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

人手の関係で、できるだけアマゾンで、
お願いします。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれる……(笑)。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋な
どは著作権法に触れます。皆さんには関
係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその
点、よろしくお願いします。

★短縮版:11/17(水)◆その素敵な千枚田に立っているお百姓さんたちは、みな高齢者。農民の平均年齢が67歳だとはねえ

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月17日(水)号
No.4179

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


(本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです。どうぞ、お役立て下さい)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

◆下記は、「フェイスブック」です。
よかったら「いいね!」をお願いします

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

                                                   

 


▼本日の目次▼


【1】

11/15(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット:

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

 

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

◆「社会の裏側!」111巻

高齢者の運転ミスが、もし「認知症治療
薬」の副作用だったとしたら!

 

 

 

 


==================

【1】

11/1(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

「短縮版」のかたは、初めての部分です。

==================

 

★11/15(月)号のタイトル
__________________


スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

~こんな素敵な食べものが日本人の身近
にあることに、もう感謝すべきです。まあ、
ファストフードに毎日染まっている人には、
まったく縁の無い話ですがね~

__________________

 

 

(下記は、「完全版」の一部分です)


……(前略)……


小豆は食べものです。

日本人の生存にとって、極めて大切な食べ
ものです。

そのためには、世界がどうなろうと、たと
え南極が暑くなろうと、砂漠が凍ってしま
おうと、日本人が食べるものは、日本で育
てたい。

そう思いませんか。

もし、戦争や災害などで、中国やカナダ
など外国からの小豆が、突然ストップす
れば、どうなるのです?

万事休(ばんじきゅう)すですよね。

今回の「新型コロナウイルス」の事態でも
そうですよ。

外国で小豆が作れなくなるかもしれない。

だから、今度は日本で作ろう。

食に関係している企業たちよ、そのような
狭い目で物事を見ることは止めるべきです。

いままで、ぼくが叫んできたように、何が
何でも日本人のために、「日本の農業」を
大切にしたい。

それは、今回のような「新型コロナウイル
ス」の事態だからというのではダメなんで
すね。


……(後略)……

 


■■ 山田の「もぞもぞ独り言」 ■■


さあ、皆さん、旅に出ましょう。

田園が豊かに広がる地方へ、旅をしましょ
う。

え?

山田サン、いまはコロナ禍(か)なんだけ
どって?

なに、そんなモン。

まあ、少し世の中が収まってからでいいで
すから……(さすがに、少し引いている)、
旅に出ましょう。

そうすれば、列車の窓から、素敵な田畑の
広がりが見えます。

素晴らしいじゃありませんか。

★★★

ほら、あそこに棚田(たなだ)が広がって
います。

とくに、一望のもとに広がる「千枚田(せ
んまいだ)」なんか、もう一幅(いっぷく)
の絵ですなあ。

おっと、ナンマイダ……じゃありません、
センマイダ(笑)。

外国人たちは、この光景を見て衝撃を受け
ています。

だって、夕陽に映える千枚田なんて、まる
でガラスを張り巡らしたようで美しい。

しかも傾斜地に、こうした水田を作る農民
たちの努力。

都市に住む人たちには、そのご苦労など、
何も分からないでしょう。

自然との闘い、生きものとの共生。

農業とは、それはそれは大変なことです。

★★★

ちなみに、この千枚田
英語では「rice terraces」……と呼ばれます。

「ライス・テラス」……だなんて、ちょっ
とクスッとなりますよね。

でも……。

でも、その「ライス・テラス」に立っている
お百姓さんたちの姿を見てみて下さい。

見えますか。 

みんな、高齢者のかたばかり。

どこを見ても、若い人はほとんど見かけま
せん。

農林水産者の発表によれば、2010年の「農
業就業人口」は、わずか260万人。

だけど、その後の減少スピードは「新幹線
の速力」で、毎年10~50万人ほど減り続
けているんですね。

そう、毎年です。

そして2019年には、200万人を切って、
約168万人にまでなっているんですね。

★★★

もう、「日本農業」は、待ったなしなんで
す。

文字通り、あとがない。

2019年になりますと、65歳以上は約118
万人です。

なんと、全体の約7割を占めているんです
ね。

そして、平均年齢は「67.0歳」。

どれだけナンマイダ……じゃなかった……
千枚田が広がっていたとしても、肝腎(か
んじん)のお百姓さがいない。

次世代の日本農業を担(にな)う若い人が
いない。

★★★

これでは、ぼくたち日本人は、何を食べれ
ばいいのです?

あなたがいつも大切に握っている、そのス
マホなるものをかじりながら生きながらえ
ることは、絶対にできませんぞ(笑)。

スマホが何でもできるわけじゃない。

今回の月曜日の原稿で述べましたように、
新型コロナウイルス」のために小豆の輸
入が心配だと。

だから、今度は国産の小豆を広めるんだと。

……ンなことを考えていれば、そのうち、
すべての食糧が日本のスーパーの棚から、
スッパリと消えること必至です。

間違いありません。

今回の、この「小豆」という小さな窓から、
ぜひ、「日本農業をどうするんだ」という
大きな世界を、思って下さい。

★★★

……ささ、また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!

■□■□

★今回の月曜日の100%の内容を掲載し
た「完全版」は、近くnoteで公開する
予定です。

もしご関心のあるかたは、事務局まで
「何日号」かを記載して、お問い合わせ
下さい。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


==================
                                                      
【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

==================


今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓

◆「社会の裏側!」111巻

高齢者の運転ミスが、もし「認知症治療
薬」の副作用だったとしたら!

~じつは、フランスでは4種類の治療薬
の保険適用を、ストップしました。効果
も無く、脱力などの副作用の酷さのため。
でも日本では、服用した高齢者が今日も
ハンドルを……~

関連写真→  https://bit.ly/3cfqBVl

 

★本書の概要


高齢者ドライバーの事故。

いま、連日のように、報道されております。

その報道に触れるたび、いたたまれない気
持ちになってしまうのは、ぼくだけじゃ
ないでしょう。

その当事者自身の心境。

戦争直後のあの廃墟の中で、鍬(クワ……
古いなあ)を握って、この国をここまで立
ち上げてきた立役者のかたたち。

今日(こんにち)までには、さまざまな涙
もあったでしょう。
辛(つら)いこともあったでしょう。

そうした中で、子どもたちを育て、空を見
上げながら自分たちの未来を笑顔で見つ
めてきた人たち。

いまは高齢者となったその人たちが、ある
日突然、その一瞬で、地獄に堕(お)ちて
しまうわけですね。

再度、言います。

高齢者ドライバーの事故。

★★★

若者たちは言います。

「だからいまの高齢者たちは……」

ところが、マスコミだけの報道では窺(う
かが)うことのできないような事実が、
少しずつ表面化してきました。

それは、こうした高齢者ドライバーの事故
の原因が、もしドラッグのせいだったと
したら……という視点なんですね。

いや、けっして「麻薬や覚醒剤」のこと
ではありませぬ(笑)。

同じドラッグでも、「認知症治療薬」と
いう名前のドラッグ。

その、「もの凄い副作用」が、こうした
悲惨な交通事故につながっているのかも
しれないな。

ぼくは……そう思っております。

★★★

なぜなら、フランスでは2018年8月、
「4種の認知症治療薬」を、なんと保険
適用外……に決定したのです。

その理由は、治療薬の効果が無いこと。

それに、その副作用の、ものすごい酷
(ひど)さが分かったこと。

本書の中でも、具体的に述べておきました
が、突然、筋力が低下したり……、大変な
事態になったりしてしまいます。

もし、そのとき、ブレーキを踏めますか。

ハンドルを切れますか。

でも、問題なのは、それらが、この日本で
は今日も平気で服用されているという事実。

そしてその悲しい結果です。

★★★

ぜひ、身近に、とくにクルマを運転なさる
高齢者がいらっしゃる場合は、今回の原稿
を参考になさって下さい。

いま問題の「認知症治療薬の名前」も、商
品名で記載しておきました。

そして、身近のクスリを、ぜひお確かめ下
さい。

厚労省の発表によりますと、「認知症高齢者
の数」は、2012年の時点で、全国に約
462万人もいらっしゃるとか!

この数字は、65歳以上の高齢者のうち、
なんと5人に1人が認知症に罹患(りか
ん)するものだと言います。

5人に1人……ですよ!

そして日本では、85歳以上の人口の、
なんと17%に、この認知症治療薬が処方
されているとか。

★★★

このようなかたが、いまは普通にハンドル
を握っていらっしゃいますが(とくに地方
などでは)、ふだん服用しているそのクス
リについて、もっともっと調査するべき
ときじゃないでしょうか。

運転事故は、加害者になっても被害者にな
っても不幸になります。

しかも、突然。

そして、そのあとの人生は、真っ暗になる。

本書が、少しでも、身の回りにいる高齢者
や、ご自分がハンドルを握るときに、お役
に立てば……と念願しております。

ささささ、それじゃ本書をどうぞ。

 

__________________

■本書のお求めは……
__________________

下記の頁から、アマゾンでお求め下さい。

◆「社会の裏側!」111巻 (585円)
→ https://bit.ly/3khbcpc
(目次もご覧になれます)

電子版→ 585円~695円

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

人手の関係で、できるだけアマゾンで、
お願いします。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれる……(笑)。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋な
どは著作権法に触れます。皆さんには関
係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその
点、よろしくお願いします。

★短縮版:11/16(火)◆いまごろになって、菓子やパンのあんに使う小豆を、なんとか「国産に切り替えよう」なんて、ねえ

 

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月16日(火)号
No.4178

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


(本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです。どうぞ、お役立て下さい)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

◆下記は、「フェイスブック」です。
よかったら「いいね!」をお願いします

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

                                                   

 


▼本日の目次▼


【1】

11/15(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット:

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

 

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

◆「社会の裏側!」110巻

「プラスチックで味付けられた魚」、 あ
なた、食べたいですか!

 

 

 

 


==================

【1】

11/1(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

「短縮版」のかたは、初めての部分です。

==================

 

★11/15(月)号のタイトル
__________________


スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

~こんな素敵な食べものが日本人の身近
にあることに、もう感謝すべきです。まあ、
ファストフードに毎日染まっている人には、
まったく縁の無い話ですがね~

__________________

 

 

(下記は、「完全版」の一部分です)


……(前略)……


ところで、いままで、この小豆は、外国か
らの輸入が大半を占めていたのです。

ほかの農産物と同じく、ね。

たとえば、この小豆の輸入先としては、第
1位が中国、第2位がカナダ。

この2国だけで、なんと全体の96.5%に達
しているんですね。

数字で言いますと、中国から約1万5000
トン、カナダから約1万トンということ
で、この輸入量は、この2011年以降、ほと
んど変化がありません。

でも、今回のこの「新型コロナウイルス
がこうした動きを変えようとしています。

ま、世の中、何がどう変化するか、本当に
分からないものですよね(笑)。

と言いますのは、大手製パンメーカー7社
や、大手コンビニ各社が、2021年度から、
菓子やパンのあんに使う小豆を、いままで
のような海外産から「国産に切り替え始め
た」……というわけなんですね。

いまさらではありますが、これは、いい動
きです。

ホクレンも、同様の動きを示しているよう
ですね。


……(後略)……

 


■■ 山田の「もぞもぞ独り言」 ■■

 

ただねえ。

いまごろになって、「国産の小豆」を広げ
たい……なんて言われてもねえ(笑)。

今回の「新型コロナウイルス」なんていう
ものが世界に広がって、もはや小豆の輸入
にも支障が出てくることが予想されてか
ら、今度は国産大豆を広げようなんて。

そんなことなら、子どもでも言えます。

そうじゃなく、ふだんから、何があって
も、いのちにとって極めて大切な「日本
農業」を守り、そして育てて行くんだと
いう決意。

そういう考えを、一番最前線で消費者に
接している「外食企業」たちが強く持つ
べきなのじゃないですか。

★★★

いまごろ、ゴソゴソとこんなことを言い
出すなんて、恥ずかしくないのですか、
え、企業サンたち。

その意味では、この「新型コロナウイル
ス」の事態でオロオロしてきたのも、ひ
ょっとして、将来のために少しは役立っ
たのかもしれませんね。

まあ、本日は、「徹夜明け」ですので、こ
のあたりにしておきます。

本日は朝の午前4時までかかって、今回の
月曜日の原稿を書いていました。

フワ、フワ、フワ~イ、ああ、ねむ。

★★★

……ささ、また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!

■□■□

★今回の月曜日の100%の内容を掲載し
た「完全版」は、近くnoteで公開する
予定です。

もしご関心のあるかたは、事務局まで
「何日号」かを記載して、お問い合わせ
下さい。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


==================
                                                      
【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

==================


今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓

◆「社会の裏側!」110巻

「プラスチックで味付けられた魚」、 あ
なた、食べたいですか!

~あなたの使う化粧品やプラ容器、歯磨き
剤の「マイクロビーズ」が、海を汚し、魚
を泣かせています。太平洋の真ん中に、日
本列島の2倍もある巨大「プラゴミ島」の
存在をご存じか~

 

★本書の概要


ちょっといま、お手元の化粧品の成分表を
ご覧下さいな。

小さい文字で、「何か」がずらずらと書い
てありますよね(笑)。

その中に、「高融点ポリエチレン末」とか
「ポリエチレン末」なんて書かれていれ
ば、それが、「マイクロビーズ」のスクラ
ブ剤のことです。

歯磨きなどでも、「清掃助剤: ポリエチレ
ン末」なんて書かれていれば、そう。

お、慌てて、いま走っていますよね(笑)。

★★★

ただ、現在お使いの「洗顔フォーム」な
どの化粧品に、こうした「マイクロビー
ズ」が実際問題として使われているかどう
かは、一度、その会社に「直接」問い合わ
されるといいかもしれません。

「あのお、貴社の洗顔フォームなんです
が、これには、マイクロビーズを使って
いますかあ……」とね。

もし良心的な会社なら、本当のところを
教えてくれるでしょう。

そして、実際に使っていたら、ほかの代
替(だいたい)品に変更するように、あ
なたが率先して、その会社にお伝え下さる
といいかも、ね。

★★★

その会社も良心のとがめを感じていたかも
しれませんよ。

そうなれば、ハッピーですよね。

少しでも、魚たちを泣かせないように、お
願いします。

ところで、これらの「マイクロビーズ」に
主に使われている「ポリエチレン」は、比
重が1以下と非常に軽くて、水にも浮く
ものです。

そのため、使用後は、排水溝を通して川
に流れ込みます。

そして、その「マイクロビーズ」はあまり
に小さすぎるため、排水処理施設では除去
できません。

そのまま川を通って海に流れ込むわけです
ね。

★★★

そのため、現在、世界中の海がこうした
プラスチックの「マイクロビーズ」で
汚染されている事態となったわけです。

いやあ、大変な時代になったものです
なあ。

そして太平洋の真ん中。

ハワイの北東に、一つの「島」がありま
す。

ここは、観光客でいつも満杯になってい
て、押し合いへし合いの状態……じゃ
ありません。

じつは、この「島」だけは人影も見えず、
殺伐(さつばつ)とした光景になって
います。

なぜか。

★★★

それもそのはず、この「島」は、巨大な
「プラスチックゴミ島」なんですね。

ここは、「太平洋ゴミベルト」(Great Pacific 
Garbage Patch)と言われる場所のこと。

そう……ゴミベルト……です。

あなたが毎日流している先述した「マイ
クロビーズ」が、海流の関係でこの「島」
に集まる……。

そのため、こうした海の流れが解明される
と、プラゴミを海に流している「犯人国」
がすぐに特定されることになります。

これは、非常にいいことですよね。

えっと……皆さん、頭の中で、「どこかの
近隣の国」をイメージされているようです
が……(笑)。

★★★

とにかく、早急に犯人国を見つけ出し、
地球を綺麗にしなくては、本当の話、取り
返しがつかなくなります。

そうでないと、地球人たちは、これだけも
愚(おろ)かな存在だったのかと、次世代
の人たちから、あるいはほかの天体の人
たちから指を指(さ)されながら呆(あき)
れられることでしょう。

こうした「プラスチックゴミ」が毎年約
800万トンも海に流れ込み、そのまま
魚の体内に蓄積されるわけですね。

そして、それらの魚介類が、そのまま食卓
に上がって、ぼくたちが食べている。

なんのことはない。

ぼくたちは、せっせと、毎日、「プラスチ
ックゴミ」を食べているのと同じなんで
すね。

いま、国際機関などで、そのような数値
が出てきますので、本書をぜひご覧下
さい。

★★★

少しだけ述べますと、世界中で陸から海に
流れ込む汚染物質の75%を、「わずか
10本の河川」が占めているというわけ
ですね。

この10本の川とはどこなのか。

そのあたりも本書で述べました。

これが分かれば、対策は簡単じゃありま
せんか。

あと、皆さんのしている「リサイクル」の
実態も述べました。

いまの「リサイクル」は、ただ名前だけ
なんです。

企業が「儲かるような範囲での」リサイ
クルなんです(笑)。

これでは、いつまで経っても、自然は元に
戻りません。

明日の問題じゃなく、今日、いまの深刻な
問題です。

ささささ、それでは、本書を楽しくご覧
下さい。

 

__________________

■本書のお求めは……
__________________

下記のアマゾンからお求め下さい。

◆「社会の裏側!」110巻 (585円)
→ https://bit.ly/3ggpdVQ
(目次もご覧になれます)

電子版→ 585円~695円

もし、PDF版を希望されるかたは、事務局
まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

人手の関係で、できるだけアマゾンで、お
願いします。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれる……(笑)。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋な
どは著作権法に触れます。皆さんには関
係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその
点、よろしくお願いします。

★短縮版:11/15(月)◆スーパーフード「小豆」は、ウイルス除(よ)けだけじゃなく、あなたの人生を守る強力な味方でした

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月15日(月)号
No.4177

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★本誌は、本文を省略した「短縮版」です。

~本日の「完全版」には、100%の原稿を
掲載していますので、ご了承下さい~

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆よければ「いいね!」をお願いします。

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッしていただけませんか。

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

 

 


▼本日の目次▼


【1】

本日は、山田の新作の、本邦初公開です。

世界で人気の、電子本「社会の裏側!」シ
リーズ。

「短縮版」では、前半だけの掲載ですが、
ご了承下さい。

(隔週月曜日に、公開します)


今回のタイトル
↓↓↓

スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

 

 

 

 


==================

【1】

▼本日は、新作の初公開です!

山田の電子本「社会の裏側!」。

本誌の読者だけに、先に公開します。
隔週の月曜日に、新作を掲載。

「短縮版」では、前半だけの掲載ですの
で、ご了承下さい。

==================





今回のタイトル
↓ ↓ ↓
__________________


スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

~こんな素敵な食べものが日本人の身近
にあることに、もう感謝すべきです。まあ、
ファストフードに毎日染まっている人には、
まったく縁の無い話ですがね~

__________________

 


【目次】……と言うより、レジメのように
内容を記載しておりますので、これだけで
も、およそ概要が分かるかと思います。

 

★(第1章)

この時期に、この小豆の原稿を書こうとし
たのは、ほかでもない、現在、世界的にもま
ったく収束の道筋さえ見えない「新型コロナ
ウイルス」の存在のためです。今回のこのお
話しが、少しでもお役に立てばと……

★(第2章)

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒、排膿、
利尿作用のある食材とされていたんです。
それに抗酸化作用のあるアントシアニン
サポニンは「老化」を防ぎますし、食物繊
維は「腸内環境」を整えて、「ナントカウ
イルス」への対策にもバッチリです……

★(第3章)

ぜひ、国産大豆を求めて下さい。いままで
は中国とカナダからの輸入小豆がほとんど
でした。でも、この「ナントカウイルス」
のため、国産大豆を広げようという動きが
企業やホクレンにも出てきたのです。まあ
いまさらなんですが、でも、皆さんも北海
道産の小豆をぜひ……

★(第4章)

昼間の誰もいない台所に忍び込み、冷蔵庫
をソッと開けます。ステンレス製の容器に
入れたこの「まろやかな小豆カボチャ」を
取り出し小皿に入れて、またソッと自分の
部屋へ……




 

 

★(第1章)

この時期に、この小豆の原稿を書こうとし
たのは、ほかでもない、現在、世界的にもま
ったく収束の道筋さえ見えない「新型コロナ
ウイルス」の存在のためです。今回のこのお
話しが、少しでもお役に立てばと……

 


皆さん、小豆(あずき)って、毎日食べて
います?

コホン、ぼくは「毎日」食べております。

え、毎日?

はいな。

毎日、必ず、です。                        

だって、ご飯に混ぜていますから、ご飯好
きのぼくは、毎日食べざるを得ません(笑)。

若いころから、玄米に、大豆(だいず)、小
豆、黒豆、金時豆などを、そのときの気分
に合わせて、そのどれかを混ぜているんで
すね。

なぜなら、豆料理は固いため、調理の時間
がかかるため、何か手抜きのいい工夫は
ないものかなあと、考えたわけです。

そうだ、ご飯に混ぜると、毎回、必ず食べ
ることになる。

うん、これはいいわい……と、心の中で
膝(ひざ)を思いっきり強く打ちまして、
この「豆作戦」を始めました。

★★★

なにしろぼくは、どんなことでも工夫する
のが好き。

と言うより、ぼくの性格上、手間のかかるこ
とだと絶対に長続きしないことを、体験から
知っているんです。

だったら、手間がかからないように工夫
すればいい。

どんなことでも、長く愚直(ぐちょく)に
続けることは大変なことです。

そのために、いつも「手抜き」の工夫をし
ております(よい意味で、ですよ)。

えっと、あれは孫子(そんし)の言葉でし
たか。

「敵を知り、己(おのれ)を知れば、百戦
して殆(あや)うからず」

そう、己(おのれ、自分)の性格や能力を
知ることが一番なんですね。

そして、自分の弱点を改善する。

そうしなければ、敵(古い慣習や、支配者
や企業たちからの圧力、そして自分の弱さ)
には絶対に勝てません。

餌食(えじき)になってしまいます。

★★★

とくに豆類の中では、大豆と小豆は、ほと
んど毎回、混ぜるようにしております。

なぜ小豆なのか。

その素晴らしさについて、今回は、少し述べ
てみたいなと思いました。

これだけ小さくて可愛い小豆ですが、巨大
な力(チカラ)を、内に秘めていたわけ
なんですね。

外からでは見えません。

それは、ぼくのように「立派な人」ほど、
そのような素振(そぶ)りを、1ミリも
外に出さないのと同じです。

え?

何か「間違ったこと」を述べましたか(笑)。

いずれにしても、山椒(さんしょう)は
小粒でもピリリと辛(から)い……という
言葉がありますが、それに習えば、「小豆
は小粒でもピリリと偉(えら)い」(笑)。

そう、偉いんです。

★★★

身近にあって、これだけ素晴らしい偉人
(いじん)……あいや違った、「偉食」
が、おわします(いらっしゃる)なんて、
日本人は、なんと幸せなことか。

皆さんも、そう思いませんか。

そして、この小豆を、外国より美味しく食
べる工夫をしてきたご先祖サンたちの知恵。

いやあ、凄(すご)いものですなあ。

そのため、ぼくは、その偉大な日本人の子
孫であることに、大きな誇りを抱いていま
す。

ぜひ、この機会に、皆さんと、この小豆に
ついて共有したいなと思っています。

ところで、なぜいま、この時期に、この小
豆の原稿を書こうかとしたのかなんです
が、これは、現在、世界的にもまったく
収束の道筋さえ見えない「新型コロナウイ
ルス」の存在のためです。

この対策について、ぜひ皆さんにも、この
小豆の存在をお知らせしておきたいと思い
ました。

★★★

中国から流されてきた、このヘンテコリン
な「侵略ウイルス」。

これはもう、「宣戦布告無しの戦争」です。

確か今日なども、オランダでは「都市封鎖」
がなされた……という報道が飛びこんでき
ていましたし……。

世界的にこれが広がり、途上国の人など、
現在、どのような状況になっているのか
さえ、誰にも分かりません。

日常の行動が規制され、多くの子どもたち
が学校にも行けず、大人たちは職場にも行
けずに悲しんでいるはずです。

いまは、もう昔のように、爆弾などを使っ
た古典的な戦争をする必要が無くなりまし
た。

今回のように、中国が「ウイルス」を一つ、
敵国などに黙ってばらまけば、その国は大
騒ぎになりますから。

★★★

その国の伝統文化や工業生産などのすべて
がストップし、大切な人の「いまわ」のと
きでも、会えなくなります。

最近のぼくの身近でも、そのような例を多
く見てきました。

なにしろ、病院にも行けない。
公共交通機関を利用することもできない。

そして、若い人たちなど、バイトもでき
なくて学費も払えず、学校を退学せざるを
得ない。

こうなると、もう一生の問題です。

そのため、今回の、この「新型コロナウイ
ルス」については、ぼくは中国という国を
絶対に許すことができません。

どれだけ多くの人たちが、悲しみのどん底
に陥(おとしい)れられたのか。

そして、いのちを落としてしまったのか。

いつの間にか、身近でじわじわと人々が倒
れて行く。

★★★

しかも、その敵の顔が、直接には誰にも
見えない。

いまだに、中国からは、謝(あやま)りの
言葉一つも、出ていません。

それどころか、外国にその責任を転嫁(て
んか)している。

こんな卑怯(ひきょう)な「兵器」があり
ますか。

こんな卑怯(ひきょう)な「国」がありま
すか。

ぼくは相手と闘う場合は、自分の身分を
しっかりと名乗り、堂々と素手(すで)
で向かうべきだと思っております。

コソコソとしてはいけない。

昔の戦場のように、「やあやあ、遠からん
者は音にも聞け、近くば寄って目にも見
よ、 我こそは、源(みなもと)の九郎
判官義経(よしつね)なり」……と叫び
ながら……(ちと、古いか。笑)。

まあ、いまどき、そのような呑気(のん
き)なことは言わないでしょうが、でも、
その気持ちは大切でしょうね。

ぼくは、いまのネット社会やラジオなどの
ような、匿名はイヤです。

ラジオ放送など聞いていますと、いつの間
にかいまはみな「ラジオネーム」なんです
ね。

★★★

「ラジオネーム」……なんですか、これは。

どこの誰なのか、名前はもちろんのこと日
本人なのか外国人なのか、性別は、年齢は、
住所は、職業は……なんて、何も分かり
ません。

こんなことで、いったいその人がどういう
人物なのか、どう判断すればいいのです?

それなのに、このような無責任な言葉をラ
ジオという公共の放送で、ポンポンと取り
上げる。

ぼくは100%、このような現状を理解でき
ません。

ひょっとすれば、これらは、放送局で「ス
タッフたちが勝手に作成」した文章なのか
もしれませんしね。

そう言えば、「テレビ朝日」で、先日、そ
のような事実が発覚していましたなあ(笑)。

きっと、将来、このような「ラジオネーム」
なんていう匿名の問題が、大問題に発展し
ていると思いますよ。

あの源氏(げんじ)や平家(へいけ)の時
代を、少しは参考にしたらいい……(笑)。

まあ、余談ですが、ぼくは、そう思いま
す。

★★★

でも、この「新型コロナウイルス」につい
ては、とくに日本のマスコミたちは、その
犯人である中国の名前を指摘することもし
ません。

まるで天から降ってきたかのように、伝
えています。

そして、ただただ、「新型コロナウイルス
ワクチン」の接種者の割合がどうのこうの
ばかり。

その結果、そのワクチンを作った製薬企業
たけが「大儲け」している。

いまごろ、ウハウハでしょう。

このあたりで、この茶番劇に気が付けば
いいのに、マスコミたちは知らん顔です。

この「新型コロナウイルスワクチン」を
接種したあとに大きな●●で倒れてい
る人たち(●●は、下記の設問をご覧下
さい)。

しかも、接種者たちが、「新型コロナウイ
ルス」にも罹(かか)っているという笑い
話。

どうして誰もおかしいと思わないのか、
ぼくは不思議です。

新型コロナウイルス」など、簡単に通過
してしまうマスクなのに、いったい何の
ために、外を歩くときにこれを装着して
いるのか。

もちろん、ある程度の「物理的な効果」は
あるのかもしれませんが、こんなことを
していても、対症療法に過ぎないわけで
すね。

そして、人々の行動を制限する。

これは、支配者たちが、将来考えている
戦争への布石、準備……なのかもしれま
せんね。

まあ、そう考えれば、よく分かるなあ(笑)。

★★★

ただ、いまはこの問題について多くを語る
つもりはありません。

……ナントカカントカ言いながら、すでに
多くを語っている(笑)。

でも、今回の、この小豆のチカラを、少し
考えてみて下さい。

ちょうどいい機会ではありませんか。

こういうときでないと、誰も小豆の問題な
ど、知ろうともしませんしね(笑)。

高い費用もかからず、身近で、なんの副作
用も起こさないこの「小豆クン」の存在。

ぜひお知り下さい。

今回の後半部分で、ぼくの毎日食べてい
る、小豆を使った「感動メニュ」をお教え
します。

これだと、小豆が「簡単に」体に入って
きますぞ。

ふふ、お楽しみに。

さてっと……。

 

 

★(第2章)

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒、排膿、
利尿作用のある食材とされていたんです。
それに抗酸化作用のあるアントシアニン
サポニンは「老化」を防ぎますし、食物繊
維は「腸内環境」を整えて、「ナントカウ
イルス」への対策にもバッチリです……

 


この小豆は、昔、邪気(じゃき)を払い、
身を守る存在とされていたのです。

ご存じでしたか。

いやあ、先祖サンたちのインスピレーショ
ンは、本当に凄(すご)いものです。

このぼくと同じように、ちゃんと、コトの
本質をとらえていらっしゃったんですね
(あ、また何かおかしなことを言いまし
たか)。

そう、小豆は、「薬という位置付け」にあ
りました。

それほど、この小さくて赤い豆は、ほかの
食材とは異なる位置にあったわけですね。

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒(げど
く)、排膿(はいのう。たまったウミを出
すこと)、そして利尿(りにょう)作用の
ある食材とされていたんです。

凄いものでしょ。

★★★

病院もクスリも、何もない時代。

きっと、この小豆は、まるで「神さまのよ
うな存在」だったのでしょうね。

ご覧のように、小豆は赤色をしています。

このことから、太陽・火・血などの、生命を
象徴する色とされた赤色の小豆を、崇(あ
が)めたのかもしれませんね。

でも、その色と同様に、実際に、かなりの
効能があります。

改めて、驚きますよ。

まず、強い抗酸化作用のあるアントシアニ
ンやサポニン

このアントシアニンサポニンは、小豆の
色そのものなんですね。

強い抗酸化作用がありますが、この「酸
化」というのは、「老化」のことだと思っ
て下さい。

つまり、老化を防ぐ。

★★★

いやあ、嬉しいじゃありませんか。

大昔から、不老長寿のクスリを求めて、
支配者たちは世界をさまよったものです。

でも、この小豆は、活性酸素を強力に除い
てくれるわけですから、自然と、若返る
わけ。

ところで、若返るのが好きなかた。

ちょっと手を挙げて下さいな(笑)。

おや、後ろにいるニャンコも、右手を挙  
げているわけ?(なんだ、招き猫の人形
か。笑)。

だったら、小豆を常食しなさい。

これらの成分は毛細血管を広げることで
血流をよくします。

そのため、とくに「冷え性」のかたはいい
でしょうね。
改善されます。

また、そのために、高血圧や血栓症の予防
にもいい。

★★★

またそのほか、サポニンは、血糖値をコン
トロールしてくれるので、肥満を防ぐこと
もできます。

便通も良くなりますし……(笑)。

もう良いことだらけ。

しかも、「食物繊維(しょくもつせんい)」
が豊富なんですね。

そのため、「腸内環境」をしっかりと整え
てくれるわけ。

この食物繊維が、腸内で「善玉菌」が繁殖
するのを活性化させるのですが、そうなる
と、いま、巷(ちまた)で流行(はや)っ
ている、あの「ナントカウイルス」への対
策としても、いいわけですよね(笑)。

そうじゃありませんか。

いつかもこの欄で述べましたが、腸内環境
を良くすることこそが、この「新型コロナ
ウイルス」への対策だと、ぼくは皆さんに
お話ししました。

けっして……(省略)。

 

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、このあとの後半部分を
短縮しています。毎回後半部分に、ぼくの
思いを入れておりますが、でも、少しでも
お役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 


まあ、ぼくなど、もう頭の中にこのメニュ
の作りかたが入っていますので、鼻唄気分
でこの「まろやかな小豆カボチャ」などを
作ってしまいます。

だから皆さんも、どうぞ、鼻唄気分で、ご
いっしょに……(笑)。

ついでに、ほかのメニュもご紹介したいな
と思いましたが、紙幅が限られています。

そのため、このあたりで止めておきます。

そうだ。

もし、ぼくのこの会話調「山田流シンプル
・レシピ」第2弾がご希望であれば、今回
だけ、特別に「50%OFF」で、お譲りし
てもいいかなあ(笑)。

下記がその案内頁です。

★会話調「山田流シンプル・レシピ」第2
弾→ https://bit.ly/3oeXEww

ご希望のかたは、下記の事務局までご連絡
下さい。
→ http://goo.gl/t12Yx

(上記フォームののメッセージ欄に、「11/15
号を見ました。レシピ集を希望します」と
だけ、記載して下さい。

そうすれば、50%OFFとさせていただきま
す。ただし、公開中ですので、11/18までと
させて下さい)

どおれ、原稿も、そろそろ終わりそうです。

ちょっとばかし、「まろやかな小豆カボチ
ャ」を狙って、ソロリと、真っ暗な台所へ
忍び込むことにしましょうか。

★★★

ハハハ……。それじゃまた次回ね。

ご機嫌よう。

山田博士

 


▼▼設問です▼▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●
にあてはまるものを、選択語句から選ん
でみよ。ただし2文字とは限らない。


「この『新型コロナウイルスワクチン』
を接種したあとに大きな●●で倒れてい
る人たち」


【選択語句→ 闇作用、副作用、主作用】

                                                
■答え■

下記のとおりです。
でも、先に答えを見てはいけません。
本文を再度ご覧になり、十分想像してから
答えをご覧下さい。

その繰り返しが、あなたの明日を輝かせる
ことになると思っています。

答え→ 副作用


★今回の月曜日の「完全版」を読みたい
かたは、近日中にnoteで公開します。
有料ですが、ご希望のかたは、そちらで
どうぞ。

いつごろ公開されるかは、事務局にまで
お問い合わせ下さい(必ず11/15号の旨を
お伝え下さい)。

事務局→  https://bit.ly/2DjSStg

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

なお、PDF版については、今後、ASP
で順次公開して行きますので、そちらで
お求め下さい。

もしご希望のPDF版がある場合は、事務
局までお知らせ下さい。
優先的に作成して、公開するようにします。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。
→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれるかも。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。

★短縮版:11/13(土)◆読者への返信:コンビニ食に含まれる心と体をキレさせる五つの主犯物質はこれだった。いまなお……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月13日(土)号                                
No.4176

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


★お知らせ

昨日の号外は、きっと、もうご覧になって
いますよね、ねねね……(笑)。

そしていまごろは、手元に、【YouTube
送・32】が届いているはずだと思います。

今回は、わずか「3日間」の限定プレゼ
ント。
なにしろ、ぼくの肉声ですので、ぜひぜひ
お聴き逃しなく。

まだご覧になっていないかたは、今回、特
別に、その号外を専用ブログに掲載して
おきました。

下記をどうぞご覧下さい。

★11/12(金)午前9:00に配信した号外
(専用ブログより)

→ https://bit.ly/3CdVzaW


(山田)

 

 

 

★本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです。

~どうぞ、お役立て下さい~

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度
変え、家族を変え、文明を変え、歴史を
変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆よかったら、「いいね!」をお願いし
ます。

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッして下さい。

そのあなたの小さな行動が、人類を
大きく救います。
いまあなたの足元にあるその大地は、
世界中の人たちにつながっています。

→ http://www.facebook.com/yamada.inochi
(毎回、内容に即した写真も掲載中) 

 

 


▼本日の目次▼

【1】

読者への「おとぼけ返信!」:

読者からの声を「ダシ」にして、山田の
思いを、貴重な資料も含めて自由奔放に
お話ししています(毎週土曜日に掲載)。

掲載した原稿が「短縮版」読者のものだ
った場合は、100%掲載の「完全版」を
山田から直接、プレゼントします。
お楽しみに!(短縮内容のときだけ)


■No.1733

『脱コンビニ食』を読み、すごく共感しま
して、『月1万円で〜』も読み、驚きまし
た……

(N.M、北海道根室市、女性、49歳、主婦)

 

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!:

◆「社会の裏側!」109巻

児童相談所」が、虐待される子どもを
絶対に救えない闇(やみ)の構造!

 

 

 

 

==================

【1】

▼読者への「おとぼけ返信!」▼

毎週、この欄は「土曜日」に掲載して
います。
読者からの声をダシにして、山田の思い
を自由奔放にお話ししています。

毎回、どうぞお楽しみに!

==================

注:個人のお名前はイニシャルにし、
個人情報などは割愛しました。
文体はそのままですので、統一して
いません。読者の体温をそのまま
お楽しみ下さい。

年齢や職業などは、いただいたときの
ままです。

【なお、イニシャルは、姓と名の順】

(例)美空ひばり→M.H

 

__________________

■No.1733

『脱コンビニ食』を読み、すごく共感しま
して、『月1万円で〜』も読み、驚きまし
た……
__________________

(N.M、北海道根室市、女性、49歳、主婦)

 

もともとパン(小麦)や牛乳、添加物を
極力取らない生活をしていました。

『脱コンビニ食』を読み、すごく共感しま
して、『月1万円で〜』も読み、驚きまし
た。

私の住んでいるところでは豆腐にさえ添加
物が入っているものが沢山で、選ぶにも
お店も多くありません。

なのでレシピをもっとたくさん知りたいな
ぁと思い、メルマガにたどり着きました。

先生の文章は面白くて堅苦しくなく、とて
も読みやすいです。

楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。

 

■□■山田からのお返事■□■

 

Nさん、こんにちは。
山田博士です。

つい先日、このメルマガ「暮しの赤信号」
の読者になられたばかりのようですね。

いやあ、本当に嬉しいです。

数十年……いや違った、「十数年」も読
者でいらっしゃるかたも大勢いますの
で、どうぞ、末長く、お付き合い下さい。

そう言えば、『脱コンビニ食!』(平凡社
新書)の文章は、ある大手進学塾での入
試模擬試験に使われたことがあります。

なぜか、あの本の中の文章が選ばれて、
子どもたちがそれを読み、ウンウンと唸
(うな)りながら模擬試験を受けるなん
て……考えただけでも、楽しいですね。

★★★

ちなみに、出版社からぼくに送られてきた
その問題は、作者であるぼくでも、すぐに
は解(と)けませんでした(子どもたち、
カワイソ。笑)。

あの本の冒頭では、ぼくが、東京のある
女子大学に頼まれて講演に訪れた光景か
ら始まっています。

なんとも惚(とぼ)けた文章でしたが、
いまも、その部分を読むと、女子大生た
ちと話したその当時の楽しい光景を、懐
かしく思い出すから不思議です。

この数十年、各地でお話しをしたり、多
くのかたとお会いしたりしました。

でも、本当に、時間の過ぎるのは速い。

光陰(こういう)矢のごとし……なんて
いう言葉は、伊達(だて)に存在してい
るものじゃありませんよね。

★★★

とくに、子どものころから忘れっぽいの
が自慢のぼくは、すべての行動が、つい
先日のように思えてしまいます。

そのため、久しぶりにお会いしたかたに、

「はて、以前お会いしたのはいつでした
かね。4~5年前でしたか」

なんて話しかけますと、

「トンデモナ~イ。もう、かれこれ15
年ほど前になります」

なんて返事をされたりもします(笑)。

きっと皆さん、ぼくを驚かすために、その
ときだけ、ウソをついていらっしゃるのだ
ろうなあ(と、思ってしまうほど。笑)。

★★★

まあ、そのような塩梅(あんばい)で、今
日もペチペチとキィボードを叩いておりま
すので、ぜひ、今後は、毎朝、早朝5時を
楽しみになさって下さいな。

このメルマガを読むのが「人生の日課」に
なっていただけると嬉しい。

そう言えば、『脱コンビニ食!』の目次は、
下記のとおりでした。

まだご覧になっていないかたは、ご参考
までに。


(目次)

はじめに ケータイ社会とコンビニ食。そ
の「軽さ」の文化


◆第1章

日本人にいま真剣に問う。本当にコンビニ
食でいいのか。日本人がこのまま壊れてい
っていいのか。いのちを削るその実態を
話そう。

~欧州各国でコンビニが少ない理由。頑固
に伝統食にこだわる理由~

1 「無生命食」であるコンビニ食
2 「無国籍食」であるコンビニ食
3 「無愛情食」であるコンビニ食
4 「無重量食」であるコンビニ食
5 「無感動食」であるコンビニ食


◆第2章

コンビニ食に含まれる心と体をキレさせる
五つの「主犯物質」

~大人も子どもも荒れている、本当の原因
はこれだった~

犯人1

きれいな色には毒がある。アトピーと花粉
症の人はとくに避けるべき。まだまだ現役
の着色物質、タール色素

犯人2

安らかな名前で誰もがコロリとだまされる。
喘息の人には絶対禁物の保存物質、安息香

 
犯人3 

胃の中で強力な発ガン物質を作るすさまじ
きもの。ウィンナーを恥ずかし色に染める
発色物質、亜硝酸

犯人4

そわそわと落ち着きをなくし、環境ホルモ
ン作用も濃厚な酸化防止物質、意外なとこ
ろにまだまだ使われているBHA、BHT

犯人5

あきれるほど多くの食べものに使われ、あ
まりにも疑惑の多い日本の生んだ化学調味
料 コンビニ食御用達、MSG、核酸
調味料


◆第3章
 
口笛を吹きながら「健康長者」になれる7
つの簡単な生活習慣

~脱コンビニ食生活は暮らしをシンプルに
し、他者のいのちに思いを馳せることが
最大の条件だ~

1 包丁一本
2 朝4時半の話
3 5:2:1の法則
4 微笑み一個
5 砂糖を甘く見てはいけない
6 少食が地球を救う
7 タバコは、あ変(阿片)


参考資料
おわりに

★★★

……というものでした。

いやあ、盛りだくさんですなあ(自分で何
を言っちょるか。笑)。

これらの内容を、新書判のようなコンパク
トな本の中に、まるで寿司のように、ぎっ
しりと詰め込みました。

ぜひ、皆さんにも、この「折り詰め」を食
べてほしい(笑)。

図書館などでお探し下さい。

未来の日本のために、とくに読者の皆さん
に読まれることを、強く願っております。

★★★

Nさん、今後とも、どうぞ、メルマガを
お楽しみ下さい。

お元気でね。

 

 

 

 


==================

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!
ぜひどうぞ。

==================

 

◆「社会の裏側!」109巻

児童相談所」が、虐待される子どもを
絶対に救えない闇(やみ)の構造!

~何でもない2万人超もの子どもを拉致
する「児相」。温和しい親の子どもだけを
「一時保護」し、虐待されている子ども
は放置する。その裏には汚れたマネーの
動きがありました~


関連写真→  https://bit.ly/3kvUqFT

 

★本書の概要

 

ぼくはいま、怒りに震えております(おっ
ととと、中風で震えているのではありま
せぬ!)。

皆さんきっとご存じのように、千葉県野田
市で、親による凄(すさ)まじい少女への
虐待(ぎゃくたい)事件が起こりました
(2019年2月)。

ご存じですよね。

ただ、注意してほしいことがあります。

それは、この事件で皆さんが思っている
ことは、じつはまったく逆だったのだと
いうこと。

★★★

いやもちろん、あの虐待事件で、野田市
立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10
歳)が自宅で殺されたこと。

そして、「傷害容疑」で両親が逮捕された
事実には変わりありません。

ぼくは、そのような行為、とくに父親の
行為に対しては、激しく責めたいと思って
います。

それは事実ですが、ただ問題なのは、多く
のかたは、こう思っていらっしゃるはず。

「いったい、児童相談所(「児相、じそ
う」)は何をしているわけ。これだけも凄
まじい虐待が行われているのに、なぜ父親
の元へその女の子を戻したの。もっと児相
の権限を強めればいいのじゃないの」

★★★

「それに、人手は足りているの? 予算が
ひょっとして少ないのじゃないの。もっと
私たちは児相を応援しなくてはならないの
じゃないの」

……そう思ったかたが多いのじゃありませ
んか。

違いますか。

まあ、このように思われるのは当然です。

ぼくだって、この「児相」の内容を知る前
は、ずっとそのように考えていましたから。

そして、この父親が悪なら、その反対に
「児相」は善だと思っていたわけですね。

誰しも、悪の反対は善……だと思ってしま
いますから。

あなたも、そうじゃありませんか。

★★★

マスコミたちも、みな、報道は同じ論調
でした。

ところがドッコイ、この「児相」の内容が
100%間違っていた……。

「両方とも悪だった」……ということが、
世の中にはよくあるものですが、この場合
も、そうだったのです。

今回の場合は、この父親と「児相」。

父親の行為は、もう言わずもがな。

ところが、一方のこの「児相」が、闇(や
み)にどっぷりと浸(つ)かっていたわけ
なんですね。

そして、戦後のこの数十年、誰も気が付か
ず、ずっとそのままだったのです。

★★★

役人たちのしたいがままに放置され、ぼく
たちの貴重な税金が湯水のように流れて
いたわけです。

そして、マスコミも、なぜか報道もせず、
今日まで来てしまいました。

どういうことかと言いますと……。

まったく虐待も何もされていない子ども
が、この「児相」に拉致(らち)される。

そして、本当に「一時保護」しなくては
ならない子どもが、その親の凶暴さのた
め、再び家に戻される。

その結果、冒頭で挙げたような「悲惨な
野田事件」となったわけですね。

このような現実が、日常茶飯(にちじょう
さはん)に起こっていたわけです。

★★★

現在、虐待だけじゃなく、貧困や疾患や
子ども自身の非行などが理由で、「一時保
護」される子どもたちは、「児相」に併設
されている「一時保護所」に保護されて
おります。

その数は、2014年に、延べ2万2千人
にものぼっていると。

こうした「一時保護」は、事実上の行政に
よる「神かくし」とも呼ばれるものなん
ですね。

なぜなら、こうした「一時保護」される
子どもたちの多くは、学校の友人や先生、
それに近所の知り合いや親戚の人などに
「お別れを告げる」こともできないまま、
「児相」内の「一時保護所」に行くこと
になるからです。

こんな悲しいことって、ありますか。

★★★

どうしてこんなことが白昼、堂々と行われ
ているのか。

その陰には「汚れたおカネ」の存在があり
ました。

本当に助けを求めている子どもたちを救う
ため、こうした現実をぜひあなたにも知っ
てほしいがために、この原稿をまとめた
次第です。

子どもが大好きなぼくは、優しい心を持つ
あなたにも、この事実を「本当に」知って
ほしい。

どうぞ、ご覧下さい。

お楽しみに!

 

■■お求め方法■■

第109巻の「案内頁」(585円)
→  https://bit.ly/3nVPTw4
(目次も載せています)

山田博士・著

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

ただ、人手の関係で、なるべく、上記の
アマゾンで「電子版」をお求め下さい。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれるかも。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。

 

●暮しの赤信号:11/12(金)◆湾岸戦争のとき、これを含んだソフトドリンクが、アメリカの兵士たちに配られたのでしたね

 

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月12日(金)号
No.4175

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)
                                                     
創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


★お知らせ

本日の「午前9時ごろ」に、プレゼント
号外を、読者全員のかたにお出しします。

どうぞ、お楽しみに!

内容は、ヒ・ミ・ツ……。

(山田)

 

 


★金曜日だけは、「完全版」と「短縮版」
の内容は同じです。お役立て下さい。

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えてい
ます。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
内容に即した写真も掲載しています。 
どうぞ、ご覧下さい。

あなたの小さな行動が、人類を大きく
救います。いま足元にある大地は、世界
中につながっております。

そのため、いいね、やシェアをして下
さると、素敵な仲間が増えるかも。
→ http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 


▼本日の目次▼


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

(連載:962回)


【2】

本日ご案内する山田の「電子書籍」は、
これっ!:

◆「社会の裏側!」108巻

黄砂(こうさ)に、放射性物質がたっぷり
含まれていることをご存じか!
関連写真→ https://bit.ly/3D5fQko

 

 

 

 

=================

【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

連載:962回

下記の文章は、ぼくの電子書籍『外食
の裏側!』全11指南……を元にして、
毎回、そのときどきに新しい事実を
述べて行きます。

すでにこの作品をお持ちのかたも、
どうぞ、お楽しみに!

=================

 

★★★


もう、皆さん、いま述べている砂糖や人
工甘味料なるものについては、かなりご
関心がおありでしょう。

その一つがアスパルテームでしたね。

これは味の素社が製造しているものなんで
すが、ダイエット中の人たちに人気のよう
です。

これは二つのアミノ酸の化合物なんですが、
前回にも述べましたように、脳を刺激して、
人の行動や情緒に大きな影響を与えます。

とくにアスパルテームを30度C以上に加
熱すると、「フリーメタノール」が生成し、
頭痛や耳鳴り、行動障害、そして物忘れへ
とつながることも分かっています。

そのため、あの暑い場所での湾岸戦争のと
き、これが含まれていたソフトドリンクが
兵士たちに配られたのですが、その結果……。


★★★

ささささ、今回は、どのような展開になっ
ていますやら。

下記の本文を、どうぞご覧下さい。




【下記が本文です。前回からの続きです
ので、先週の「金曜日号」をご覧いただ
くと、より分かりやすいかも】

 


湾岸戦争のとき、これが含まれていたソフ
トドリンクが兵士たちに配られました。

注;「これ」とは、人工甘味料の「アスパ
ルテーム」のことです。

後になって、帰国した米兵たちにいわゆる
湾岸戦争症候群」と言われた症状が広が
った主な原因は、ひょっとして上記のメタ
ノール中毒だったのかもしれませんね。

なぜなら当地は、気温が30度C以上の高
温の戦場でした。

5万人の兵士がこの症候群で苦しんだと言
います。

いま、ぼくたちは戦場じゃなく、街中で、
このアスパルテームを添加したダイエット
・コーラなどを「自分で選んで」飲んだり
しているのですね。

★★★

たとえフリーメタノールの生成が少なかっ
たとしても、こんなものを含んだソフト
ドリンクを身体に取り入れ、どんなダイ
エットをしようとするのでしょうか。

あなたがみずから人体実験をしようという
奇特なかたなら、ぼくも何も言いません。

でも清涼飲料水メーカー自身が、このよう
アスパルテームの疑惑を恐れたのでしょ
うか、最近、新しい人工甘味料も使い始め
ました。

きっと企業たちもこの危険性を気にしている
のでしょうね。

★★★

たとえば、米コカ・コーラは、ダイエット
・コークにスクラロースという甘味料を
2005年2月から使用し始めています。

1分子中に塩素が3個も含まれるという
何となく嫌な予感のする分子構造の甘味料
なんですが(笑)、これは140度Cで長
時間処理すると、塩化ガスが発生すると
いう報告もあるんですね。

これはアメリカでは「Splenda」と
いう商標で卓上用として販売されています。

ただ、アメリカでの大規模調査によると、
これら人工甘味料を使ったダイエットソー
ダの消費量と、冠動脈疾患やメタボリック
シンドロームの増加には、正の相関関係が
あることも発見されているようなんですね。

★★★

つまり、人工甘味料を混ぜたヨーグルトで
飼育されたラット(ネズミ)は、砂糖を混
ぜられたヨーグルトを与えられたラットに
比べると、食欲が止まらなかった!

体重が……増え続けたわけなんですね。

この研究を行なった研究者は、「人工甘味
料を与えられ続けたラットは、食べること
をやめる決定を下す脳の機能が徐々に弱ま
る」のだと、推定しております。


(来週の「金曜日号」に続きます)

 

 

 

 

==================

【2】

★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、
これっ!

どの本も、いま、人気者です。
ぜひ、ご覧下さい。

==================

 

◆「社会の裏側!」108巻

黄砂(こうさ)に、放射性物質がたっぷり
含まれていることをご存じか!

~「フクシマ」どころの騒ぎじゃない。な
ぜマスコミたちは、黙視しているのでしょ
う。それに、硫黄酸化物や発ガン性物質を
含む多環芳香族化合物もたっぷり含んで、
今日も日本海を渡って来ています。花粉症
どころじゃない~

関連写真→ https://bit.ly/3D5fQko

 

★本書の概要


多くのかたが、NHKスペシャル番組の影
響などで、今日(こんにち)でも「ロマン
溢(あふ)れる観光地」として、中国の
シルクロード」に好印象を抱いています。

そして、実際に当地へ出掛けられたかた。

本当にご愁傷様です(笑)。

無防備でしょうから、きっと、かなりの放
射性物質を体に受けられたことでしょうね、
一生影響を与えるほどの……。

毛沢東時代の1964年10月。

つまり、東京五輪の真っ最中です。

そのときに、シルクロード楼蘭(ろうら
ん)遺跡近くで、最初の核実験が行なわれ
ました。

それ以来、1980年10月に中止するま
で、「新きょうウイグル自治区」の南部に広
がる「タクラマカン砂漠」などで、たび
たびの核実験を行ってきたわけですね。

★★★

そして、地球の大気中に“死の灰”をまき
散らしたわけです。

世論の広がりを受けて、その後は地下核実
験になりましたが、それでも地下水を伝っ
放射性物質が砂に染み込み、かなり大量
のものが外部に漏れたとされています。

そう、その場所は砂漠ですから「砂」に
かなりの放射性物質が染みこんだわけです
ね。

そしてそれが「黄砂」となって、日本へ…。

ちなみに、大気圏内の核実験は、ほかの国
が中止したあとも、中国とフランスだけは
強行しました。

中国は、少数民族の「ウイグル族」が住む
奥深い砂漠で強行し、フランスは自国から
遠く離れた平和な太平洋の島々で行った
わけです。

★★★

だから、これら二つの国の名前は、絶対忘
れないでほしい。

これらの支配者たちはのんのんと安全圏に
住んでいながら、弱い立場の人たちを一生、
放射性物質による害毒で苦しめることに
したわけですから。

こんな卑怯(ひきょう)なことって、あり
ますか。

札幌医科大学の高田純さん(放射能防護学)
によりますと、1996年までに、楼蘭
跡の周辺で延べ46回、総爆発威力およそ
22メガトン(1メガトン=100万トン)
の核実験を行ったと言います。

もの凄い量です。

★★★

この総威力は、広島への核攻撃の1375
発分に相当すると言いますから、ぼくなど、
もう怒り心頭です。

少数民族が住んでいる場所で、そんな「実
験」を続けていたわけですからね。

とても、人間の考えることではない。

そして、放射能の総量は4000万エクサ
ベクレルで、チエルノブイリ原子炉災害の
約2000万倍の数値だと。

ちなみに、この「エクサベクレル」という
のは、1ベクレルの10の18乗(じょう)
という、とんでもなく大きな数字なんです
ね。

ぼくなども、こんな数値をふだん言葉に出
したこともありません。

★★★

いま中国本土では、深刻な核汚染が進行し
ています。

中国では、過去30年間に、核実験が46
回も実施されているんですね。

そして、かつてこうした核実験に参加した
退役軍人らの中に、ガン患者が激増し、猛
烈な抗議行動が起きていると言います。

また実験場がある「新きょうウイグル自治
区」においても、ガン患者は猛烈なスピー
ドで増え続けていて、核実験に参加した
解放軍兵士や技術者など数万人は、放射能
の影響で深刻な病気や後遺症に悩まされて
いると言います(このあたりは、「WiLL 20
12年6月号」や「WiLL 2013年5月号」
参照)。

しかも、退役して長い年月を経た退役軍人
たちには、政府からの医療保険も生活補助
もないと。

中国の人たちも、大変な事態ですよね。

★★★

ウルムチ鉄道センター病院」に勤務して
いたある外科医は、1994年からガン
患者が激増したことに気付いたと言います。

とくに放射線被曝による血液ガンやリンパ
ガン、それに肺ガンが多いようですね。

彼は2年間にわたって、それらガン患者の
データを記録したほどらしいですよ。

いったい、中国ではいま、何が起こって
いるのか。

しかし、ぼくたちはこの隣の国の影響を
毎年色濃く受けています。

もうご存じの、「黄砂」。

★★★

この中には、いま述べたような放射性物質
が詰まっており、それが、日本列島の上
に、毎年、降り注いでいる……というわけ
ですね。

本書では、今日の問題としてぜひ身につけ
ておいてほしい知識を得ていただくことに
します。

そして、可能なら、たとえ1ミリでもいい。

あなたの子孫たちを守るために、自分で
可能な行動をなさって下さい。

お願いします。

少しでも、この地球という星を素敵なもの
として次世代に遺(のこ)すために……。

ささささ、どうぞ、本書をご覧下さい。

 


■■上記の本のお求め方法■■
                                                             
下記はアマゾンの頁ですが、スマホやパソ
コンから読むことも可能です。検索すれば、
無料アプリがダウンロードできます。もし
どうしても不明な場合は事務局まで。

第108巻の「案内頁」(電子版585円)
→  https://bit.ly/3cYUwSZ
(目次も分かります)

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

ただ、人手の関係で、なるべく、上記の
アマゾンでお求め下さい。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 

★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

上記はアマゾンの頁ですが、スマホやパソ
コンから読むことも可能です。検索すれば、
無料アプリがダウンロードできます。もし
どうしても不明な場合は事務局まで。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれるかも。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。