短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:4/20(土)◆柔軟剤は、「香料の害」と同時に、洗濯機まで破壊する張本人だった! これでも使い続ける人たち……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月20日(土)号
            No.3407

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿。後日、
   概略などを付け、電子本として公開する予定です:

     (毎週「土曜日」を、どうぞお楽しみに!)

   『柔軟剤は、「香料の害」と同時に、洗濯機まで破壊
    する張本人だった!』


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の火曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

    ★「外食の裏側!」第1指南~第11指南

     それでも外食が止められないあなたに贈る「メ
     ニュの食べかた」。もちろん、自炊にこそ、大
     いに役立ちます!

これをコピーして、外食する場合に持参してい
     る人もいるようですよ(笑)。








___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「土曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として公開する予定ですが、
読者のかただけには、いち早く、こうしてご案内しています。
___________________________



  【タイトル】
===========================

 柔軟剤は、「香料の害」と同時に、洗濯機まで破壊する
           張本人だった!

 ~体は倒れるわ、洗濯機は壊れるわ、泣きっ面(つら)
  に蜂(はち)の状態になっても、この柔軟剤を今日も
  使い続ける「優しい人たち」が存在するのでしょうね~

===========================


           【目次】


★(第1章)

もし、いま家計費をなんとか抑えなくては……とお考えのか
たこそ、ぜひ、下記の内容をご覧下さい。じつは、以前にも
ぼくはメルマガで、この柔軟剤について取り上げています。
この場合は、これに使われている香料の与える衝撃的な影響
だったのですが……

★(第2章)

大手洗剤メーカーの担当者は、「高残香タイプの柔軟剤」に
ついて、「売り上げが前年度の1.4倍に伸びた……」なん
て、喜んで話しているほどなんですよ(笑)。もう、何をか言
わんや。ところが、この香料。いま流行の小児気管支喘息
まったく関係がないのかどうか……

★(第3章)

体は倒れるわ、洗濯機は壊れるわ、泣きっ面(つら)に蜂
(はち)の状態になっても、この柔軟剤を、今日も使い続け
る「優しい人たち」がいるのでしょうね。広告の影響とは、
本当に恐ろしいものです……


              ★
              ★
              ★



★(第1章)

もし、いま家計費をなんとか抑えなくては……とお考えのか
たこそ、ぜひ、下記の内容をご覧下さい。じつは、以前にも
ぼくはメルマガで、この柔軟剤について取り上げています。
この場合は、これに使われている香料の与える衝撃的な影響
だったのですが……



「そうか、もう冬は去ってしまったんだ……」

ぼくは道ばたに立って、そう独りごちていました。

これからは、汗ばむ季節がやって来るんだなあ。

先ほどから、道ばたで一人で美しく咲いてくれているピンク
の「八重桜」嬢の素晴らしさに、ぼくはうっとりと立ち止ま
って枝を見上げていたのです。

でも、そこに吹いている風は、すっかり「温風」です。
もはや、冬や春の風ではないんですね。

この場所にやってくるまで、かなりのスピードで歩いていま
したので、首筋には、うっすらと汗がにじんでいました。

ついこの間まで、マフラーをしていたのに……。

季節は、ぼくに断りもせず、いっときも休まないで、容赦
(ようしゃ)なく、次から次へと移ろってゆきます。
そして、今年の春は、もう永久にやってきてはくれません。

う~むむむ、なんとも寂しいものですなあ。

でもこう暑くなると……。

そう、毎日来ている下着や服を洗濯する回数が増えますよね。

違いますか。

洗濯と言えば、ぼくは毎朝料理をするときに、カゴに溜
(た)まっている洗濯物をポイと洗濯槽に突っ込んで、洗濯
機サンに丸投げして洗ってもらっています。

すると、料理ができたころには、いつの間にか、お黙りにな
って、静かになっていらっしゃる(笑)。

いやあ、便利な時代になりましたなあ。

生まれたときから、こういう環境が普通だったかたにはお分
かりにならないでしょうが、ぼくの子どもころは、円筒型の
原始的な洗濯機しかありませんでした。

でも、それでも、あるだけマシ。

そしてその洗濯機の上には、確か、スポンジでできた「ロー
ラー」がありましたね(笑)。

そして、そのローラーに、まだ濡れている洗濯物をはさんで、
両手でヨイショコラショと声をかけながらググググ……と力
を入れて回します。

そうすると、ローラーの反対側から、ベエ~ッと舌を出すか
のように、水分が取れたスルメのようになった平べったい洗
濯物が出てきます。

当時は、そのようにして洗濯物の水分を取っていたんです。

なにしろ原始的、物理的、滑稽(こっけい)的……。

だって、ローラーから吐き出される洗濯物は、まあかわいそ
うに、ぐちゃぐちゃに押しつぶされて、しわくちゃなんです
から。

でも、こうして水分を取ってしまえば、あとは乾かしてすぐ
に着ることができます。

当時は、これでも、「新発明」でした。

そして、みんな、このローラー付きの洗濯機に憧(あこが)
れたものでした。

まあ、それでさえ、勉強に熱中していた高校生のぼくは(誰
のこと?)、ただただ見ていただけです。
洗濯機には、触(さわ)ったこともなかったんですね。

その洗濯は、母や女中さんがやっておりましたから。

そう言えば「女中さん」だなんて、こんな言葉、今日日(き
ょうび)まったく聞かなくなりましたなあ。

ぼくの家は大きな商家だったものですから、店員さんも何人
かいましたし、家の中のことは、この女中さんがほとんどや
ってくれていました。

おっととと……、もちろんぼくも、「勉強と遊びの合間」に、
商売の手伝いは大いに(?)していました(慌てて付け加え
るあたり、かなり怪しい。でも、読者の皆さんは本当のこと
はきっとご存じのはず。笑)。

ところが、いまは非常に便利になった、この「洗濯機」。

ぼくなど、この洗濯機がなければ、とても、ほかの仕事なん
ぞ、できません。
こうしたメルマガも書けないかもしれない。

だって、昔のように、洗濯のたびに川へ洗濯に……なんてこ
とにでもなろうものなら、ふだんの活動はストップするしか
ないでしょうしね。

いまを生きる皆さんは、そのようなありがたさに、まったく
気づいていらっしゃらないんです。

そして当時は大切だったそのような洗濯機を、毎日、わざわ
ざ好んで壊(こわ)していらっしゃる。

これでは「洗濯機の神様?」に対して、大きな罰(ばち)が
あたる……というモンです。

え?

私、そんな酷(ひど)いこと、していないって?

ふふふん、そうですか、そうですか(笑)。

じつは、皆さん、すでにお使いになっているかどうか知りま
せんが、あの柔軟剤(じゅうなんざい)。

洗濯をする際、この柔軟剤を使うかたも多いのじゃありませ
んか。
いかがです?

ところがこの柔軟剤。

ぼくたちの心と体、それにこの洗濯機まで、破壊していたん
ですね。
そういう事実が、少しずつ分かってきました。

そして、莫大な修理費を払うハメになっていたわけです。

そう、「医療費だけじゃなく、修理費まで」も……。

これでは家計費も泣いてしまいます。

もし、いま家計費をなんとか抑えなくては……とお考えのか
たこそ、ぜひ、下記の内容をご覧下さい。

じつは、以前にもぼくはメルマガで、この柔軟剤について取
り上げています。
この場合は、これに使われている香料の与える衝撃的な影響
だったのですが、それについて詳しく述べました。

もし、その香料についてご関心のあるかたは、下記の電子書
籍「社会の裏側!」第11巻を、そうぞご覧下さい。
詳しく述べています。

  「社会の裏側!」11→ https://bit.ly/2Hnncq6

そこで、この柔軟剤の香料について、改めて、次の項目で述
べてみることにします。

そしてそのあと、この柔軟剤が、体だけじゃなく、なんとこ
の洗濯機まで破壊していた内容について、ぜひご覧下さい。

さてっと……。



★(第2章)

大手洗剤メーカーの担当者は、「高残香タイプの柔軟剤」に
ついて、「売り上げが前年度の1.4倍に伸びた……」なん
て、喜んで話しているほどなんですよ(笑)。もう、何をか言
わんや。ところが、この香料。いま流行の小児気管支喘息
まったく関係がないのかどうか……



まず、この柔軟剤の香料ですが、まあ、多くのかたは、まさ
かこの「柔軟剤」の香料が、これだけも体を壊している張本
人だったなんて、ご存じないことだと思います。

とくに男性など、「は? 柔軟剤? なにそれ? 洗剤とは
違うわけ? それって、食べもの? 旨いの?」……なんて
いう世界ですから、なおさら(笑)。

でも、じつは、この存在のために、仕事も続けられなくな
り、将来の人生設計が大幅に狂ってしまったかたもいるほど、
この柔軟剤は……重大な影響を及ぼしています。

この柔軟剤とは、洗濯後、繊維に柔軟性を与えるための仕上
げ剤のことなんですね。

洗浄能力はありませんが、柔軟な仕上げ効果や帯電(たいで
ん)防止効果があります。

花王が、1962年に発売した「花王ソフター」が、最初の
柔軟剤だったように思います。

そう言えば、そういう名前の商品、ありましたなあ(笑)。

ところが、ここ最近、この柔軟剤に使われている●●による
トラブルが……日本各地で広がってきました(●●は、下記
の設問をご覧下さい)。

なぜなら、毎年のように、香りが強烈になってきたからです
ね。
これには……凄(すさ)まじいものがありました。

2000年以降、こうした香りがブームになったこともあっ
て、各社で競(きそ)って香りを強くしたわけです。

そのため、ある消費者へのアンケートによっても、この柔軟
剤を購入する際、もっとも重視するのが「香り」だとなって
しまいました。

そして、その陰で、アレルギーなどで悲しむ人が増えた……。

以前は、微香(かすかな香り)……だったのですが、ね。

この柔軟剤や香水、それに化粧品などに使われる香料には、
動物や植物からの天然香料と、石油系のものがあります。

でも、とくに石油系の香料には、香りを保つための保留剤と
して「フタル酸エステル」が使われているんですね。

ん?
その名前、どこかで聞いたことあるなあ。

そう思われたかたは、ぼくよりずっと賢(かしこ)い(笑)。

ぼくの書いた小冊子&CD-ROM版「暮しの赤信号」の中
でも、これを取り上げていますし、メルマガでも過去にお話
ししてきました。

きっと、この名前ぐらいは覚えていらっしゃるかたもいるこ
とでしょう。
そう、塩ビなどの可塑剤(かそざい)として使われているも
のでしたよね。

この可塑剤とは、主に、塩ビを中心としたプラスチックを軟
らかくするために用いられるもの。

えっと……覚えていらっしゃいますか。

そのほとんどが酸とアルコールから合成される化合物(一般
エステルといわれるもの)です。

それらが、香料の「香り」を保つ保留剤として使われている
んですね。

いやあ、そんなこと、誰が話してくれますか、
これには驚きました。

なぜなら、この可塑剤は、それ自体が「環ホル」(環境ホル
モン)なのですから。

そして、そのために生殖能力を損(そこ)なう恐れがあるな
ど、いままでにさまざまな研究がなされております。
ぼくたちの周囲では、なるだけ避けたい物質の一つなんです
ね。

それなのに、こうした香料に使われている。
そして、その「香り」の強さ。

大手洗剤メーカーの担当者は、「高残香タイプの柔軟剤」に
ついて、「売り上げが前年度の1.4倍に伸びた……」なん
て、喜んで話しているほどなんですよ(笑)。

もう、何をか言わんや。

そして、別のメーカーの製品には「香りをもっと楽しみたい
時は、好みに合わせて使用量を増やして」と記載されており、
ウェブサイトで「使用量の目安の2倍程度を上限とする」と
いうアドバイスさえ掲載しております。

なんともはや……ですよね。

こうした強い香りが長持ちすることを謳(うた)った衣類用
柔軟剤は、「新鮮な香りがずっと続く」「着ている時まで」
「着るとき香り蘇(よみがえ)る」などの宣伝文句で、仕上
がりの柔らかさより「香りの強さ」を強調しているようです
ね。

まあ、こうした「香り」に、惹(ひ)きつけられる消費者も
問題なのかもしれませんが、きっと、舌と同様、嗅覚(きゅ
うかく)も、かなり自然本来のものでは無くなっているので
はないでしょうか。

どれがホンモノの匂いで、どれがニセモノの匂いか。

そういうことを嗅(か)ぎ分ける本能が薄くなっているのか
も、ね。

だから……(省略)。






             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★






でも、洗濯に、ふだんは粉石鹸や液体石鹸などを使っている
かたでさえ、この柔軟剤を平気で使い続けているかたも多い
のじゃありませんか。

まあ、ぼくは、こんなもの、昔から一度も使ったことはあり
ません。

だってその理由は、ただただ、洗濯機の壊れるのを見るのが
イヤだったからだけ。

新品を買うお金なんて……無かったもの。

えっと……その理由では、ダメ?

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士




           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「ところが、ここ最近、この柔軟剤に使われている●●に
  よるトラブルが……日本各地で広がってきました」

      【選択語句→ 肥料、香料、染料】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
           答え→ 香料


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の火曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________



      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
=======================

           ★「外食の裏側!」★

 それでも外食が止められないあなたに贈る「メニュの食べかた」
      自炊をする場合にこそ、大いに役立ちます!

           第1指南~第11指南

  ~なんと、全頁で「150頁」ですぞ!もう何をか言わんや~

=======================


              ★目次★

★第1指南
   ~~和食でも、強力な発ガン物質を生むこの「食べ合わせ
     だけは避けなさい~~

★第2指南
   ~~濃い茶色ばかりがメニュに載っていれば席を立ちなさい。
     心臓リスクを高めます~~

★第3指南
   ~~濃い緑色がメニュにほとんどなければ席を立ちなさい。
     赤い血液を作ります~~

★第4指南
   ~~このようなアレルギーを起こす物質や脳や目への影響が
     あるものは避けなさい~~

★第5指南
   ~~パスタやパンや中華麺より、ご飯が中心になっているメ
     ニュを選びなさい。なぜなら……~~

★第6指南
   ~~そのメニュに、乳製品を使っているものが多ければ、極
     力避けなさい。なぜなら……~~

★第7指南
   ~~行動を粗暴にさせる砂糖への配慮がされているかどうか
     チェックしなさい。なぜなら……~~

★第8指南
  ~~「遺組み」の心配がないものをこうして選びなさい。で
     なければ、抗生物質の耐性が強まって、薬も効かなくな
     ります~~

★第9指南
  ~~「環ホル」の心配がないものをこうして選びなさい。
     でなければ、子どもが出来にくくなり、前立腺ガンや
      乳ガンの心配が強まります~~

★第10指南
   ~~その店の窓から外をのぞきなさい。メニュの食材の故郷
     (ふるさと) がそこに見えますか~~

★第11指南
   ~~そのメニュの食材の声を聞きなさい。食べる寸前 までい
     のちが宿っていましたか~~



           ★お求め方法★

  下記の専用ブログの中にある大手ASPからお求め下さい。

              ↓ ↓ ↓
        専用ブログ→ https://goo.gl/SOcZi6

         現在の価格→ 3880円

(なお、「完全版」読者のかたは、お手数ですが、事務局までご連
 絡下さい。そのメッセージ欄に、私は「完全版」読者ですが、
 4/20号を見ました。「外食の裏側!」を希望します……と、
 ご記入下さい)

  連絡、お待ちしています。

  プリントアウトされて、何度もご覧いただくようにされると、
  より役立つかと思います。

今後とも、どうぞ、メルマガを楽しんでください。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/19(金)◆読者への返信:「児童相談所」が、虐待される子どもを絶対に救えない闇の構造!…を、近く公開します

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月19日(金)号
            No.3406

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜


【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話ししてい
 ます(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1603

    先日の「児童相談所」の話ですが、子ども一人につ
    き〇十万円ということ。彼らには子どもがお金に見
    えるのでしょうか……

   (N.Eさん、埼玉県深谷市、男性、39歳、鍼灸師


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、月火水に掲載!): 本日は金曜日です
   が、前回抜かしたので、お載せしました。

   ★「2025年問題」。あなたがこの時代を介護不
    要で駆け抜ける黄金の処方箋!
     (「即実践”マニュアル」第23話)








___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話しして
 います(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

      【イニシャルは、姓と名の順です】
        (例)美空ひばり→M.H



 ……………………………………………………………………
 ■No.1603

 先日の「児童相談所」の話ですが、子ども一人につき
 〇十万円ということ。彼らには子どもがお金に見えるの
 でしょうか……

 ……………………………………………………………………
  (N.Eさん、埼玉県深谷市、男性、39歳、鍼灸師



山田さん、いつもメルマガありがとうございます。

先日の児童相談所の話ですが、子ども一人につき〇十万円と
いうこと。

彼らには子どもがお金に見えるのでしょうか。

親も強く賢くならないといけませんね。


         ■山田からのお返事■


Nさん、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

またぜひ、読者の会「博々亭」(ひろびろてい)にいらして
下さいよ。

お待ちしております。

今回の仰せの件。

じつは、本当にたまたまなんですが、もうしばらくして、こ
の「児童相談所」についてまとめた「社会の裏側!」109巻が、
公開されることになっています。

今日はずっと、そのために、以前の文章を書き直したり、概
略を作ったり、タイトルを決めたりして、電子書籍にあうよ
うに細かい作業をしていました。

そして夕方、やっと完成してアマゾンに送ったばかりなんで
す。

             ★★★

もしアマゾンでの審査が通れば、読者の皆さんにはすぐにで
もご連絡しようかなと思っていたところなんですよ。

そのため、いま、Nさんからのお便りを読んで、もう驚きま
した(笑)。

そうだ。

その概略の冒頭部分だけでも、ちょっとご披露しましょうか。

せっかくですので……。

下記のような「書き出し」で始まっています。



「ぼくはいま、怒りに震えております(おっととと、中風で
震えているのではありませぬ!)。

皆さんきっとご存じのように、千葉県野田市で、親による凄
(すさ)まじい少女への虐待(ぎゃくたい)事件が起こりま
した(2019年2月)。

ご存じですよね。

ただ、注意してほしいことがあります。

それは、この事件で皆さんが思っていることは、じつはまっ
たく真実とは逆だったのだということ。

いやもちろん、あの虐待事件で、野田市立小4年の栗原心愛
(みあ)さん(10歳)が自宅で殺されたこと。

そして、「傷害容疑」で両親が逮捕された事実には変わりあ
りません。

             ★★★

ぼくは、そのような行為、とくに父親の行為に対しては、激
しく責めたいと思っています。

それは事実ですが、ただ問題なのは、多くのかたは、こう思
っていらっしゃるはず。

「いったい、児童相談所(「児相、じそう」)は何をしている
わけ。これだけも凄まじい虐待が行われているのに、なぜ父
親の元へその女の子を戻したの。もっと児相の権限を強めれ
ばいいのじゃないの」

「それに、人手は足りているの? 予算がひょっとして少な
いのじゃないの。もっと私たちは児相を応援しなくてはなら
ないのじゃないの」

そう思ったかたが多いのじゃありませんか。

違いますか。

             ★★★

まあ、このように思われるのは当然です。

ぼくだって、この「児相」の内容を知る前は、ずっとそのよ
うに考えていましたから。

そして、この父親が悪なら、その反対に「児相」は善だと思
っていたわけですね。

誰しも、悪の反対は善……だと思ってしまいますから。

あなたも、そうじゃありませんか。

マスコミたちも、みな、報道は同じ論調でした。

ところがドッコイ、この「児相」の内容が100%間違って
いた……。

「両方とも悪だった」……ということが、世の中にはよく
あるものですが、この場合も、そうだったのです。

             ★★★

今回の場合は、この父親と「児相」。

父親の行為は、もう言わずもがな。

ところが、一方のこの「児相」が、闇(やみ)にどっぷりと
浸(つ)かっていたわけなんですね。

そして、戦後のこの数十年、誰も気が付かず、ずっとそのま
まだったのです。

役人たちのしたいがままに放置され、ぼくたちの貴重な税金
が湯水のように流れていたわけです。
そして、マスコミも、なぜか報道もせず、今日まで来てしま
いました。

どういうことかと言いますと……」



……とまあ、このような書き出しで始まっています。

いつも述べていますように、ぼくは、とくに子どもが好きな
んですね。

そばで子どもが笑顔になっているだけで、ただただ嬉しい。
そばで子どもが泣き顔になっているだけで、ただただ悲しい。

まあ、そのような「単純な頭」ではあるのですが、そのため、
今回のテーマはとくにリキが入りました(笑)。

             ★★★

何度も、途中で筆を止めて、空を見上げたものです。

今回のタイトルは、下記のようにしました。

「社会の裏側!」109……「児童相談所」が、虐待される子
どもを絶対に救えない闇の構造!

そしてサブタイトル。

~何でもない2万人超もの子どもを拉致する「児相」。温和
しい親の子どもだけを「一時保護」し、虐待されている子ど
もは放置する。その裏には汚れたマネーの動きがありまし
た~

……というものですが、まあ、詳しくは、「社会の裏側!」
109を、どうぞご覧下さい。

             ★★★

そして、現在の、いわゆる「児童相談所」は、けっして子ど
もを守る存在ではないこと。

そして逆に、何でもない子どもたちを「令状なしで親から強
制的に引き離して拉致(らち)」できる組織だ……という事
実。

しかも、その拉致された子どもたちが、精神薬のクスリ漬け
になり、結果として「廃人同様」になってしまっている……
という事実。

そして、何でもない子どもを一人拉致(らち)してくれば、
何十万円というおカネが公的に落ちる現実。

こんな美味しい商売はありません。

そして、そのためには、虐待でも何でもなく、いかにも温和
しい親から、子どもを拉致すればいいわけですね。

本当に助けを求めているような、「複雑な親子関係の子ども」
は知らんぷりなんです。
手間がかかりますからね。

だから、何をさておいても、それらの事実についてだけは、
どうしても先に頭に入れておいてほしいなと思っています。

             ★★★

先祖サンたちが血と汗と涙で作りあげてくれたこの日本とい
う、自然も文化も人間も、素敵な国。

それを、たった戦後70数年経ったいま、日本人以外の人間
たちが、内外から壊そうとしている事実には、ぼくなど、あ
然とします。

そして、いかにも呑気な日本人たちは、それに気が付かない。

ついそこの足元にまで、その火の粉(こ)が来ているのです
が、気が付かない。

ぼくは、この「児相」問題を契機に、ぜひそのような部分に
まで深く、皆さんが心を動かしてほしいなと願っております。

Nさん、今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。


★注)まだ、この「社会の裏側!」109は、公開されてお
 りません。もし、この内容にご関心があれば、事務局まで、
 その旨、ご連絡下さい。もうまもなく、公開されると思い
 ますが、公開すれば、真っ先にご連絡します(夜中に公
 開されるかも……しれません)。








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「月火水」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 本日は金曜日ですが、先日抜かしたため、お載せしま
 した。
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

  ★「2025年問題」。あなたがこの時代を介護不要で
   駆け抜ける黄金の処方箋!(山田博士作品集)

  ~5人に1人が「75歳以上」時代。こんな簡単な
       方法で、自分の足で歩けるとは~

=======================
   (「いのち運転“即実践”マニュアル」第23話)



山田博士です。

今回も、ぼくの作品をご案内いたしましょう。

ところで、皆さん、ご存じ?

ぼくたちの死因としては、戦争やタバコやアルコールやHI
感染症マラリアなどより、ふだんの「食の影響こそ」が
ずっと深刻なものなんだってこと。

だけど、最近の国際消費者機構(CI)の調査によりますと、
なんと8割のかたが、食生活の影響をほかの健康を損(そこ)
なう要因より「軽く」見ているそうなんですね(出所:第2
3話参照)

ふふふ、分かります、分かります。

多くのかたは、いつも食べているものの内容なんか、きわめ
て軽く見ておられます。

まさかいつも食べているものが、自分の未来を作っているな
んて、1ミリさえ考えませんものね。

「おい、何か、メシでも食うかあ。ラーメンでも……」
そんな発想で、毎回の食事をしておられるかたが多いのと違
いますか。

そのときにたまたま安いもの、なんとなく食欲をそそるもの、
友だちが食べているもの、あるいは、たまたま席が空いてい
る店を見つけ、そのメニュに載っているもの……などを食べ
て満足しているかたが多いのかもしれません。

            ★★★

まあ、かく言うぼくだって、大きなことは言えません。
だって、若いころは、しっかりと、そうでしたから(笑)。

当時は、なにしろ、質より「量」が問題。

少しでも量の多いものばかりを食べていたような記憶が……。
こんなことを何十年も続けていれば、比較的早い時期に倒れ
るのは当然ですよね。

あなた、いま、お幾つです?
60代?
70代?
80代?

ンなもの。
そんな年齢で、介護を受けるなんて……。

いまの時代、60代~80代なんて、まだまだ若手(わか
て)です。
はな垂(た)れ小僧です。
いや、はな垂れ小娘(こむすめ)かな……(笑)。

これらの世代の人たちは、いままで自分が苦労して得てきた
技術や知識や知恵などを、あとの世代に惜しみなく譲(ゆず)
り渡す世代なんですね。

            ★★★

ところが、そのような重要なときに、自分の体が動かない。
自分の心が動かない。

そんな悲劇がありますか。

本人にとっても不幸ですが、社会にとっても大不幸です。

この「2025年問題」とは、すぐそこまで来ている超高齢
社会の到来の時期のことなんです。

この2025年に、いわゆる団塊(だんかい)の世代が、7
5歳を迎えます。

そして、その「後期高齢者」が、なんと2179万人にまで
なるという、日本の歴史上初めて体験する「超高齢社会」な
んですね。

いや、これは日本どころか、世界でも恐らく初めての体験で
しょう。
日本人が、この事態にどのように立ち向かうのか。

世界中の人たちが、まるで自分たちの将来を見るかのように
して固唾(かたず)を呑(の)んで見守っているのじゃない
ですか。

            ★★★

なにしろ、日本人口の「5人に1人」が75歳以上!

そのような社会がどうなっているのか。
誰にも想像もつきませんが、それは、ほかの世代も巻き込ん
で、もろもろの問題にまで影響を与えることになるでしょう。

そこでの一番の問題は、介護でしょうね。

いまでも、その介護従事者が足りないとされていますが、現
在のペースだと、2025年には215万人しかならず、ど
うしても38万人が不足となります……

だけど、本作品では、この「2025年問題」の中で、あな
たが100%介護不要で生き抜く黄金の処方箋を述べてみま
した。

具体的には、こうすることで、あなたの老後は安泰です。

たとえば、毎朝、寝床の中で、このストレッチをしてみると
いい……などなど。

これらはすべて、ぼくが毎日実践しており、ほかのメルマガ
読者のかたにもお薦めして、実証済みのもの。
ぜひ、毎日、楽しく試してみて下さい。

お役に立つことを願っております。

下記は、目次です。





___________________________

   ★第23話の目次★
___________________________



【第1章】

あなた、いま、お幾つです?60代?70代?80代? ン
なもの。そんな年齢で、介護を受けるだなんて……。いまの
時代、60代~80代なんて、まだまだはな垂(た)れ小僧
です。いや、はな垂れ小娘かな……(笑)。

【第2章】

この「2025年問題」とは、すぐそこまで来ている超高齢
社会の到来の時期のことなんです。この2025年に、いわ
ゆる団塊(だんかい)の世代が、75歳を迎えます。そし
て、その「後期高齢者」が、なんと2179万人にまでなる
という、日本の歴史上初めて体験する「超高齢社会」なんで
すね……

【第3章】

一番の問題は、介護でしょうね。いまでも、その介護従事者
が足りないとされています。現在のペースの場合だと、20
25年には215万人しかならず、どうしても38万人が不
足となります……

【第4章】

あなたがこの「2025年問題」なんか吹き飛ばすような生
き方をすればいいわけです。そのために、いったい、何をす
べきなのか……

【第5章】

「2025年問題」。あなたがこの時代を介護不要で駆け抜
ける黄金の処方箋!具体的には、こうすることで、あなたの
老後は安泰です。毎朝、寝床の中で、このストレッチをして
みるといい……

【第6章】

さて、次にすることは外に出て、樹友(きゆう)のヒロちゃ
んの前に立つこと。たったのこれだけで、あなたの腰は柔軟
になり、内臓たちが喜ぶことになります……

【注】「いのち運転“即実践”マニュアル」「第12話」の
   内容と、一部ダブっています。分かりやすくするため
   です。ご了承下さい。





___________________________


    ★見本文を、ほんのちょっぴりだけ……★

___________________________



           (前略)


医療法の中で、「国民」という語彙(ごい)が主語になった
初めての条文なんですね。

でもぼくは、この条文を読んで、納得しました。

ああ、そうか。政府は来るべき「2025年問題」を、国民
の責任として、一人ひとりに押しつけてしまうつもりなんだ
なと。

先述しましたが、戦後の廃墟を立ち直らせたのは、ぼくたち
の汗と涙の結果です。
それは紛(まぎ)れもないことです。

その国民への「恩を、政府は仇(あだ)で返そう」としている。
そう思いました。

そんな悲しい仕打ちがありますか。

            (中略)

その「医療法」第6条の2の3項に、こう書かれております。

「国民は、良質かつ適切な医療の効率的な提供に資するよう、
医療提供施設相互間の機能の分担及び業務の連携の重要性に
ついての理解を深め、医療提供施設の機能に応じ、医療に関
する選択を適切に行い、医療を適切に受けるよう努めなけれ
ばならない」

一見、難しそうな文体ですが、要は、国民は……医療を適切
に受けるよう努めなければならない。

高齢者に何かがあっても、政府は知りませんよ……というニ
ュアンスが、ありありですよね(笑)。

高齢者と書かれていないだけで。

本来なら、この条文は、「政府は……医療を適切に授(さ
ず)けるよう努めなければならない」とあるべきなのじゃあ
りませんか。

もちろん、何でもかんでも政府任せにしろ……というわけで
はありません。
国民が努力することも必要です。

でも、一人の国民がどれだけ努力しても、おのずからこうし
た介護や医療に対しては限界があります。
もしかの場合に、政府が補わなければ、誰が高齢者の面倒を
見るわけです?

            (中略)

まあ、いずれにしても、こうした「2025年問題」に対し
て、政府はどんどん「在宅シフト」を進めています。

自宅で介護をするようにし、最期のときも自宅で迎えるよう
に、ということなんですね。

そうすれば、医療設備への投資も減少します。
政府にとっては、万々歳でしょう。

そして、高齢者を大都会じゃなく、地方へ追い出すという政
策が、いま、「まことしやかに」進行しています。
高齢者を地方で引き取ろう……と。

まさか、昔の「姥捨(うばす)て山」じゃあるまいし……。

いったい、何を考えていることやら。

            (中略)

そんなことより、もっと介護従事者の待遇を良くするべきじ
ゃありませんか。
乳児や幼児相手じゃなく、老人相手の介護は、本当に過酷です。

体重も重く、口からはさんざん嫌みを言われる。

その意味では、もっともっと待遇を良くすべきです。

高級官僚たちの給料をもっともっと下げ、ワケの分からない
財団などは即、消滅させる。
そうして浮いた財源を、こうした介護従事者たちに分配すれ
ばいい。

なぜ、そんな簡単なことができないのか、ぼくは本当に不思
議です。

ぼくが厚労省大臣なら、真っ先に、それを遂行します。
社会の役に立つ人たちに高給を払えばいい。

仕事がいっぱい残っていても、夕方の5時にピタリと帰るよ
うな、そのような公務員たちの給料は、最低でいい。

            (中略)

まあ、いろいろとぼくなら改革したいことは山ほどあります
が、それより何より、たとえこのような「2025年問題」
が起ころうとも、あなたが生き抜く方法を考えたほうが、ず
っといいのじゃありませんか。

「2025年問題」よ、ドンとこい……とね。

いままで述べたような社会の改革はもちろんですが、それと
同時に、ぼくたち自身も変わる必要があります。
そしてそのほうが、ずっと楽しくて、心地よくて、楽ちんです。

それは何か。

            (後略)


★すみません。
 面白い内容なので、本当は、全部ご紹介したいのですが…
 …(笑)。





___________________________

★お申し込みフォーム★

  ~ご希望のかたは、下記からどうぞ!~
___________________________



    「いのち運転“即実践”マニュアル」第23話
    =====================

      「短縮版」読者価格→ 2423円
     (「完全版」読者は、2180円です)

    =====================

 (現在、専用ブログでの公開価格は、2923円となって
  います。ご希望のかたは、このメルマガに戻ってきて下
  さい。公開頁からでは、その価格になってしまいます)

       専用ブログ→ https://goo.gl/8L8MnD



            割引提供期間
            ↓ ↓ ↓
===============
       4/19(金)~4/22(月)
===============


        ★第23話お申し込みフォーム

 パソコン・スマホ共用用→ https://ws.formzu.net/fgen/S2052833/

 もし、割引期間が過ぎている場合は、上記の公開頁でお求
 め下さい。


この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさ
せることになれば幸いです。

お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

       発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/18(木)◆ぼくの若いころよく通った小料理店は、料理の現場が見えます。ところがこのMSGをサジでドドッと…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月18日(木)号
            No.3405

毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





           ▼本日の目次▼

  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:835回:

    ぼくの若いころよく通った小料理店は、料理の現場
    が見えます。ところがこのMSGをサジでドドッと…


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第13巻

   『TPPと私設法廷。じつはこの「ISD条項」こそ
    が日本乗っ取りの要(かなめ)だった!』








___________________________

【1】
      人生には少しのお金と歌と夢、
    それにでっかい健康があれば、それでいい!

        連載:835回
___________________________

    (この欄は、毎週「木曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとな
 ります)
→ https://archives.mag2.com/0000141214/20190411050000000.html




★タイトル:

ぼくの若いころよく通った小料理店は、料理の現場が見えま
す。ところがこのMSGをサジでドドッと……




いまでもよく覚えているのですが、ぼくが結婚したての若い
ころ。

当時、新宿に近い東中野のアパートに住んでいました。

共働きだったため、職場から一度家に戻ってから、よく二人
でいっしょに、近くの小料理屋さんに食事に行ったものでし
た(かなり夜遅くなったときも)。

その店は、年配の女性が一人でまかなっていて、カウンター
があるだけの本当に小さな店。

でもなぜか、ぼくたちは、その女将(おかみ)さんに非常に
気に入られて、席に座ると、いろいろとサービスをしてくれ
るのです。

それが嬉しくて、ぼくたちは、忙しさにかまけて、よく通い
ました。

ところが……(笑)。

             ★★★

ところが、料理を作ってくれるとき、台所の棚(たな)に置
いてある缶から、あるものをたくさんすくって、大いに料理
に振りかけてくれるわけですね。

小さな店ですから、料理している光景が、みな目の前で見え
るわけです。

いまの大型のファミリーレストランなどのように、調理場を、
わざわざ「隠す」ようなことはしません。

その意味では、こういう「家族的な小さな店」を利用するの
はいいかもしれませんね。

だって、気が付いたことは、何でも注文を付けて変更しても
らうこともできますから……。

チェーン店では、そうはいきません。

そう、ぼくがよく言う「味の●●化」……なんですね(●●
は、下記の設問をご覧下さい)。

味がマニュアルで決まっていますから。

どの店へ行っても、同じ味、同じ食材。

             ★★★

ところで、女将さんがそのとき、サービスで「大いに」振り
かけてくれたものこそ、何を隠そう、そのMSG……(笑)。

ほかの客以上に、ぼくたちの料理には「力を込めて」サービ
スをしてくれました。

最初は驚いて、う~むむむ……と、心の中で唸(うな)って
いたのですが、もちろん、何回かあと、頼み込んで、「えっ
と……それ、ぼくたちあまり……その……えっと……食べた
ことがないもんで、振りかけないようにしてもらえれば嬉し
いんですけどお……」トカナントカ言いながら、振りかける
のを止めてもらいました。

そのときの女将さんの不思議そうな顔。

いまでも覚えております。

でもそのあとは、その替わりに、ほかに一品、小皿が付いた
りしましたけど(笑)。

             ★★★

でも、そういう時代だったんですね、当時は……。

このMSGをたくさん料理に使えば使うほど、美味しくなる
に決まっていると……。

もちろんマスコミたちは、このMSGについての真実など、
絶対に報じません。

大事なスポンサーを失うことなど、逆立(さかだ)ちしても
しませんからね。

だから、国民は、戦争直後の当時のように、まるで貴重品み
たいに、これを扱っていたのです。

まあ、凄(すご)い時代でしたなあ……。

ところが、今回、下記の本文でも述べていますように、この
MSG。

とんでもない「影響」をぼくたちに与えていたわけですね。

ぼくが名古屋まで、その専門家に取材に行ったときのことを、
ぜひ知っておいて下さい。

それは……。


             ★★★

↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




ただ、このMSGの構造は、炭素、水素、酸素なんですが、
先ほどの井上さんによりますと、この炭素の代わりに放射性
物質をはめ込んでみたと言います。

そうすると……。

そう、そうしますと、ネズミに注射をすれば放射性ですから、
体内のどこへ流れたか、機械で見ると光るのですぐに分かる
わけですね。

ところでそれは、どこへ流れていったと思います?(笑)

まあ、ここは笑うところではないのですが……「驚くべき場
所」で光っていたわけです。

             ★★★

つまり、「脳のあらゆる部分で」光っていました。

MSGの分子は極(きわ)めて小さいため、母親がこれを体
に入れると、胎盤(たいばん)を通過して簡単に赤ちゃんに
も流れ込みます。

外食などをふだん食べていたりして、母親の肝臓が弱ってい
るととくに、このMSGが血液に流れ込みますから、母親の
ふだんの食べものは本当に大切だということが分かります。

女性の場合は、小さいころから、いつもそうした「未来」を
想像しながら成長してほしい。

たとえ、あとで未婚だった場合でもいいじゃありませんか。
気をつけた分だけ、自分の体が健康になるわけですから。

子どものころから食べものに留意していてソンなことは、一
つもありません。

             ★★★

結婚して子どもが生まれるときになってから、突然、いまま
での食事の内容や暮らしぶりを替えることは、はっきり言っ
て、なかなか難しいかもしれません。

もしできるとしても、かなりの努力が必要でしょうね。

とくにこのMSG。

原料表示のない「外食」という場所では、たくさん使われて
おります。

いわば、外食企業の御用達(ごようたし)。

ところで……「味の素」の……(省略)。


(次回のこの欄に続く)


           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

  「そう、ぼくがよく言う『味の●●化』……なんですね」


    【選択語句→ セーラー服、学生服、制服】

        ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせること
 になると思っています。

            答え→ 制服

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】








___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

電子書籍はアマゾンからお求め下さい。ただ、PDF版を
 希望されるかたは、下記の案内サイトに、その方法が記載
 されています。金額は同じにしていますので、どうぞ〜

___________________________



        ★「社会の裏側!」第13巻★

 『TPPと私設法廷。じつはこの「ISD条項」こそが
     日本乗っ取りの要(かなめ)だった!』

 ~なぜ弁護士たちが、この問題に関して「緊急に結束」
        しようとしているのか~

  第13巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2XhlXMX

    山田博士・著


★本書の概要


このTPP(環太平洋経済連携協定)については、いままでマスコ
ミたちも、農業分野だけを取り上げてきた感がありました。

もちろん農業分野は、それこそいのちに直接関係することですから
大事なんですが、じつは、農業以外にも、サービスや物質の貿易の
自由化、労働力移動の自由化、各種の非関税障壁の廃止など、24
分野にもわたっているんですね。

農業分野は、これらの24項目もあるわずか一つに過ぎないんです。

2013年7月29日。
東京の弁護士会館において、「TPPに反対する弁護士ネットワーク」
の結成に関する記者会見が開かれました。全国の弁護士318人が、
この賛同人に名を連ねております。

この席で表明されたことは何だったのか。

それは、「TPPは、農業や医療の問題とされがちだが、我々はI
SD条項について問題視する。TPPは関税ではなく非関税障壁
問題が本質だ」……ということだったんですね。

この「ISD条項」とは、いったい何なのでしょうか。
じつは、ぼくはこの「ISD条項」こそが、このTPPの中では大
問題だと思っております。これ何かと言えば、「投資家対国家間の
紛争解決条項」のこと。

なんか難しそうな名前ですが、崩して言いますとこうです。
「あんたの国と、ISD条項で自由貿易協定を結んだんだから、あ
たしたち外国企業だけいじめないでちょうだいね!もしいじめたら
賠償請求をしっかりして、落とし前を付けちゃうから!」というこ
と(笑)。

こうなると、多国籍企業が、日本のルールを自分に有利なモノに変
えさせるために、この「ISD条項」を利用することがあるかもし
れません。この「ISD条項」は、すでに、アメリカ・カナダ・メ
キシコによる北米自由貿易協定(NAFTA:ナフタ)で導入され
たものなんですが、米韓FTAにも導入され、いま韓国国内では大
変な騒ぎになっております。

つまり、訴訟のすべてが、なんと世界銀行の息のかかった組織でな
されるわけなんですね。

それはもちろん、アメリカが背後にいる組織なわけですから、その
訴訟の結果が誰に有利なのかは、お分かりでしょう。こうなれば、
日本の弁護士たちは、日本の法律をよりどころに国民の生命と自由
と財産を守ろうにも、戦う術(すべ)を失ってしまいます。

だって、裁く場が、日本にはないわけですからね。

ささささ、どうぞ本書をご覧下さい。そして、今後の「社会の裏側!」
シリーズを、お楽しみに!

 (詳しい概略や目次などは、「案内サイト」をどうぞ。「P
  DF版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願い
  します。ただ複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと
  割引きをします)

  第13巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2XhlXMX





             ★★★
             ★★★
             ★★★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

       発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/17(水)◆自然由来の、本来の甘味なら、ぼくも大好きです。料理でも、「自然本来の甘味」をいかに引き出すか…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月17日(水)号
            No.3404

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

【1】土曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。(今回は「月曜日に」書きました)

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    上記で述べましたように、砂糖であれ、天然甘味料
    (?)であれ、どちらに転(ころ)んでも、こうし
    た甘味の弊害は大きいものなんですね。

    もちろん、食べものに当初から含まれている甘味は、
    ぼくたちの心を落ち着かせてくれますし、幸せな気
    分にもさせてくれます。

    だから、甘味がすべていけない……というわけじゃ、
    まったくありません。

    自然由来の、本来の甘味なら、ぼくも大好きです。

    料理の場合は、「自然本来の甘味」を、いかに引き
    出すか。
    それが、料理の腕なのでしょうね。
    台所に立つときは、ぼくも、いつもそれを考えてい
    ます……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、月火水に掲載! ぜひどうぞ):

    ★コンビニの「おにぎり」や「パン」に、PH調
     整剤が多用される理由!
     (「即実践”マニュアル」第22話)








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、土曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです(今回は月曜日)。

  「短縮版」読者のかたは初めての文章になりますので、
  どうぞ、じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が、面白い。
 
___________________________


      先日の……4/15(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
 スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、
      長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!

~他国より200倍も多い「衝撃ネオニコチノイド系農薬」で
 染まったイチゴを使い、1杯に小さじ25杯もの砂糖を使
 うドリンク類。スタバに問う、日本人を壊したいのですか~


            (前略)


……
スタバは、2018年から、アメリカとカナダでこういう対
処もしているようですが、この(甘味料の)ステビアに、ど
ういう問題があるのか、このスタバは、きっと知らないので
しょう(笑)。

まあ、いまはここでは詳しくは述べませんが、過去の動物実
験によりますと、実際に妊娠率が低下したり、性ホルモンが
減少したという報告があるのは事実です。

そのため、まだまだ未知な部分があるステビアですので、ぼ
くはちょっと心配している甘味料なんですね。

とくに妊娠を望んでいるかたは、この甘味料には十分気をつ
けられるといいかもね。

ちなみに、世界保健機関(WHO)は、成人が1日当たりに摂
取する砂糖の目安量を、従来の半分にあたる約25グラム
(小さじ約6杯分)に切り下げるべきだと呼びかけています。

なんのことはない、スタバの「1杯のドリンク」には、上記
の目安量の4倍以上にもなる量が含まれていることになりま
す。

まあ、これを聞いても、明日もスタバで「ストロベリーベリ
ーマッチフラペチーノ」を飲むかたもいらっしゃるのでしょ
うね。
……


            (後略)


             ★★★


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


上記で述べましたように、砂糖であれ、天然甘味料(?)で
あれ、どちらに転(ころ)んでも、こうした甘味の弊害は大
きいものなんですね。

もちろん、食べものに当初から含まれている甘味は、ぼくた
ちの心を落ち着かせてくれますし、幸せな気分にもさせてく
れます。

だから、甘味がすべていけない……というわけじゃ、まった
くありません。

自然由来の、本来の甘味なら、ぼくも大好きです。

料理の場合は、「自然本来の甘味」を、いかに引き出すか。
それが、料理の腕なのでしょうね。
台所に立つときは、ぼくも、いつもそれを考えています。

余談ですが、ぼくの作った会話調「山田流シンプル・レシピ」
第2弾。
ここに収録しているメニュには、まったく砂糖は使っており
ません。

なにしろ、ぼくの台所には……(省略)。

……





             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★





……

自分の体を操縦するのは、世界広しと言えども、自分だけです
からね。

たとえ親や子どもであっても、それは不可能です。

今回のこのスタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチー
ノ」問題が、少しでも皆さんのご家族を救うことにつながれ
ば、嬉しく思っています。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「月火水」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

      ★コンビニの「おにぎり」や「パン」に、
        PH調整剤が多用される理由!★

~最近は、合成保存料の替わりにこの物質が使われているが、学習
 能力を落としたり、その凄い中身があなたの未来を食べている~

   ~「いのち運転“即実践”マニュアル」第22話~

=======================



まだまだ、コンビニの食べもので、今日も「生きている」かたがい
らっしゃるようです(笑)。

そのかたたちの言葉。

「昔よりはずっと、添加物も減ったしねえ」
「昔よりはずっと、味も高級になったしねえ」
「昔よりはずっと、価格も良心的になったしねえ」

……ふふふん、ふふふん、そうですか(笑)。

ところで、コンビニに卸す業者が、 こんなことを言っていましたぞ。
実際に、ぼくがその業者へ取材に行ったときに聞いた言葉です。

「だってねえ、あなた。コンビニチェーンからの要求がもの凄(す
ご)いんですよ……」

つまり……分かりますよね、この意味。

この業者の話す内容の意味を、今回のこの作品でお知り下さい。

下記で、目次と、内容の一部を掲載しました。

非常に「面白く、お役に立つ内容」なんですが、紙幅の関係で一部
分だけしか掲載しておりません。
でも、これだけでも、この作品の中身がお分かりになれるのではな
いでしょうか。

ささささ、それでは、下記をどうぞ!





______________________________

             ★目次★
______________________________



【はじめに】

業者の言葉。「だってねえ、あなた。コンビニチェーンからの要求
がもの凄(すご)いんですよ。だから、コンビニのサンドイッチに
添加するそのPH調整剤の量は、ほかより多めにしているんです」 ……

【第1章】

最近は、コンビニで販売されている食べものの中にも、「保存料や
合成着色料未使用」というものが増えました。良かったわ……と、
お思いでしょう? ところがじつは……

【第2章】

なぜ、こうした「リン酸塩」などを使うのかと言えば、食べものが
弱酸性に傾くと、腐敗を抑えられるからなんです。企業たちは、 お、
しめた……と思ったのでしょうね。ところがこの「リン酸塩」、あ
なたの人生をこうして壊(こわ)すことになります。そこで、「お
にぎり」や「サンドイッチ」を実名で少し挙げてみましょうか……

【第3章】

さらに、この「PH調整剤」が使われている食べものを、もう少し
商品名でリストしておきます。こんなものに、いま盛んに使われて
いるんですね。以前はこんなもの、ほんの少しの食べものにしか使
われていませんでしたが、「健康志向」とやらで、なにやら目立た
ない物質が受けているようですぞ(笑)。なんともはやですが……

【第4章】

あるコンビニのオーナーが、やはり自分の店で販売されているもの
は「自分で食べて研究しなくてはならぬ」と、 思ったそうなんです。
立派ですよね。ところがある日、突然……

【あとがき】





______________________________

             ★見本文★
______________________________


              (前略)

……「だってねえ、あなた。コンビニチェーンからの要求がもの凄
(すご)いんですよ。
だから、 コンビニのサンドイッチに添加するそのPH調整剤の量は、
ほかより多めにしているんです……」

いいですか。
この業者の言葉。

まさに正鵠(せいこく)を射(い)ているように、思えませんか。

本文でも述べますが、最近は、昔のような「保存料」なんていう固
い物質名を食べものに記載することはあまりなくなりました。

いまの時代、誰が、そんなものを買いますか。

以前の消費者運動華やかなりしころとは違うわけですね。
多くの国民はある程度の知識を持っています(……のように自分で
思っているだけなんですが)。

だから、食品加工業者たちは、 なるべくそのような記載は避けたい。

保存料……なんて書かれていれば、「ある程度」 知識のある消費者は、
また棚に戻してしまいますからね。

そこへ降って湧いてきたのが、この「PH調整剤」なる物質。
業者はこれに飛びついたわけですね。

あとでも述べますが、これ、いったい何のこっちゃ……という名前
です。
分かるようで、誰も分からない。

ましてや、それがぼくたちの体にどう影響を与えるのか。
学校なんかでは、絶対に習いませんし……(笑)。

ところが、周囲を見てご覧なさい。
呆(あき)れるほど多くの食べものに、この「PH調整剤」という
表示があります。

              (中略)

だから、本当は、その「おにぎり」を頬張りながら幸せに浸(ひ
た)っている人の後ろを、ソッと忍び足で素通りしたいんですね。

だって、その人を「悲しませること」など、絶対にしたくはありま
せんから。
たとえウソでも、その人を幸せにしたい。

でも……です。
その場合でも、嫌われても、蹴飛ばされても、横目で何かを……ち
ょこっとだけ伝えたい(笑)。

最近は、コンビニで販売されている食べものの中にも、「保存料や
合成着色料未使用」というものが増えました。
そうお思いでしょう?

昔のあの内容を知っているぼくから見れば、本当に隔世( かくせい)
の感があります。

もちろん、ぼくから言わせれば、まだまだこんなこと、表面だけの
改善のため、お笑いではあるのですが……。

じつは、コンビニ業界が、少なくてもこうした兆候になったのは、
コホン……えっと……ぼくの動きも、少なからずあったのかもしれ
ません。

まあ、もちろん、そんなこと、氷山の一角の一角の一角ではあるの
でしょうが(どこかの居酒屋の名前じゃありません!)。

と言うのは、過去、ぼくはある本を書き上げるため、食品関係の企
業の社長たちあてに、「もの凄い」アンケートを出したのです。
内容も凄いことなら、その頻度も凄い。

              (中略)

そうした行動が功を奏したのか、たまたまなのか、その後しばらく
経ってから、大手のコンビニを始め、多くの外食販売店で、ぼくが
いつもお話ししているような一番問題である「保存料や合成着色料
未使用」の動きが出てきたんですね。

1社がそうすると、他者も追随しました。

              (中略)

そうそう、この霧に包まれたような「PH調整剤」を、食べものに
含めれば、なんと「防腐作用」があることが分かったわけですね。

お、これはいいものを見つけたわい。
ヒヒヒ……。

だから企業たちは、これにワッと飛びついたわけです。

保存料なんて固い言葉は記載する必要もありませんし、消費者たち
はきっと喜んで購入してくれる。
なにしろ、このブルー・シャトー……じゃなかった「霧に包まれた
ような言葉」でいいのですから。

ところで、このPH。
これは、「ペーハー」と読みます。

ただ、ぼくは昔からこうしてドイツ語読みなんですが、日本のJI
S(日本工業規格)では、「ピーエッチ」と読んでいるようです。

だから、まあ、お好きなほうでどうぞ。
ぼくは「ペーハー」と読みながら、この原稿を書いております。

Pとはポテンシャル、Hとは水素のこと。

これからもお分かりのように、 これは水素イオン濃度指数のことで、
その物質が酸性なのか、アルカリ性なのかの度合いを示す物理量を
表しているわけですね。

              (中略)

そして、実際の話、この「PH調整剤」としては、リン酸塩やクエ
ン酸、クエン酸ナトリウム、 そしてフマル酸などが使われております。

この中で一番の問題物質は、「リン酸塩」でしょう。

              (中略)

この「リン酸塩」が体に入ってきますと、カルシウムとのバランス
のために、骨からどんどんカルシウムを奪うことになります。
まあ、これこそ、本当の「PH調整」なんですが……。

体は、少しでも酸性に向くのを避けるため、骨などに蓄(たくわ)
えてある、いわば貯金のカルシウムを取り出してくるわけですね。

コンビニ食や外食ばかりを食べ続けていれば、あなたの体はこうし
て涙ぐましい努力をしているわけ。
そして、なんとかカルシウム不足を避けようとしております。

しかし、その「自分の体の努力が限界に来たとき」が……もうお
分かりですよね(笑)。

              (中略)

この「PH調整剤」を使ったものは、この「おにぎり」だけじゃも
ちろんなくて、コンビニなどで売られているサンドイッチなどに広
く使われるようになりました。

そうだ、ちょっと、それらを商品名で挙げてみましょうか(表示そ
のまま)。


■「PH調整剤入りおにぎり」の実名リスト。

★「味わいむすび 海老マヨ」
 (セーブオン、群馬フレッシュフーズ)……(省略)。

              (中略)

これらのおにぎりを調べていますと、わざわざご丁寧に、「 国産米」
なんて書かれていたり、あるいは「保存料・合成着色料は使用して
おりません」などと記載されているものもあるんですね。

でもなぜか、「PH調整剤入りのおにぎりです」とは、別記されて
いませんでした(笑)。

なぜなのでしょう。

              (後略)

★すみません。
 面白い内容なので、本当は、全部ご紹介したいのですが……(笑) 。





______________________________


  ★お申し込みフォーム★

  ~ご希望のかたは、下記からどうぞ!~

______________________________


     「いのち運転“即実践”マニュアル」第22話
        専用ブログ→ https://goo.gl/kFISjm

     =====================

     「短縮版」読者、割引き価格→ 2422円

     「完全版」読者、割引き価格→ 2179円

     =====================

(現在、専用ブログでの公開価格は、「2922円」となっています。
 下記の提供期間以外は、そちらからお求め下さい。

 期間内の場合は、このメルマガに戻ってきて下さい。
 そして、下記のフォームからご連絡下さい。そうでないと、公
 開価格のままですので……)



             割引提供期間
             ↓ ↓ ↓
===============
        4/17(水)~4/22(月)
===============


  ★第22話お申し込みフォーム

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S24877103/
            
 割引期間以外の場合は、上記の「専用ブログ」でお求め下さい。


皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょに歩いて下さい。

お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/16(火)◆この131種類のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム以上含まれる「レッドゾーン」でした

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月16日(火)号
            No.3403

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





     ▼4月の読者の会に、ご招待します▼

~お茶飲み会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!~


 ・日時:4/20(土)、13:30~15:00
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
   らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   ぼくと膝(ひざ)を交(まじ)えて、お茶でも
   ……いかがです?

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。


【1】土曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。(今回は「昨日の月曜日に」書きました)

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    じつは……(笑)。

    今日も(昨日のことですが)たまたま、このスタバ
    に寄るハメになりました。

    別にぼくは、この店が気に入っているわけでもなん
    でもないのですが、ほかの用事や時間や場所など、
    さまざまなことを考慮して、立ち寄る店が決まって
    しまいます。

    昨日は、そうなりました。

    ところが、もう笑うしかないのですが、ぼくが「ス
    トロベリーベリーマッチフラペチーノ」についての
    原稿を書いている最中、ふと目を上げると、ちょう
    ど目の前のカウンターに3人の女の子が座り、ぼく
    のほうを見ながら、それを食べているんです(笑)。

    ええ?

    なんて、ぼくは思わず心の中で声を出しました。

    いやあ、驚きましたね……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、月火水に掲載! ぜひどうぞ):

    ★「外食の裏側!」第1指南~第11指南

     それでも外食が止められないあなたに贈る「メ
     ニュの食べかた」。もちろん、自炊にこそ、大
     いに役立ちます!

これをコピーして、外食する場合に持参してい
     る人もいるようですよ(笑)。








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、土曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

  「短縮版」読者のかたは初めての文章になりますので、
  どうぞ、じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が、面白い。
 
___________________________


      先日の……4/15(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
 スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、
      長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!

~他国より200倍も多い「衝撃ネオニコチノイド系農薬」で
 染まったイチゴを使い、1杯に小さじ25杯もの砂糖を使
 うドリンク類。スタバに問う、日本人を壊したいのですか~


            (前略)


この131種類のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム
以上含まれる「レッドゾーン」。

そして、35%のドリンクは小さじ9杯を超える砂糖が入っ
ており、「コカ・コーラ」の缶1本分を超える量だとのこと
(小さじ1杯の砂糖は、だいたい5gほど)。

しかし、この報告書の中で「最悪の違反者」という評価が下
されたドリンクがあります。

もう、皆さんご想像のとおり、このスタバです。

先述したスタバの「Grape Mulled Fruits」というスパイス入り
のホットドリンクが、「最悪の違反者」……だったんです。

つまり、この中には、先ほども述べましたように、なんと砂
糖小さじ25杯分に相当する砂糖が入っていたとのことなん
ですね。

25杯です!

コカ・コーラ」と比べても、約3倍の砂糖が含まれている
ということになります。


            (後略)


             ★★★


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


じつは……(笑)。

今日も(昨日のことですが)たまたま、このスタバに寄るハ
メになりました。

別にぼくは、この店が気に入っているわけでもなんでもない
のですが、ほかの用事や時間や場所など、さまざまなことを
考慮して、立ち寄る店が決まってしまいます。

今日は、そうなりました。

ところが、もう笑うしかないのですが、ぼくが「ストロベリ
ーベリーマッチフラペチーノ」についての原稿を書いている
最中、ふと目を上げると、ちょうど目の前のカウンターに3
人の女の子が座り、ぼくのほうを見ながら、それを食べてい
るんです(笑)。

ええ?

なんて、ぼくは思わず心の中で声を出しました。

いやあ、驚きましたね。

             ★★★

彼女たちが手に持っているのは、まさしくこの「ストロベリ
ーベリーマッチフラペチーノ」で、2種類のうち……ホワイ
ト(白色)のほうの商品でした。

ちょうどそのとき。

ぼくはフェイスブックに、この「ストロベリーベリーマッチ
フラペチーノ」の写真をアップして、それについての原稿を
書いていたんです。

まさか、その商品の現物が、ぼくの数メートル先のところに
あり、しかもそれを食べている実際の光景があるとは……。

もう笑うしきゃありません。

もちろん、彼女からはぼくのパソコンの画面は見えません。
だって、反対側ですし……。

しかし、ぼくのパソコンの画面には、その商品が映っている。

まあ、こういう偶然も、もあるんですね。

             ★★★

でも、昨日もまだ、レジには大勢の人たちが並んでいました。

そして、この商品を手に持って、外へ出て行く女性も多かっ
た。

不思議に、男性はいないんですね。

男たちはみな、いつも飲むものを飲んでいるようでしたが、
女性たちはなぜこうしたイベントやCMなどに影響を受ける
のでしょうか。

そして、スタバは、うまくこうした女性たちだけを狙ってい
るようです。

まあ、そうでしょうね。
ぼくのようなオッサンを狙っても、誰もわざわざ寄ってはく
れませんし(笑)。

             ★★★

でも、とくに若い女性たちは、未来の日本人を生む可能性も
あるわけですから、ぜひ真剣に考えてほしい。

そんなことを考えながら、前に並んでいる3人の顔を眺めて、
ぼくはそう思っていました。

きっと、彼女たち。

「ねえねえ、あのオッサン。

さっきから私たちのほうばかりジロジロ眺めているわよ。

そうか。
きっと、このストロベリーベリーマッチフラペチーノがほし
いのかもね。

どうも、そのような間の抜けた顔しているもの……」

……なんて、思っていたのかもしれません。

             ★★★

そうかなあ。
そんなに、欲しそうな顔をしていたかなあ(笑)。

でも、ぼくなど、こうした白い生クリームがいっぱい詰まっ
ている飲みものを見るだけで、「オエ~ッ」となってしまう
んです(お店のかた、ごめん。笑)。

よくあんなもの、彼女たち、嬉々(きき)として口に入れま
すよねえ。

しかも今回「完全版」で述べましたように、砂糖の量は半端
(はんぱ)ではない。

上記の本文でも述べましたが、イギリスで調査した結果によ
りますと(「完全版」では詳しく述べましたが)131種類
のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム以上含ま
れる「レッドゾーン」。

             ★★★

そして、35%のドリンクは、小さじ9杯を超える砂糖が入
っており、「コカ・コーラ」の缶1本分を超える量だとのこ
とでした(小さじ1杯の砂糖は、だいたい5gほど)。

しかし、この報告書の中で「最悪の違反者」という評価が下
されたドリンクがあります。

もう、皆さんご想像のとおり、上記で述べたこのスタバの製
品なんですね。

砂糖が小さじ25杯ということは、大さじなら、8杯ほどで
すか。

あんなに大きな大さじで8杯も砂糖を入れた飲みものなんて、
いったい誰が飲むわけです?

……と思うのですが、これが売れている。

             ★★★

まあ、こうなると、地球の人口をナントカ少なくさせようと
いう「立派な意図」(?)でもなければ、こんな製品は販売
できないのじゃありませんか。

いくら店内を禁煙にしたとしても、こうした砂糖やカロリー
が多い商品を、平気で女子高生たちに提供すること自体、ぼ
くは犯罪じゃないかと思っています。

そう犯罪。

企業が行う犯罪にはいろいろな種類のものがあります。

ライバル企業の技術を盗んだり、原発を爆発させて放射性物
質を環境に撒(ま)き散らしたり、従業員を奴隷(どれい)
のように酷使(こくし)したり……。

でも、この食べものによる犯罪は、すぐに影響が出ないだけ
に、かえって重罪じゃありませんか。
違いますか。

少しはスタバも、反省してくれるかしらん。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「月火水」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

           ★「外食の裏側!」★

 それでも外食が止められないあなたに贈る「メニュの食べかた」
      自炊をする場合にこそ、大いに役立ちます!

           第1指南~第11指南

=======================



山田博士です。

今回のご案内は、「外食の裏側!」……です。

これ、全部で150頁にもわたる内容なのですが、なに、すぐに読
めてしまいます(笑)。

なにしろ、ぼく自身が難しい文章を読むのはイヤなものですから、
いつもサッと読めるものしか書かない。

ぜひ、今回もお楽しみ下さい。

ところで、外で、周囲を走り回っている小さな子どもは、本当に可
愛いものです。
そう思いませんか。

でも、そばにいる母親の表情はいつも暗い。

だって、子どもが心配で仕方ないですからね。
もう、ヒヤヒヤです。

第三人者の目から見れば、よその子どもは可愛いのですが、実際に
自分が子育てをしているとなると、そんな悠長なことを言ってはお
れません。

なにしろ、街は危ない。
なにしろ、人も危ない(笑)。

どこに何が潜(ひそ)んでいるか分かりませんからね。

              ★★★

子どもは甘やかしてもダメ。
かと言って、厳(きび)しくし過ぎてもダメ。
もう、本当に、「親業」という仕事は……大変です。

それぐらい、教育、そして躾(しつ)けとは、本当に難しいもの。

神様のような親なんて、どこにもいませんし……。

親だって、育児など、生まれて初めての体験ですし、子どもといっ
しょに自分も育って行くわけですからね。

そう言えば、ぼくが息子を育てたときも……ああしたら良かった、
こうしたら良かったなんてことがいっぱいでしたね。

何十年も経ったいま、反省しきりの毎日です。

でも、息子を育てていた当時、外食をする場合があっても、そのメ
ニュの選択権だけは、本人に絶対渡しませんでした。

「おい、何食べるう?」
……なんてことは、絶対、しませんでしたね。

だって、子どもに、そのメニュの内容や意味が分かりますか。

それが海の向こうから届き、「遺組み」(遺伝子組み換え)であるも
のなのか。
そして、それが日本人の息子の心と体にあったものかどうか。

そんなこと、子どもに分かるはずもありません。
親だって、あらかじめ情報をつかんでいなければ、さっぱり分から
ないわけですからね。

当時、食べもの以外の服や靴やオモチャなどは、息子に好きなもの
を選ばせましたが、食べものだけは、親が両手を広げて「必死にな
って」選んでいました。

              ★★★

今回の「外食の裏側!」全11指南……。

当時、この「外食の裏側!」全11指南があれば、どれだけ良かっ
たことか(笑)。

ぜひ、子どもだけじゃなく、ご自分の外食のときにも、参考になさ
ってください。
この中には、ぼくが育児当時、必死になって学んでいたことが詰ま
っております。

いま、そういうこともあってか、この「外食の裏側!」全11指南
をプリントアウトして、持ち歩いているかたもいらっしゃるとか。

と同時に、ご自宅で包丁を握るときに、この中身は凄く役立ちます。
社会に出られる子どもさん家庭などにプレゼントされるのもいいか
もね。

さあ、下記を、どうぞご覧下さい。





=======================

            全11指南の目次

 ~なんと、全頁で「150頁」ですぞ!もう何をか言わんや~

=======================



★第1指南
   ~~和食でも、強力な発ガン物質を生むこの「食べ合わせ
     だけは避けなさい~~

★第2指南
   ~~濃い茶色ばかりがメニュに載っていれば席を立ちなさい。
     心臓リスクを高めます~~

★第3指南
   ~~濃い緑色がメニュにほとんどなければ席を立ちなさい。
     赤い血液を作ります~~

★第4指南
   ~~このようなアレルギーを起こす物質や脳や目への影響が
     あるものは避けなさい~~

★第5指南
   ~~パスタやパンや中華麺より、ご飯が中心になっているメ
     ニュを選びなさい。なぜなら……~~

★第6指南
   ~~そのメニュに、乳製品を使っているものが多ければ、極
     力避けなさい。なぜなら……~~

★第7指南
   ~~行動を粗暴にさせる砂糖への配慮がされているかどうか
     チェックしなさい。なぜなら……~~

★第8指南
  ~~「遺組み」の心配がないものをこうして選びなさい。で
     なければ、抗生物質の耐性が強まって、薬も効かなくな
     ります~~

★第9指南
  ~~「環ホル」の心配がないものをこうして選びなさい。
     でなければ、子どもが出来にくくなり、前立腺ガンや
      乳ガンの心配が強まります~~

★第10指南
   ~~その店の窓から外をのぞきなさい。メニュの食材の故郷
     (ふるさと) がそこに見えますか~~

★第11指南
   ~~そのメニュの食材の声を聞きなさい。食べる寸前 までい
     のちが宿っていましたか~~





=======================

   ★そこで、作品の一部をご紹介しましょう!★

=======================
   (今回の見本はこれにしました。どうぞご覧ください)



  ★第9指南★

~~「環ホル」の心配がないものをこうして選びなさい。
     でなければ、子どもが出来にくくなり、
   前立腺ガンや乳ガンの心配が強まります~~

     (注:「環ホル」とは、環境ホルモンのこと)


              (前略)


 中でも日本人男性の精子の少なさが気になります。 

 じつは最近、日欧の国際共同調査で分かったことなのですが、日
欧5カ国の中では、日本人男性の精子数が「最低だった」んですね
(出所:「日本医師会誌」2006.5号)。

 この日本での調査は、神奈川県の病院を訪れた20歳~44歳の
男性324人(平均年齢32.5歳)の精液を採取した結果なんで
す。

 フィンランドを147とした場合、日本は100ということでし
た。
 フィンランド男性の精子の約3分の2しかない、ということにな
りますね。

 一方、日本では1990年代から、とくに精子数の減少が目立ち
始めたという報告もあります。

 これは慶応大学での調査なんですが、ここの病院では不妊症の夫
婦のため、健康な男性から提出された精子を、ずっと登録してある
んです。

 その中の6048人(18歳~25歳)の精子を調べたというわ
けですが、その結果、1970年から1998年までの28年間で、
精子の数が約1割減少していたと言います。

 つまり、1970年代には6500万個/ml、1980年代に
は6300万個、1990年代には6000万個を割り込んだ、と
言うんですね(出所:「琉球新報」1998.7.10夕刊)。

 しかも1990年代に入ってから、精子数の減少がより目立つ傾
向にあるとのこと。

 長い人類の歴史の中で、ずっと一定だった精子の数が、ここ最近
10年ごとに減少しているなんて、これはどういうことなんでしょ
うか。

              (中略)

 それがこのメニュ選びとどのように関係があるの、っていう声が
聞こえてきそうで……(笑)。

 じつは、ぼくたちがふだん口にしているメニュの中身に、いま述
べたような精子を殺す作用があるものがあるんです。

 これらは男性だけへの影響じゃなく、もちろん女性の体にも、乳
ガンや卵巣ガンなどを作る深刻な影響を与えます。

 その犯人の名前は、もう皆さんどこかでお聞きになったことがあ
るでしょうが、環境ホルモン(以下、「環ホル」と略)というもの
なんですね。

 正式な名称は、「外因性内分泌かく乱物質」という、ぼくたち
の頭を「かく乱」させてしまうような、ややこしい名前なんですが、
何のことはない、体の外、つまり環境にある物質が原因で、体の中
の血液や体液に分泌するホルモンをかく乱させるもの、という意味
なんですね。

 つまり、甲状腺とか脳下垂体などから分泌されるホルモンをか
く乱させるわけなんです。

 いままでは、まさか外部からそんな重大な影響があるとは思いも
寄らなかったのですが、こうした「環ホル」が、結果として精子
減少させることがだんだん分かって来ました。

 どういうものがその「環ホル」かと言えば、まず多くの農薬があ
げられるでしょうね。

 環境庁(現、環境省)が1996年に出した報告書の中では、約
6割が農薬でした。

 先述したように、多くの食材が外国から運ばれている現状では、
ぼくたちの知らない農薬の洗礼を受けたものが外食には多く使われ
ています。

 農薬の心配のない本当の有機農産物を選ぶことが、その意味から
も今後は非常に大切になることでしょうね。
 メニュに、しっかりそれらが記載されていることが第一です。
 どこで穫れたか分からない食材は、そのほとんどが輸入ものだと
思って下さい。

 いまの時代、店側は他店との競争から、少しでもアピール出来る
ことはしたいわけですから、もし国産ものを使っている場合には、
必ずメニュにその旨が書かれているはずです。

 どうぞ、目を凝らして、メニュの文字をのぞいて下さい(笑)。

              (後略)



★……とまあ、このような文体ですが、皆さんがまったくご存じな
 い事実を「涼しい顔をして」具体的な数字を挙げて縷々(るる)、
 述べております(笑)。

 上記は、ホンの一部分だけですが、ぜひ参考になさってください。





______________________________

           ★お求め方法★
______________________________



  下記の専用ブログの中にある大手ASPからお求め下さい。

              ↓ ↓ ↓
        専用ブログ→ https://goo.gl/SOcZi6

         現在の価格→ 3880円

(なお、「完全版」読者のかたは、お手数ですが、事務局までご連
 絡下さい。そのメッセージ欄に、私は「完全版」読者ですが、
 4/16号を見ました。「外食の裏側!」を希望します……と、
 ご記入下さい)

  連絡、お待ちしています。

  プリントアウトされて、何度もご覧いただくようにされると、
  より役立つかと思います。

今後とも、どうぞ、メルマガを楽しんでください。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/15(月)◆スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月15日(月)号
            No.3402

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





           ▼お知らせ▼

~先週土曜日を休刊したため、本日は、その代替号となります~





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿。後日、
   概略などを付け、電子本として公開する予定です:

     (毎週「土曜日」を、どうぞお楽しみに!)
   ~本日は、先週土曜日に休刊した内容となります~

   スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」
   に、長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の水曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   ★マーガリンを、なぜ虫たちは避けるのだろう!
    トランス脂肪酸の少ない植物油はこれだ
       (「即実践”マニュアル」第21話)








___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「土曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

___________________________


  後日、概略などを付けて、電子本として公開する
  予定です(まだ、未定です)。

  ただ、読者のかただけには、公開前にいち早く
  こうして、ご案内しています。



  【タイトル】
===========================


 スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、
      長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!

~他国より200倍も多い「衝撃ネオニコチノイド系農薬」で
 染まったイチゴを使い、1杯に小さじ25杯もの砂糖を使
 うドリンク類。スタバに問う、日本人を壊したいのですか~


===========================


           【目次】


★(第1章)

店員さんが話してくれた結果によりますと、「ストロベリー
ベリーマッチフラペチーノ」というのが発売されたようで、
それを求めて女子高生たちがレジに並んでいたんですね。ぼ
くは「へえ、イチゴの……」と驚いた顔をしながらも、じつ
は頭の中では、もう「ショック状態」でした……

★(第2章)

先述しましたように、このイチゴは、農薬の使用回数が多い
ことについては、いわば業界(農家)では常識なんですね。
たとえば、生産量第1位の栃木県の年間平均農薬使用回数は、
なんと52回!第2位の福岡県では、63回……

★(第3章)

それに、この「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」の
カロリーも、並大抵ではない。なんと「442kcal」……も
あります! これ1杯で、おむすび2個半~3個ほどのカロ
リーなんですね。そこの女性サン、えっと……いつも確か、
ダイエットトカナントカ騒いでいらっしゃるようですが……

★(第4章)

スタバの「Grape Mulled Fruits」というスパイス入りのホット
ドリンクが、「最悪の違反者」……だったんです。つまり、
この中には、なんと小さじ25杯分に相当する砂糖が入って
いた。これ、コカ・コーラの約3倍となります……


              ★
              ★
              ★



★(第1章)

店員さんが話してくれた結果によりますと、「ストロベリー
ベリーマッチフラペチーノ」というのが発売されたようで、
それを求めて女子高生たちがレジに並んでいたんですね。ぼ
くは「へえ、イチゴの……」と驚いた顔をしながらも、じつ
は頭の中では、もう「ショック状態」でした……



東京・お茶の水

駅から5分ほど歩いた場所に、日本上陸2番目にできたとい
スターバックス(以下、スタバと略)というカフェがあり
ます。

予備校や美術学校などが近いためか、いつも若者たちで混ん
でいて、ぼくが、昔々学生時代だった当時の「喫茶店」のよ
うな雰囲気です。

そう言えば、学生のころ。

仲間たちと授業にも出ず、「喫茶店」(この言葉、いまでは
言われなくなりましたね。当時、ぼくたちはサテン……と言
っていたのですが)で、1杯のコーヒーを飲み干さず、ネチ
ネチとよく粘(ねば)ったものでした。

当時のお店のかた、ご免なさい!

そして、社会がどうの、政府がどうの、哲学がどうの、女性
がどうの……なんて、まだまだ社会も何もよく分からないま
ま、口角泡(こうかくあわ)を飛ばしていたものです。

そう言えば、あのころのみんな、いまどうしているかなあ
(ふと、両ひじを突いて、窓から遠い空を見上げ、ゆっくり
流れて行く雲をうっとりと眺める仕草)。

まあ、いずれにしても、このスタバ。

日本に上陸した当時は完全禁煙も珍しく、BGMなども静か
なため、ぼくも、時々、ここで原稿を書いたりしていたこと
がありました。

ただ、もし本当に客の健康を考えて完全禁煙などにしていた
のだとしたら、今回の「この企画」は、何なのでしょう。

もしかすると、この企業は、本当に客の健康など1ミリも考
えていなかったのじゃないか……。
完全禁煙も、飲食物を多く売るためだったのじゃないか。

そう思ってしまうような出来事に、ぼくはア然としました。

まあ、利潤を追求する企業なんていうものは、どこも多かれ
少なかれ、そうかもしれませんが、ぼくなど、それが分かっ
ていながら、でも……と、一縷(いちる)の望みを持ってし
まうのです。

「この企画」が何なのかと言いますと、つい先日、たまたま、
ぼくの最寄り駅近くのSC(ショッピングセンター)の中に
あるスタバに立ち寄ったことがありました。

さあ、ここで、もう一踏ん張りをして原稿を……と、腕まく
りをしながら勇んで店に入ったのですが、レジの前はズラリ
と女子高生や若い女性たちばかりが並んでいます。

はて……なんだろう?

ぼくは席を確保するほうが大事なので、不思議に思いながら
も、とりあえず席を確保して、パソコンを取り出しました。

でも、奥は結構、空席があるんですね。

そうすると、いったい、あそこで並んでいる人たちは、いっ
たい何のために並んでいるのか。
席も確保せずに……。

なんて漠然(ばくぜん)と思いながら、ぼくはパソコンを取
り出して夢中になって原稿を書いていました。

しばらく忘れていたのですが、「あ、そうか。何か注文をし
ないと店員さんに叱られるしなあ……」なんて思ってレジを
見たのですが、まだ長く並んでいます。

もう40分ほど経っています……(笑)。

仕方なく、ぼくは飲まず食わずで、その席でパソコンに向か
っていました。

まあ、別に食べることなどあまりしないのですが、ただ、こ
の店は不思議なことに、ほかの店には置いてある「お冷や(水
のこと)」が置いてないんですね。

外国とは異なり、日本国内は水が豊かなのですから、なぜ郷
(ごう)には入れば郷に従わないのでしょうね。
無料で出せばいいのに。

でも、無料の水なんか出さないほうが、新たにドリンクを注
文してくれるかもしれん……という魂胆(こんたん)がある
のかもしれません。

もしそうだとすれば、あまり客思いではない店ということに
なります。

途中で退席をしようかと思ったのですが、せっかくだから、
何も注文しないで仕事をすればタダだしなあ、しめしめ、こ
のままで……と、心を決めました(笑)。

ところがふと見ますと、列が短くなっているじゃありません
か。

こうなれば、やはりレジに行かないと、ぼくは不法侵入にな
ってしまいます。
やれやれ、仕方ないわい……と思いながら立ち上がり、レジ
に並んだのです。

そして番がやってきたとき、レジの女性店員さんに「さっき
の長い列、いったい、あれは何なの? いつもこうだっけ?」
……と尋ねてみました。

店員さんは「すみません。お待たせして。じつは……」

と、話してくれた結果によりますと、なんか、「ストロベリ
ーベリーマッチフラペチーノ」というのが発売されたようで、
それを求めて客が並んでいたんだというわけですね。

昨年も、いまごろの時期(4月ごろ)、そうだったようです。
持ち帰りのテイクアウトが多いようですね。
だから、席は空いていたのです。

ぼくは「へえ、●●の……」と言葉では驚いたような顔をし
ながらも、じつは頭の中では、もう「ショック状態」でした。

このイチゴについては、以前、ぼくの電子書籍「社会の裏
側!」第100巻でも詳しく述べました。

そのため、もう皆さんはぼくの気持ちを少しは汲(く)んで
いただけるとは思うのですが、このイチゴに使われている、
いま世界的に一番深刻な問題になっている「ネオニコチノイ
ド系農薬」の顔を……思い浮かべていたのです。

そう、「ネオニコチノイド系農薬」……。

こんなものでぞんぶんに染まったイチゴを、女子高生たちが
嬉々(きき)として、わざわざ長い列まで作って買い求めて
いる。

いったい、この現実を、ぼくはどうしたらいいのだろう。

そのため、今回、この欄を借りて、皆さんにお伝えしたいと
思ったのです。

そして、スタバに、真剣に問いたい。
いったい、キミたちは、日本人を壊(こわ)したいのか。

キミたちが日本に上陸したあと、これだけ多くの日本人が、
まがりなりにも貴店を利用しているというのに、そうした行
為をまったく顧(かえり)みずに、 ただただ「恩を仇(あ
だ)で返す」とでも言うのかどうか。

ぼくは、スタバに、強くそう問いかけたいと、思っておりま
す。

ところで、次の章で、日本での「イチゴの深刻な農薬汚染」
について、改めて、「軽~く」述べておきます。

もし、イチゴの衝撃的な問題について詳しくお知りになりた
いかたは、先述した「社会の裏側!」第100巻を、どうぞ、
ご覧下さい。詳しく述べてあります。

  「社会の裏側!」100→ https://bit.ly/2QALbTK

このイチゴは、農林省(当時)の役人でさえ、自分の身内に
は絶対に食べさせなかったものなんですね。

なぜかと言いますと、つまり……。



★(第2章)

先述しましたように、このイチゴは、農薬の使用回数が多い
ことについては、いわば業界(農家)では常識なんですね。
たとえば、生産量第1位の栃木県の年間平均農薬使用回数は、
なんと52回!第2位の福岡県では、63回……



じつは、農作物の中で、「無農薬栽培」が一番難(むずか)
しいと言われているものが、この「イチゴ」なんですね。

そのため、農薬の使用回数が多いことについては、いわば業
界(農家)では……「常識」なんです。

なのに、そうした農薬でドップリ染まったイチゴのドリンク
を、若者たちに平気で提供する。

しかも毎年、4月ごろに定期的に……。

これって、未来の日本人を壊すことにつながりませんか。
日本の将来が消えてしまうことになりませんか。

とくに、女子高生たちが好んでこのドリンクなるものを体に
取り込むとすれば、将来の日本はどうなります?

溌剌(はつらつ)とした女子中学生や女子高校生たちが大好
きなぼくは、とくにそのあたりが心配なんです。

そのため、今回、緊急にこの原稿をまとめました。

スタバは、今回のこの問いに、ぜひ答えて下さい。
なぜ、毎年のように、このイチゴという農産物をわざわざ使
って、若い女性たちの未来を壊すのか。

何か、別に意図があるのかどうか。

スタバが、イチゴにこうした衝撃的な農薬が使われているこ
となど、まったく知らなかった……とは言わせません。

欧州あたりでは多くの研究結果があり、多くの人たちがその
ために反対運動をしております。
よもや、貴社の誰もがこうした現実に気づかないはずがあり
ますまい。

ましてや食べものを扱う貴社です。

ただ単に儲けるためだけじゃなく、それを利用する客の健康
を、まず一番に考えてほしい。
それこそが、貴社の存続のためにもなるわけですね。
客がいなければ、店も続かない。

先述しましたように、このイチゴは、農薬の使用回数が多い
ことについては、いわば業界(農家)では常識なんですね。

たとえば、生産量第1位の栃木県の年間平均農薬使用回数は、
なんと52回!

第2位の福岡県では、63回。

長崎県では、65回……となっています。

いやあ、凄(すご)い回数ですよね。

日本国内では、南のほうへ行くほど、農薬の使用回数が多く
なる傾向があるようですが、温度が温かい分、傷(いた)み
やすいからなのでしょうか。

それにしても、凄い回数(もちろん量も)です。

そこで、ちょっと、隣の国、台湾と比べてみましょうか。
もっと南の国です。
さぞや、日本より農薬の使用量は多いのでしょうね。

日本の「イチゴ」の残留農薬基準値(成分ピメトロジン)は
ppmでした。

ところが台湾は……0.01ppm

ん?
台湾のほうが、規制がきつい?

ちょっと計算してみて下さい。
つまり、日本は、台湾より「200倍も農薬を多く使ってい
い」というわけですよね。

気温が暑ければたくさん使うというのなら、確か、台湾のほ
うが……日本よりはずっと温度が高いような……(笑)。

これは、いったいどういうことなのでしょう。

これを見ますと、ただ単に気温だけじゃないのかもしれませ
んね。
日本政府の農薬姿勢によるわけです。

これを見ますと、台湾では、日本とはもう比べようがないほ
どの農薬量の少なさですが、そのためもあり、いま台湾では、
日本からの農産物が「大量破棄」されていると言います。

どれもこれも、向こうの農薬残留基準に達していないという
わけなんですね。

日本は、先進国でござい……なんて、世界に向けて発信して
います。
なのに、この現実。
これって、いったい何なのですか。

台湾のほうが、自国民の健康を守っていて、ずっと「先進」
している……じゃありませんか。

こんな恥ずかしいことって、ありますか。

日本の政府は、日本の国民の将来を本当に考えているのかど
うか。

現在、日本でよく使われている農薬は、下記の3種です。

つまり、「グリホサート系」、「ネオニコチノイド系」、
有機リン系」の3種類。

この「グリホサート系」は、草が育つのに必要なアミノ酸
成を止めてしまって、枯らせる農薬。

2015年の3月、世界保健機関(WHO)傘下の国際がん
研究機関(IARC)が、世界中で広く使われている除草剤
「グリホサート」(商品名ラウンドアップ)を、発ガン性評
価基準のグループ2A(人に対しておそらく発ガン性がある)
と発表しています。

これは、言わずもがな、「遺組み」(遺伝子組み換え)の農
産物に使われる除草剤ですよね。

もちろん……あのモンサント社の製品(笑……あ、笑う場所
じゃありませんでした)。

そして、「ネオニコチノイド系」は、それを食べた虫の脳に
作用して神経を興奮させて、虫を殺す農薬。

有機リン系」は、神経系や呼吸器系に作用して虫を殺す農
薬。

これらの3種類が、いまの日本では多く使われているのです
が、中でも、いま一番注目を浴びているのが、この「ネオニ
コチノイド系農薬」。

これらが、日本の国産農産物に、ジャブジャブ使われている
……。

もう、想像以上です。

EU諸国は、この「ネオニコチノイド系農薬」を、「予防原
則」に基づいて、かなり早期から、ハチへなどのリスクを考
えて取り組んできました。

日本とは、その点で、かなり異なっているんですね。

欧州では、ミツバチのために、3種類のネオニコチノイド
農薬を、突然禁止することになりました。
2013年の、12月1日からです。

この素早い動きは、いったい何なのでしょう。

この3つとは、イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメ
トキサム……のこと(おっととと、舌を噛まないで下さい)。

まあ、すべてがカタカナ名ですので(笑)、別に覚えていた
だく必要はありませんが、だけど、この「ネオニコチノイド
系農薬」という名前だけは、ぜひ覚えておいて下さい。

この「ネオニコチノイド系農薬」は、今後、必ず、頻繁に出
て来るキーワードになります。

なぜなら、日本では、いままでの有機リン系農薬に替わって、
これがどんどん使われ始めているからなんですね。

ちなみに、この「ネオニコチノイド系農薬」が従来の殺虫剤
と大きく異なるのは、「ニコチン性アセチルコリン受容体」
というタンパク質に作用する点でしょう。

この受容体は、昆虫では中枢神経(ちゅうすうしんけい)系
にあり、人間を含めた哺乳(ほにゅう)類では中枢神経系や
自律神経節(じりつしんけいせつ)、白血球などに存在して
います。

そのため、昆虫の神経を壊す「ネオニコチノイド系農薬」が
人間の健康に影響するのは当然だと考えるのは、いわば自然
でしょう。

まさか、特定の人間を、この「ネオニコチノイド系農薬」漬
けにして人体実験をするわけにはいきませんしね。

そのためもあり、欧州の先進国では、この「ネオニコチノイ
ド系農薬」への猛反対の動きが盛り上がったわけです。

そして、その対策が行われた。

それほど、すさまじい影響を自然界に与えるものなんですが、
日本の行政は、上記でも述べましたように、なんとも呑気
(のんき)。

ところで、下記は福岡県の資料です。

でも、日本の農産物全体の農薬使用の現状を、垣間(かい
ま)見ることができるじゃありませんか。

それによりますと……。

2016年6月現在の、農産物別の1年間での農薬使用回数
は、下記のとおり。

イチゴが、63回、
パプリカが、62回、
ナスが、59回、
キュウリが56回、
トマトが、54回、
ミニトマトが、53回、
ニラが、36回……。
ちなみに、「米」は18回です。

まあ、これを見ますと、今回のスタバの「ストロベリーベリ
ーマッチフラペチーノ」のイチゴ。

このイチゴの農薬回数の多さが目立ちますよね。

以前にもメルマガで述べましたが、20代のころ、取材で会
った農林省(当時)の役人が、雑談の中で、いみじくも言っ
たこと。

「ハハハ……山田サンねえ。私はねえ。家族や知人たちに
は、絶対にイチゴだけは食べるんじゃないよと、伝えてある
んですよ。だってねえ……」

当時も、もちろんいまと同様に強い農薬が農産物には使われ
ていたのですが、とくにイチゴは凄(すご)かった。

だって、そのイチゴ、誰が皮をむいて食べますか。
そのまま口に放り込むわけですよね。

しかも、あのイチゴには、ツブツブの種が一杯あり、その種
のくぼみに農薬が溜(た)まりやすい。

そして、イチゴは、とくに、洗うと傷(いた)みが早いため、
鮮度を落とさないためにも「洗わないでそのまま使用されて
いる」……という裏事情もありました(あくまで裏事情で
す。笑)。

まあ、すべてがそうと言えないかもしれませんが、そういう
イチゴが使われているかもしれないというわけですね。

そして、そのような農薬まみれのイチゴを使った、スタバの
「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、冒頭に挙げ
たように女子高生たちが群がっている。

この現実を、あなたなら、どう思います?



★(第3章)

それに、この「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」の
カロリーも、並大抵ではない。なんと「442kcal」……も
あります! これ1杯で、おむすび2個半~3個ほどのカロ
リーなんですね。そこの女性サン、えっと……いつも確か、
ダイエットトカナントカ騒いでいらっしゃるようですが……



ところで、問題の、スタバの「ストロベリーベリーマッチフ
ラペチーノ」とは……なんぞや(笑)。

ベリーマッチ……らしいので、きっと素敵なものなんでしょ
うね(笑)。

いや、ぼくもこんな商品には当初、関心も無かったのです。

でも冒頭で述べましたように、その店で、飲まず食わずにさ
せられたため、仕方なく、その存在を知ったわけなんですね。

2018年に「イチゴ過ぎるイチゴ感」だとして反響を呼ん
だと言われるこの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」。

今回、いわゆるマイナーチェンジをして販売されたようです。

2019年の4月11日より、2種類が販売されました。
ぼくがたまたま立ち寄ったのが、4月12日。

今回は、レッドとホワイト……という2種類だったようです
よ。

価格は640円(税別)。
う~むむむ、少し高いなあ。
こんな高いものを高校生たち、よく買えるねえ。

「税別」だし……。

それに、この「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」の
カロリーも、並大抵ではない。

公式サイトによっても、なんと「442kcal」……もありま
すから!

おむすび1個が、200kcal弱ぐらいでしょうから、これ1
杯で……2個半もあります。

こんなものをご飯替わりに飲む人はいないでしょうから、こ
れをしっかり体に入れたあと、きっと3食をしっかり食べる
のでしょうね。

すると、そこの女性サン……(省略)。






             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略して、約半
 分の量にしています。少しでもお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★






それしか解決方法はありません。

そしてイチゴが農薬にまみれていることとか、「ネオニコチ
ノイド系農薬」がどういうものなのかとか、日本の農薬基準
が外国と比べてどうなのかとか、お米の問題、パンの問題
……。

さまざまなことを、子どもがまだ小さなときに、話すことで
す。

そして、親自身がそういう行動をして、自分の背中を子ども
に見せつけること。

それしか、その対策はありません。

ん?

あそこのスタバのレジに、「ストロベリーベリーマッチフラ
ペチーノ」を買うための行列ができているようだぞ。

そして、その中には、若い母親と子どもがいっしょに笑顔で
仲良く並んでいる光景が……。

う~むむむ。

もう、このあたりでぼくは引っ込みます(き、気力が……)。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士




           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「ぼくは『へえ、●●の……』と言葉では驚いたような顔
  をしながらも、じつは頭の中では、もう『ショック状態』
  でした」

     【選択語句→ ダンゴ、イチゴ、サンゴ】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
           答え→ イチゴ


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の水曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________



      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
=======================

    ★「いのち運転“即実践”マニュアル」第21話

  マーガリンを、なぜ虫たちは避けるのだろう!トランス脂肪酸
           の少ない植物油はこれだ

 ~アメリカのFDAが、毎年数千件の心臓病発作を防ぐとして、
  トランス脂肪酸を全面的に禁止した。はて、日本では?~

=======================


              ★目次★


【はじめに】 

なるほどねえ。便利な食べものは、じつは「不便なものだったんだ」
ということが、よく分かりました。でも、日本の政府はいかにも
呑気(のんき)なもので……

【第1章】

でも、これらの匂いの物質が、アトピー性症状を強めたり、年間で
数千人もの心臓病を引き起こしていると知ると、「息を止めて我慢
している」ヒロちゃん……なんて騒ぎじゃなくなります(笑)……

【第2章】

だから、ぼくたちの周囲に溢れているコンビニやスーパーで売られ
ている加工食品や外食のメニュなどは、みなこのトランス脂肪酸
使っているということになります……

【第3章】

これらのトランス脂肪酸は、先述したような心臓病へのリスクだけ
じゃなく、神経回路や脳にも直接なダメージを与えます。しかも、
うつ病や糖尿病や心臓発作や攻撃的な性格、そして不妊症など、さ
まざまな問題の原因になるわけですね。いやあ、本当に、凄いもの
です……

【第4章】

虫さえ避けるマーガリン。数年置いておいても、カビさえ生えない
プラスチックの塊(かたまり)のようなマーガリン。でもこの日本
では、学校給食にさえ、このマーガリンが今日も平気な顔をして出
されております……

【第5章】

しいて挙げれば、いまのところ、オリーブオイルやココナッツオイ
ルぐらいでしょうか。ただ、外食店などでは、これらは高価なこと
もあり、あるいはクセがあったりして、あまり使われておりません。
せめてご自宅で使うときぐらいは、このような油を少量だけ使うと
いいかもね……

【第6章】

タレントの山田まりやさんが、自分はクローン病の疑いがあったこ
とを告白していましたが、いまずいぶん広がっているこのクローン
病の原因の一つに、このトランス脂肪酸が挙げられています。だか
らドイツでは……

【第7章】

さてっと、それじゃ使うとすれば、どういう植物油がいいのでしょ
うか。少し考えてみましょう。ただ、いいと思われているこの油も、
ここだけは注意なさって下さい。じつはいま、トランス脂肪酸が添
加された油が出回っております。なんと、ニセモノ油が……



           ★お求め方法★

   下記の専用ブログの中にあるASPからお求め下さい。
              ↓ ↓ ↓
=======================

    ★「いのち運転“即実践”マニュアル」第21話★

  マーガリンを、なぜ虫たちは避けるのだろう!トランス脂肪酸
           の少ない植物油はこれだ

 ~アメリカのFDAが、毎年数千件の心臓病発作を防ぐとして、
  トランス脂肪酸を全面的に禁止した。はて、日本では?~

=======================

        専用ブログ→ https://goo.gl/mHZNPi

           公開価格→ 2921円

  ★もし、当事務局から直接に送ってほしい……というかた
   は、事務局までご連絡下さい。

 (お手数ですが、「完全版」読者のかたは、「4/15号を見ま
  した。第21話を希望します」と明記して事務局までご連絡下
  さい。事務局へのアドレスは、最後部分にあります)


  連絡、お待ちしています。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:4/12(金)◆読者からのお便り:まだ、日本の真の独立の道は廃(すた)れてないのだと願いつつ、応援しております…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

     ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月12日(金)号
            No.3401

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





           ▼お知らせ▼

   ~明日の4/13号(土)は、休刊いたします~


    いつも、メルマガをご覧いただき、ありがと
    うございます。

    喜んでおります。

    先日にも、ちょっとお知らせしましたが、ぼ
    くの親族が亡くなったため、本日の告別式に
    参加することになりました。

    そのため、明日の原稿が書けません。
    すみませんが、休刊させていただきます。

    ちょうど翌土曜日は、例の時事呆談を公開す
    る予定でしたが、いまの心境ではとても執筆
    することができません。

    月曜日にでも、その分を公開しようかと思っ
    ております(気持ちが落ち着いていたらの話
    ですが)。

    日本の各地は、このところ寒暖の差が激しい毎
    日です。

    皆さんだけは、どうかお元気でお過ごし下さい。

(山田)





     ▼4月の読者の会に、ご招待します▼

~お茶飲み会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!~


 ・日時:4/20(土)、13:30~15:00
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
   らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   ぼくと膝(ひざ)を交(まじ)えて、お茶でも
   ……いかがです?

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html





  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。


【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話ししてい
 ます(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1602

    まだ、日本の真の独立の道は廃(すた)れてないの
    だと願いつつ、これからも応援しております……

   (M.Tさん、愛知県岡崎市、男性、36歳、会社員)


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の月曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

    ★「山田博士のいのち吹き込み、生録(なまろく)
     30分!」お待ちかね、山田の音声作品です!
            (全5巻)
    (今回の見本は、第1巻「牛乳(乳製品)は、キ
    ッパリお止めなさい」








___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話しして
 います(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

      【イニシャルは、姓と名の順です】
        (例)美空ひばり→M.H



 ……………………………………………………………………
 ■No.1602

 まだ、日本の真の独立の道は廃(すた)れてないのだと
 願いつつ、これからも応援しております……

 ……………………………………………………………………
 (M.Tさん、愛知県岡崎市、男性、36歳、会社員)



いつも楽しく拝読させていただいております。

現状の日本を鑑(かんが)みると、諸外国から脅(おど)か
され、中からも蝕(むしば)まれているようなそんな気がし
て、国の行く末や自分達の未来が不安になることがあります。

しかしながら、山田様のような国士が一人でもいることがそ
ういう日本に喝(かつ)を入れるきっかけになったり、国が
どうあるべきかという未来像は、国家や政治家の問題ではな
く、国民の意識によるものだと感じるようになりました。

こういう事を声高らかに叫ぶと、いろんな外圧から潰(つ
ぶ)されるのでしょうけど。言論の自由はどこに行ったのだ
と叫ばざるを得ません。

幼い頃は、たった選挙の一票で、たった一人の力で何ができ
るのかと考えておりましたが、まず一人から変わらなければ
国は変えられないのだと今は思っています。

食、哲学、生き方、親、天皇、陰徳(いんとく)、利他(り
た)などありとあらゆるものが他国の侵略により排斥(はい
せき)されていったのだと思っていました。

でも、完全にはなくなっていないことが嬉しく思います。

まだ、日本の真の独立の道は廃(すた)れてないのだと願い
つつ、これからも応援しております。


         ■山田からのお返事■


Mさん、こんにちは。
山田博士です。

いつも、応援、ありがとうございます。

とてもぼくなど、「国士(こくし)」と呼ばれるような大層
な存在ではありませんが(笑)……、でもおっしゃるような
ことはいつも考えております。

なんとか、この日本の青い空は青いままで、いや、青くなけ
れば青くして……子孫たちに伝えたい。

いつもそう思っています。

そのためには、ぼくができることと言えば、やはり一番大切
な「心と体をまともなものにする」こと。

これが歪(ゆが)んでしまえば、政治も文化も技術も、みな
歪んでしまいますよね。

こうなれば、おっしゃるように、「日本の真の独立」は、あ
りえません。

             ★★★

もちろん、ぼくは、日本の文化に誇りは持ってはいますが、
だからと言って、過去の日本の文化や文明が100%いい
とも思いませんし、欧米やアジアの文化がすべて悪いもの
だとも思ってはいません。

要は、どういうものであっても、それを扱うぼくたち人間そ
のものの問題なんです。

ただ、諸外国にはない素晴らしい日本の歴史。

欧米や中国のように、同じ国にいる住民を殺戮(さつりく)
したり、その文化を破壊するような歴史はありませんでした。

しかも、日本の神々は、みな労働者だったわけですね。

そう、汗を出して働く労働は美徳だという信念は、そこから
来ているわけです。

欧米のように、労働は罰(ばつ)だ……という概念(がいね
ん)とは、その点、まったく異なっています。

みんなが力を合わせて働く……。

             ★★★

でも、こうした労働は美徳だ……という素晴らしい内容を、
いまや、企業たちは完全に壊してしまいました。

全国各地にブラック企業が出現し、従業員たちには「サービ
ス残業を」だなんて押しつけるような風潮が広がってしまっ
たのです。

そして、小泉内閣のときに、すべての規制緩和がどんどんと
広がり、国民たちにとっての最後の砦(とりで)が一つずつ
取り外されてしまったわけですね。

これじゃ、日本に誇りを持とうにも、どうすればいいわけで
す?

正規の公務員以外、その日の暮らしにみんなが苦労するよう
になったわけですね。

大学を卒業する学生たちが一番望む職業はと聞かれ、口を揃
えて「公務員です……」なんて言うような社会では、日本の
力強い逞(たくま)しい未来はありません。

             ★★★

最初から税金をアテにしていて、冒険も夢も何もない。

そうした、安泰(あんたい)だけを考えるような若者は、ぼ
くたちのころはいませんでした。

いやいても、大きな声で言うヤツはいなかった。

何でも自分の力で、ゼロから自分が作りあげる。
みな、そう思っていたもんです。

まあ、もちろん、公務員になってこの国を輝く方向へ持って
行きたいと思う若者もいるでしょうが、それは最初だけ。

すぐに、長いものに巻かれてしまい、先輩のやることをその
ままするのが退職後のためにいい……と思うわけです。

そうすれば、もう当初の思いなど、とっくに消え失せてしま
う。

もちろん、中には、そうした荒波の中で一人奮闘している公
務員がいることも知っています。

ただ、それには、もの凄い努力が必要です。

             ★★★

ところで、ぼくがいま一番気になっていることは、日本のA
I(人工知能)技術が、いまどんどん近隣の国に盗(ぬす)
まれていることなんです。

これについては、マスコミたちは意図(いと)的なのかどう
か知りませんが(もちろん意図的です)、あまり大きく報じ
ません。

たとえば、中国の「ファーウエイ」は、まさしくスパイ企業
なのですが、日本には「スパイ防止法」がありません。

そのため、日本国内では、彼らのやりたい放題なんですね。

アメリカが、そのことに気づき、先日、カナダが代わりにこ
の企業の創業者の娘を逮捕しましたが、やっとこの日が来た
……という感じでした。

そのためもあり、日本国内でも、この「ファーウエイ」の包
囲網が広がりました。

この企業は、ソフトバンクを利用して、この「ファーウエイ」
製の基地局を日本各地に広げたのでした。

そう、ソフトバンク基地局は、「ファーウエイ」製なんで
すね。

             ★★★

でも、ケータイ電話の電話料金が高すぎるということが話題
になり、一番困るのは後発のソフトバンクなのですが、こう
いうことから、少しずつ「ファーウエイ」の締め出しが、日
本でも広がっています。

さすがの日本の支配者たちも、気が付き始めたのでしょう。

ドコモやAU、そしてこのソフトバンク自体も、5Gの基地
局に、この「ファーウエイ」製は使わないと発表しています
しね。

そこまで世論が広がってきたのですが、こうしたAI技術が、
実際、どんどん、中国に吸い取られています。

ぼくはこのことが、将来の世界の発展に深刻な影響を与える
だろうと予感しているんです。

だって、国民が支配者を選挙で選ぶことのできない「独裁国
の中国」が、こうしたネットなどのインフラや国民の情報、
そしてそれらのAI技術を手中にすれば、どうなるのか。

なにしろ、中国国民でさえ、自国の政府には何も言えないわ
けですからね。

             ★★★

中国は、台湾や韓国を迂回(うかい)して、日本に攻め込ん
でおります。

なるほど台湾は、「国連加盟の国」ではありませんから、国
際的な取り決めとは無関係です。

また韓国は、北朝鮮海上で平気で「瀬取り海上で、船か
ら船へ船荷を積み替えること)」をする国です。

この二つの国を経由して、日本の企業が持つ高度な技術を盗
んでいるという塩梅(あんばい)。

でも、日本のマスコミは、なんとも情けない。

日本企業の技術が弱いため、台湾などの企業が買収するのは
当然だなんていう情報を垂れ流しています。

どこの誰が、技術もない企業を買収しますか(笑)。
どう思います?

何か旨(うま)みがあるから買収するわけです。
こんなことは、「企業世界」の常識。

             ★★★

たとえば、その一つが、中国の意向を受けた、台湾の鴻海精
密工業(こうかいせいみつこうぎょう。ホンハイ)によるシ
ャープの買収でしょうね。

中国は、シャープの太陽光発電技術や、次世代型であるデ
ィスプレーOLEDと言われる技術が欲しくて仕方ない。

なぜなら、自国の軍事用にそうした技術を使いたいし、そう
することによって、日本の国力を落としたい。

彼らにとっては、優れた日本の存在が邪魔で仕方がないんで
す。

             ★★★

ところが、この買収劇のときも、日本のマスコミは、何です
か。

シャープには技術がないのだから台湾からの買収も仕方ない
とか、企業経営が良くないのだから当然だとか……。

マスコミたちは、日本の落日(らくじつ)を望んでいるので
しょうか。

まあ、今回はこれ以上詳しくは述べませんが、驚いたことに、
日本の「公正取引委員会」までもが、台湾企業の側に立った
行動をしていました。

このため、シャープはほかにもさまざまな選択肢(せんたく
し)があったのですが、台湾企業の餌食(えじき)になって
しまったわけです。

もう、ぼくには呆(あき)れて口がしまりません。

いったい、どうして、日本という国の足を引っ張るのだろう。
ひょっとして、いま日本にいる支配者たちは、みな日本人じ
ゃないのだろうか。

そうも思ってしまうんです(じつは、一部当たっているので
すが)。

             ★★★

まあ、こうしたことをいつも考えていたときですので、Mさ
んからの「まだ、日本の真の独立の道は廃(すた)れてない
のだと願いつつ……」という言葉に、ぼくは奮(ふる)い立
っております(笑)。

まだまだ、今後、しなくてはならなことは山積(さんせき)
していますよね。

Mさん、どうか、今後もご支援をお願いします。

お元気でね。








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の月曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~
 本日が、「大幅割引きの最終日」です。

___________________________



      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
=========================

           貴重な音声作品です!

(((((インターネット・スタジオ)))))

         ★「山田博士のいのち吹き込み、
       生録(なまろく)30分!」 全5巻

=========================

   下記のすべての理由が、それぞれわずか30分で氷解す
   る素敵な音声ファイルです。なかなかの人気者です。
   それぞれの前後に、ぼくの作った歌詞が入った音楽も入
   っておりまする(笑)。


    ★第1巻 「牛乳(乳製品)は、キッパリお止めなさい」
    ★第2巻 「カタカナ食品は、キッパリお止めなさい」
    ★第3巻 「舌を壊す化学調味料は、キッパリお止めな
         さい」
    ★第4巻 「早朝4時半起床は、シッカリおやりなさい」 
    ★第5巻 「延命長寿の原因は、江戸時代生まれの100
         歳人にこそ、シッカリお学びなさい」

    (今回の見本は、第1巻の「牛乳の真実」です)


       ★読者からいただいた嬉しい感想文★
            (一つだけ)

 ■「生録30分!」をCDにしてダンナに渡しました。通勤の途中、
 ダンナは車の中で聞いています。そして、これまで知らなかった
 事実に驚いています。私はメール読者であり、先生の本も持って
 おり先生が書く文章を目にしています。しかし、ダンナは本が嫌
 いで読もうとしません。しかも最近、老眼気味で、より本から遠
 ざかっています。そんなダンナに「生録30分!」はピッタリで
 した!ダンナのような人向けに別の内容の「生録30分!」欲し
 いです……♪
   (I.Sさん、香川県高松市、女性、41歳、主婦)


     4/8(月)号です→ https://bit.ly/2X1oj2u

  (本日が大幅特価の最終日です。上記のメルマガからどうぞ)





             ★★★
             ★★★
             ★★★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

       発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。