短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:12/13(木)◆この「派遣の歴史」を、再度、じっくりと見てみて下さい。最初は、小さな穴でしたよね。それが……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年12月13日(木)号
      No.3308

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    最初は、本当に小さな穴でしたよね……というの
    は、あのフクシマの「原発大事件」のときも、そ
    うでした。

    覚えていらっしゃいますか。

    当時、実際には、もうメルトダウンなどしていて、
    大変な事態だったのですが、当初、政府や東電た
    ちは「水蒸気が出ていまして」……なんて、呑気
    (のんき)なことを言って、お茶を濁(にご)し
    ていました。

    それを、マスコミたちは、そのまま、大々的に発
    表しましたよね。

    その一報を聞いた国民は、「まあ、それなら、いっ
    か」……と思ってしまうわけです。

    そのような「犯罪に等しい行動」を、政府や企業
    が平気ですることに、ぼくは本当に驚いたのです
    が、でも、考えてみれば、なにも目新しいことな
    んかではありません。

    過去の……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、木金土に掲載! ぜひどうぞ):

   ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★

     ~保健室のドアや、トイレの扉などに貼られて
      活躍中です! わずかA3判1枚ですが、こ
      んな効果があります~








______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
   この水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週12/12(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
   日本人を、低賃金奴隷にさせる「移民法」は、不要です!

 ~人手不足なのに賃金アップをしたくない。こうした企業側の
  思惑で出て来たのが「移民法」です。じつは、「ある人物」が
  背後で利権を得ようとしています。あなたの子孫にも影響が~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


思い出していただくために、ちょっと、時系列で述べてみましょうか。

労働者派遣が解禁されたのは、1986年のことでした。

その当初は、一部の特筆すべき技能を有する14業種、16業務
(通訳など)に限定された形での解禁でしたよね。

国民は、「まあ、それぐらいなら、いっか……」と、安易に見てい
たのです。

ところが10年経った1996年に、対象業務が突然、26業務に
拡大されたのです。

ただこの時点においても、まだ、正社員では代替(だいたい)でき
ない「専門性がかなり高い業務」が中心となっていましたよね。

やはり、そのときもまだ、限定的でした。

そして、その限定条件が外されたのが、1999年。

「派遣業種」は原則自由化された……のです。
そして、ネガティブリスト(派遣禁止業務)に掲載されている仕事以
外は、すべて可能になってしまったわけですね。

これは、衝撃でした。

そのあとの2004年には、ついに、製造業における派遣まで解禁
されます。
もう、皆さん、ご存じですよね。
これは、社会的にも大問題になりましたが、どれだけ叫んでも、も
う後(あと)の祭り。

そしてこの場合も、当初は期間が1年限定でしたが、2007年
には、派遣期間が3年に延長された……。

この「派遣の歴史」……を、再度、じっくりと見てみて下さい。

最初は、本当に小さな穴でしたよね。

「これぐらいなら、まあ自分にはあまり関係ないし……」なんて、
みんな思っていたのでしょう。

そして、何も動かなかった。


              (後略)



              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


最初は、本当に小さな穴でしたよね……というのは、あのフクシマ
の「原発大事件」のときも、そうでした。

覚えていらっしゃいますか。

当時、実際には、もうメルトダウンなどしていて、大変な事態だっ
たのですが、当初、政府や東電たちは「水蒸気が出ていまして」…
…なんて、呑気(のんき)なことを言って、お茶を濁(にご)して
いました。

それを、マスコミたちは、そのまま、大々的に発表しましたよね。

その一報を聞いた国民は、「まあ、それなら、いっか」……と思っ
てしまうわけです。

そのような「犯罪に等しい行動」を、政府や企業が平気ですること
に、ぼくは本当に驚いたのですが、でも、考えてみれば、なにも目
新しいことなんかではありません。

過去の歴史を紐解(ひもと)けば、あちらこちらに、そのような残
滓(ざんさい)がチラチラと見えております。

そして、このことは、現在の日本だけじゃないんですね。

戦前の日本でもそうでしたし、現在の外国もそう。

              ★★★

人間というのは……(省略)。






(★★★「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★★★)






さて、こうして書いて行くと止まらなくなりますが、いつものよう
に、今朝も(12日のことです)午前4時半までかかって、書き上
げたものですから、まだまだ頭がボンヤリしております。

そのため、今回は、このあたりで……終えておくことにしましょうか。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                       (山田博士


★★もし、先日の水曜日の「完全版」をご希望のかたは、事務局ま
  でご連絡下さい。500円だけいただきますが、お送りしても
  かまいません。水曜日の号であれば、過去の分でも結構です。
  メッセージ欄に、……何年○月○日号の「完全版」を希望しま
  す……とご記入下されば、追って、送金情報をお送りします。
  ご遠慮なく、どうぞ。→ http://goo.gl/t12Yx








______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
=======================

       ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★
         (具体的な「商品実名」入り)

 絵入りです。冷蔵庫の扉や、保健室のドアに貼られて暴走中(笑)

=======================
たったA3判1枚ですが驚かれます。同じものを3枚同封します。



今回、ご案内するのは……たった1枚の「A3判用紙」です(笑)。

PDF作品でも、単行本でも、音声CDでも、ありません。

え?
たったの1枚?
ンなこと、言わないで下さいな。

非常に安価でシンプルなものですが、たった、こんな「A3判1枚」
のハッピーシートが、いったい、どういう凄(すご)い結果を生む
のか。

どうぞ、お知り下さい。

学校では保健室の壁に、自宅ではトイレのドアに、そして、ある薬
剤師さんは、ご自分の薬局にこれを貼っておられるようですよ。

これらが、生徒や家族、そして訪ねて来られるお客さんとのコミュ
ニケーションを深めることに一役買っているそうです。

ぼくの知らない間に、皆さん、結構、重宝されているんですね(笑)。
外国でも使われています。

ぜひ、皆さんも、ご活用下さい。

ささささ、早速、下記をどうぞ。

      ハッピーシート「笑え!暴走食」案内頁       
       → http://yamadainochi.com/happy.html





______________________________


           ★お求め方法★

______________________________


      下記の「専用案内頁」からお求めください。

              ↓ ↓ ↓
======================

        ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★

       → http://yamadainochi.com/happy.html

       現在の価格→ 2400円(送料込み)
実際に、ご希望の場所へお送りいたします。楽しみにお待ち下さい。

  ======================


  連絡、お待ちしています。

  お元気で。





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。