短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:5/9(木)◆ぼくたちには、「必要でないことは起きない」ものなんです。ぼくは、いつもそういう思いで生きています

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年05月09日(木)号
            No.3422

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    昨日は……「ACT FAST」というキャンペーンに
    ついて、少し述べてみました。

    えっと……、覚えていらっしゃいますよね(笑)。

    そう、アメリカの「米国脳卒中協会」で行ってい
    る、「脳卒中」を疑う人に対しての「3つのテス
    ト」のことでした。

    でも、たとえそんなことをしても、すでに「脳卒
    中」で倒れている人に対しては……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★『100歳人に習った、首の運動だけで簡単に
    できる頭を惚(ぼ)けさせないこの方法!』
    (即実践・第7話)








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、月曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります
   ので、じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が、面白い。
 
___________________________


      先日の……5/6(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  誰もが「リハビリ難民」になる時代。ただ、多くの
     人が忘れている肝腎なことは何なのか!

~ある美容関係の女性が37歳で「脳卒中」になりました。
 子育て真っ最中で半身マヒ。しかも、保険適用は180
 日までで経済負担は地獄です。しかし、大切なこととは~


            (前略)

……

つまり何が言いたいかと言えば、いま「脳卒中」になり、リ
ハビリをしていることすべては、自分の過去のすべての結果
なんですね。

そういうことを、常に考えてほしい。

自然が(神が)、何かの意味があって、あなたをわざわざそ
うさせているのかもしれません。

あなたを「脳卒中」にさせることによって、何かを気づくよ
うにし向けているのかもしれないんですね。

ぼくたちには、「必要でないことは起きない」ものなんです。

ぼくは、いつもそういう思いで、自分に課せられる動きに対
処して生きています。

そして、もし間違っていた行動をしていたときは、大いに自
省して、自分を見直すことにしています。

もちろん、自分で自分を見直すわけですから、完全ではない
かもしれません。
でも、そうした行動が必要なんですね。

他人に任せるのじゃなく、自分で考え、行動する。

もしそういうことであれば、今回のその「脳卒中」が起こっ
たことを契機に、明日からの未来をさらによくするように実
践しようじゃありませんか。

……


            (後略)


             ★★★


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


昨日は……「ACT FAST」というキャンペーンについて、
少し述べてみました。

えっと……、覚えていらっしゃいますよね(笑)。

そう、アメリカの「米国脳卒中協会」で行っている、「脳卒
中」を疑う人に対しての「3つのテスト」のことでした。

でも、たとえそんなことをしても、すでに「脳卒中」で倒れ
ている人に対しては、何も回復するようなものではありませ
ん。

他人が、いま目の前にいるこの人は「脳卒中」なのかどうか。
それを知るだけ……のことなんです。

いま「脳卒中」になっている人にとっては、そんなことより、
どうしたら自分が元に戻るのか。
そればかりしか頭にないはずです。

他人から、「あなたは脳卒中なんですよ」なんて言われても、
そのために、自分のいまの苦しみから解放されるわけじゃな
い。

             ★★★

そして、昨日にも述べましたように、その「脳卒中」になっ
た人は、誰も治してはくれません。

世の中でただ一人だけ……回復させることができます。

つまり、「自分で行動する」しか……「脳卒中」を回復させ
る方法はないんですね。

まあ、これは別に「脳卒中」だけでなくても、ほかの問題で
も同じでしょう。

今日まで、すべてを「他人任せで生きてきた人」は、ほかの
ことについても、同様です。

考えてみて下さい。

自分の食べるものを、自分で探し、自分で包丁を持って料理
し、そしてそれらを食卓の上に並べてきましたか。

             ★★★

え?
配偶者がしてくれていたから大丈夫だって?

ンなもの、まったくの他人です。

同じ姓がついているからと言っても、そんな配偶者なんて、
まったくの赤の他人なんですね。

あなた、いままですべてを配偶者に任せてきませんでした?

おっととと、逃げないで下さい(笑)。

とくに男性は、すべてを妻に任せて、自分の人生を自分がす
べて仕切っているように思っていらっしゃいますが、トンデ
モナイ。

逆です(笑)。
あなたが妻に「仕切られている」に過ぎないんですね。

妻の好きなものを食べさせられ、いわば、まな板の上のコ
イ……の状態が、いままでのあなたでした。

             ★★★

もしそれで倒れたら、自分でしっかり包丁を握ってこなかっ
た自分のせいなんです。

え?
仕事で手一杯だった?

そんな言い訳は、自分の体については、まったく通じません。

そのため、倒れてから、心の中で、ハタと膝(ひざ)を打つ
わけですね。

「し、しまったあ。そうだったのか……」とね。

でも、時、すでに遅し……と言えるかもしれませんが、でも
大丈夫。
そんなことは、けっしてありません。
遅くはありません。

             ★★★

今回の原稿では、そのようなことをぜひ考えてほしかったの
です。

じつは、ぼくの身近なかたたちも、そうして「どんどんと」
倒れて行きました。
本当に、どんどんと……。

みんな、消費者運動などをしてきた人ばかりなんです。

そして、食べものなどを若いころから注意してきた人ばかり
なんですね。

でも、いまになって思うことは、それだけじゃないというこ
とです。

お金があるから他人任せ……ではダメなんですね。

そのようなことを、今回の原稿では述べてみました。

そして、いまの年齢のぼくが言えることは何なのか。
若いときではとても言えないことがいっぱいあります。

そのようなことを、今回も、縷々(るる)述べてみました。

ぜひ、参考にして下さい。

             ★★★

さて、青葉が目にしみる季節……になりましたなあ。

昨日も、仕事の途中、ちょっと抜け出して、ベンチに座り、
いつものようにおむすびを眼を細めて食べていたのですが
(なんか、先日も同じようなことを話したような……)、も
う、この世には、ぼく一人しかいないように思えました。

両手を大きく上に広げますと、青葉も、青空もいっしょにな
って笑っています。

小鳥たちもさえずり、秋の名残の枯葉たちが、広場を左右に
駆けて行きます。

でも、「人」は誰もいません。
ぼくだけ。

そんな瞬間を、ぼくは大いに楽しみました。

いつ、ぼくだって、倒れるか分かりません。

だって、ずべてが「自然のはからい」でしょうからね。

そのためにこそ、今回の原稿をぜひ参考にしてほしいなと思
っております。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

        「いのち運転“即実践”マニュアル」
              第7話

  『100歳人に習った、首の運動だけで簡単にできる頭を
        惚(ぼ)けさせないこの方法!』

=======================

  ~~寝たきりや認知症にだけはなりたくない、というかたへ。
    簡単な首の運動だけで、老後が幸せになります!~~

      詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
       第7話→ http://goo.gl/g7cuvY


早速ですが、いま、世界的に、「認知症の増加問題」が深刻になっ
ているようです。

あなたの周囲でも、そういうかた、増えていませんか。

え?
あなたがそう?
またまた……。

でも、ぼくなども、どうも最近、「その兆候がある」ようで、毎日、
必死になって耐えております(笑)。

2050年には、世界の認知症患者の数が、現在の4700万人
から約3倍の1億3200万人に達する可能性……があるとする報
告書が、このほど発表されました。

先進国、途上国関係なく、今後はもの凄い伸びで、認知症の人が増
えそうですね。

でも、悩んでいても何も始まりません。

政府は、相変わらず知らんぷりですので(笑)、ぼくたち自身で可能
な方法を考えるしかないわけですよね。

そこで、ぼくたちがいまから、どういう方法を採(と)るべきなのか。


      詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
       第3話→ https://bit.ly/2OOhAcx


◆ご希望のかたへ:

 ご希望のかたは、できれば、専用頁の中のASPでお求め下さい。
 もし、当事務局から直接欲しいということであれば、当事務局まで、
 ご連絡下さい。その場合、メッセージ欄に「○日○号を見ました。
 即実践の第○話を直接希望します」と記入して下されば、送金情
 報をお送りします。事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 またVIP会員のかたは価格が異なっていますので、お手数ですが、
 当事務局までその旨を記入してご連絡下さい。

 この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさせるこ
 とになれば幸いです。

 お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★



★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。