短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:7/17(金)◆カーギル社は世界を支配する穀物メジャーなのですが、株主のすべてを「カーギル家」などが所有して……  

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

     ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年07月17日(金)号

            No.3778

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上部に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

 〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
 (内容に即した写真を載せています。どうぞご覧下さい)

 

 

           ▼本日の目次▼


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:896回:


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第74巻

  『夏! 虫よけ対策、あなたならどうする?「ピレスロ
   イド系」などにより、年間300件の重大事故が多発
   中!』

 

 

 


___________________________

【1】
      人生には少しのお金と歌と夢、
    それにでっかい健康があれば、それでいい!

        連載:896回
___________________________

      この欄は、毎週「金曜」に連載。
   前回の続きですので、前回もぜひご覧下さい。

 

皆さん、外食や中食(なかしょく。購入してきた食事)の
「ご飯」が、なぜあれだけも安価なのか、常々、疑問に感じ
ませんか(笑)。

え?

私、安ければ安いほど好きだって?

まあ、そ、それはそうでしょうが、その商品の価値というも
のは、かなり長い目で見る必要があるのじゃありませんかね。

数か月、いや数年、いや数十年というスタンスで見るべきな
んです。
その結果、もし本当に安いものであるなら、それはそれで嬉
しいことですけれど。

なぜなら、今日、安い商品を買って、「へへへ、私、得した
わ」なんて、舌をペロリと出していても、本当に、それで得
をしたのかどうか。

いつも財布を開く場合、そのことを考えるようにしてほしい
んですね。

自分の体に入れる「食べもの」の場合は、なおさらに……。

             ★★★

「本当に、この食べものをこの価格で買って、私、得をした
んだろうか。それとも損をするのじゃないだろうか」

いつも、そう考えてほしいんです。

だって、自分の体を壊すために、たとえ安くても、わざわざ
貴重な1円を使いたくはないじゃありませんか。

その1円を稼ぐために、あなた、コンビニのバイトで何時間、
働いたのです?

え?

私、コンビニじゃなく、スーパーのレジ打ちを、夜の4時間
ほどしているんだって?

まままま、仕事の内容は、どんなものでもいいのです(お疲
れさまです。笑)。

それは、あの安倍クンだって(首相のこと)、学校の教師サ
ンだって、郵便配達サンだって、この山田クンだって、みん
なみんな、1円を稼ぐために、それはそれは人知れない苦労
をしているわけですからね。

             ★★★

だからこそ、今日、いまの段階から、食べものや飲みものを
買う場合は、「私、いまから真剣勝負をするんだぞ」……と
いう表情で、向かってほしい。

そして、それを販売する相手と「闘って」ほしいのです。

たとえば、先述しましたように、外食やコンビニのおにぎり
の安さはどこから来ているのか。

そして、先日にも述べましたように、使われている衝撃的な
農薬。

まあ、今回はもう述べませんが、あの、欧州では規制してい
る「ネオニコチノイド系農薬」が、なぜ「主食であるお米に
一番たくさん」撒(ま)かれているのか。

それによって、いったい誰が一番、儲かるのか。

そのあたりをいつも考えながら、「真剣に」食卓に向かって
下さい(笑)。

お願いします。

さあ、今回も、前回の続きです。

下記の本文を、どうぞ、楽しくご覧下さい。


             ★★★


↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。
       〜さらに、加筆しています〜

 


外食のメニューで、米の産地がどこにも書いてないものは、
輸入米を使っている可能性があります。

なぜなら、中国産などの問題が大きく出ている現在、国産米
を使っているなら、メニューなどに国産米を使用していると
大きく書くでしょうからね(笑)。

米の価格、消費者の反応、それに同業他社の動きを窺(うか
が)いながら、どの米を使うのか、現在の時点では考えあぐ
ねているのが正直なところでしょう。

だから、明日は、もう変わっているかもしれない。

              ★★★

現に、牛丼店の松屋松屋フーズ)の米は、いままでは中国
からの輸入米と国産米をブレンドしていたことが分かりまし
た。

2008年1月の中国冷凍餃子(ぎょうざ)中毒事件の際、
松屋が、今後は中国産の米は使わないと表明したからです。

つまり、これまで中国産米を使っていたと公(おおやけ)
にしたわけなんですね。

ついでに言えば、この松屋フーズは、「カーギルジャパン
を主要取引先にしています。

このカーギル社とは、世界の穀物を支配している最も大きな
穀物メジャーの一つ。

              ★★★

しかも、この会社は、株主のすべてを「カーギル家」などが
所有する巨大な「個人企業」なんですね。

ウォール街にも上場せず、完全な「秘密主義の組織」と言え
ます。

なにしろ上場していないわけですから、怖いものはない。

どこから原料を仕入れようが、その中身がどうか、誰も外部
から咎(とが)めることができないわけですね。

日本にはすでに、酪農や種子(しゅし)や大豆(だいず)製
品などに進出していますが、秘密主義のその企業姿勢ととも
に、安全面でいま一番ぼくが懸念している企業でもあります。

それに……(省略)。


(次回のこの欄に続く)


【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】

 

 

 


___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

電子書籍はアマゾンからお求め下さい。ただ、PDF版を
 希望されるかたは、下記の案内サイトに、その方法が記載
 されています。金額は同じにしていますので、どうぞ〜

       各巻→ 585円〜695円
___________________________

 

       ★「社会の裏側!」第74巻★


 『夏! 虫よけ対策、あなたならどうする?「ピレスロ
 イド系」などにより、年間300件の重大事故が多発中!』

 ~電気蚊取りや防虫スプレーなどを安易に使っておられま
  すが、遺伝子発現や自発行動の抑制、妊娠初期での影響
  など、深刻ですぞ~

   第74巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2CEsRHi

   山田博士・著


★本書の概要


いつの間にか、「亜熱帯地方」となってしまった日本列島。

夏になりますと、ぼくたちの家庭内で防虫剤や殺虫剤などを散布し
たりしたあとの「吸引事故」が、年間で約300件もあると言いま
す。

これはただごとではありません。

どこの家庭でも、これらの事故は起こりえますからね。

この殺虫剤。

成分を見てみますと、大変なシロモノなんですね。

そのため、使いかたを誤ると、それこそ大変な結果を生む可能性が
あります。

そのあたりをぜひ皆さんにもご留意いただきたい。

夏には、故郷(ふるさと)へ帰省したり、旅行で移動されたりしま
すから、ついつい、いつもは使わない殺虫剤などを知らぬ間に利用
されたりすることがあるかもしれません。

そのため、本書を、ぜひ参考になさって下さい。

              ★★★

デング熱が、全国的に話題になったため、それを媒介する「蚊対策」
として厚労省は、2015年4月に「手引き書」なるものをまとめ
ています。

その「手引き書」によりますと、これらの殺虫剤の内容には、いつ
もぼくが一人空を向いて叫んでいるものが、しっかりと含まれてお
りました(笑)。

このリストによれば、蚊の成虫や幼虫用の殺虫剤の成分には、およ
そ16ほどあります。

そしてこの中には、もう皆さんご存じの、有機リン系とピレスロイ
ド系があり、それに何となく怖ろしい言葉ですが、昆虫成長制御
(せいぎょ)剤などが記載されているわけですね。

成長……制御(止めること)だなんて……。

そんなこと、はたして自然の一部である人間が、ほかの生きものに
対しておこなってもいいものかどうか。

そして、もしこのような成分が昆虫に効果があったとして、それが
人間自身には何の害もないのかどうか。
やはり、誰でも気にはなりますよね。

              ★★★

周囲にあるスプレーの殺虫剤などのほとんどには、この物質が使わ
れていると言っていいでしょう。

電気蚊取りなどもそうですよね。

いつの間にか、このピレスロイド系が主流になっていました。

先日、インターネットでの相談室のようなところにも、ピレスロイ
ド系についての相談が掲載されていましたね。
少なからずの人が悩んでいらっしゃるようです……。

曰(いわ)く。

              ★★★

「殺虫剤を使ったあとに気分が悪くなるのですが、自分以外(の
人)は何とも無いようです。症状を話しても、気にしすぎとか、そ
んなはず無いだろ、と周りから言われてしまいます。

最初に胃が妙な動き(微妙に動いてギュルギュル音がしてくる)、
吐くほどではありませんがうっすらとした吐き気がしてきます。

ほぼ同時に頭が重くなり(血圧が上がったような感じ)、わずかに
頭痛がしてきます。
集中力や理解力なども低下してきます。

殺虫剤以外にも蚊取り装置(最近の液体を使ったものの正式名称は
なんと言うのだろうか? マットでもないし)でも同様の症状が発
生してきます。

調べてみるとすべて『ピレスロイド系』の成分を使っているようで
す(ほとんどの殺虫剤に入っているので結構つらい)……」

              ★★★

これを聞くと、このピレスロイド系が、いま大問題になっているこ
とがよく分かります。

たとえば、遺伝子発現が抑制されたり、自発行動の抑制が見られたり、
妊娠初期での曝露が、その後の胎児や子どもに影響を及ぼす可能性
があったりすることなどなど。

つまり……。

まままま、本書をどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。


(詳しい概略や目次などは、「案内頁」をどうぞ。「PDF
 版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願いします。
 ただ、複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割引きを
 します)

   第74巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2CEsRHi

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。