短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:7/29(水)◆鯖(さば)が卵を産むのは2歳ぐらいからです。でも日本では0歳や1歳の「未成魚」を獲ってしまう…

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

     ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年07月29日(水)号

            No.3788

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上部に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

 〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】ご希望が多いため、外国からもアクセスの多い「社会
   の裏側!」の既巻を、読者限定で、なんと50%OF
   Fで順番に提供します。
   いつもの疑問点が、楽しく、サッと氷解します。

   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作して、提供します!

    → 今回は、【11回目】第21巻~第30巻

   第21巻のタイトルは、
   『子どもの貧困は、「日本の未来」を左右する!』
   ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背
    負わせたいのか~……です。

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

___________________________


        7/27(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
   サクラエビが枯渇して「乗り子」がいないって?

 ~そんなこと、当然です!江戸時代以来の漁業形態をその
  ままにし、乱獲を続け、世襲の網元だけが儲かり、「乗
  り子」は薄給の蟹工船状態。日本漁業の崩壊必至です~


 (下記は、上記「完全版」原稿の、ホンの一部分です)


……

冒頭のサクラエビの話でも少し述べましたが、あのような事
態になったのは、日本では、「漁獲規制」が、しっかりとな
されていないからなんですね。

これこそが、日本の「漁業の一番の問題」でしょう。

しかも、昔からの世襲制度。
子弟(してい)制度。
雇用制度。
漁師になりたくても、なれないような身内除外制度。

そのような、まるで江戸時代の漁業が、そのまま21世紀の
いまでも残っているかのような制度。

それらを、この「サクラエビの問題」を契機に、きっぱりと
変更することです。

そうでなければ、たとえいま小手先の手段で解決しても、今
後、何度も、同様の事態が起こることは必至です。

ちょっと考えてみましょう。

これは、子どもでも分かることなのですが……(おっととと、
子どもさん、ごめん!)。

野菜でもそうですが、種を蒔(ま)いてしばらくすれば、成
長し大きくなります。

でも、芽が出てすぐに収穫すれば、どうですか。

大きさも小さく、そして量も少なく、次の種(たね)もでき
ません。
そうですよね。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


今回の原稿(7/27号)でも述べましたように、ぼくは、、
とくに鯖(さば)が好きです。

故郷である小浜(おばま)では、いつも「焼き鯖定食」なる
料理を、いつもの店で眼を細めて、いただいています。

この香り。
この彩(いろど)り。
この形。
この美味(おい)しさ。

いやあ、もうたまりませんなあ。

でも、今夏(こんか)は、この「新型コロナウイルス」のた
めに、故郷には戻れません。
つまり、鯖が食べられない。

こんなことは、ぼくの人生で、初めてです。

お盆がない夏だなんて……。

いつもお坊さんが棚経(たなきょう)をするために、汗を拭き
ながら、実家にいらっしゃるのですが、たぶん、それも今回は
中止になることでしょう。

             ★★★

改めて、この「新型コロナウイルス」をばらまいた中国なる
国に、強い憤(いきどお)りを感じます。

ご先祖サンたちへの供養(くよう)もできない。
故郷にいる親しい人たちにも会えない。
お坊さんと、楽しい会話もできない。

ぼくたちの伝統文化を平気で壊(こわ)し、人々をバラバラ
にし、しかも日本ではいまのところナントカ抑えられている
ようですが、世界中では亡くなる人の数が、もう想像を超え
ています。

まるで「世界戦争」ですよね。

それなのに、先日も、その犯人国である中国本土の人間と電
話で話をしましたら、「あ、それはもう、こちらでは収まって
います」……ですと。

謝罪の言葉一つも、ありませんでした。

             ★★★

まったく、呆(あき)れて、次の言葉が出ませんでしたね。

悪いことをすれば、即、謝(あやま)る。
そして、二度と同じような過(あやま)ちを起こすことを防
ぐために全力を挙げる。

それが人間なのじゃないのですか。

どんな政府であっても、国民は正しいことに気付くのが人間
というものじゃないのですか。

それなのに、内部では、なかなか表沙汰(おもてざた)にな
らないんですね。

いったい、いつまでこうした事態が続くのか。

またまた、話が少し逸(そ)れてしまいました(笑)。

先述した話の続きなのですが、この鯖について言えば、現在、
日本とヨーロッパなどで収穫する鯖の大きさが、かなり異な
っております。

             ★★★

え?

なぜなのかって?

そんな、あなた(聞かなくても、分かるでしょ……という顔
をしております。笑)。

日本の漁業界を見れば、もうそんなこと、当然じゃありませ
んか。

じつは、日本でも、いまのような乱獲が始まる前は、いまの
ヨーロッパ諸国と同じような大きさの鯖を収穫していたので
す。

でもいまは……。

大きな鯖はいませんので、いまは、0歳や1歳の鯖しか獲れ
ません。

そう、いわゆる「未成魚」……。

鯖が卵を産むのは2歳ぐらいからですから、これでは鯖の子
どもさえ生まれなくなります。

             ★★★

どうして、このような結果が分かっていながら、現在のよう
な方法をいまも続けているんです?

なぜ、水産業界の内部から、こうしたことを改善しようとい
う動きが出てこないのです?

ええ? なぜなのです?(だいぶ、山田クン、興奮している
ようですぞ。よほど、鯖が好きみたいです。笑)

ぼくなど、何度首をひねってみても(ただ首が痛いだけで)、
マトモナ答えが見つかりません。

なんとも不思議です。

あまり興奮しますと体に悪いので、このあたりで今回はお開
きということで……。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」各巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


         今回は、【11回目】

     下記の第21巻~第30巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


21.社会の裏側!21……子どもの貧困は、「日本の未来」
  を左右する!

  ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背負わ
   せたいのか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2rlm5fZ


22.社会の裏側!22……サプリメントのほとんどが、中国
  産になっていた! 

  ~「杜仲茶」には残留農薬、「ウコン」には発ガン物質、
   「イチョウの葉エキス」にはアレルギー……なんとも
   はや~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JNtfBi


23.社会の裏側!23……食品の「製造所固有記号」の秘密。
  あなたにこの記号が読めるか!

  ~改めて問う。あの「冷凍食品農薬混入事件」への対応
   が遅れた理由。今後の大事件を防ぐために~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JRRSwP


24.社会の裏側!24……ドライバーの「生活習慣病」と人
  身事故との関係! 

  ~突然の病気で運転できなくなった職業運転手の病名は、
   何だったか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2FHlJWg


25.社会の裏側!25……武田薬品工業のニセ高血圧治療薬
  「ブロプレス」問題は、何を物語っているのか。その衝
  撃的背景!
  専用ブログ→ https://bit.ly/2rjcabU


26.社会の裏側!26……砂糖は「炭酸飲料1缶でアウト」
  というWHO指針の理由とは!

  ~ダイエット希望者のため、「脂肪の替わりに砂糖を使
   う」企業が増えている~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HRCjZt


27.社会の裏側!27……なんと「発達障害児」の急増に、
  「農薬」が関係していた!

  ~EUでは農薬の規制強化へ、日本ではトホホ……規制
   「緩和」へ~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2JSkohX


28.社会の裏側!28……田中正造「真の文明は、山を荒ら
  さず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし!」

  ~明治政府にこう迫った彼。いま「真の大人」はどこへ
   消えたのか~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPkjyU


29.社会の裏側!29……治験。ネットの求人欄で、「とく
  に日本人」を募集するアメリカでの実態! 

  ~日本人ばかりをかき集める「専門会社」が存在するとは。
   そしてそこに委託している製薬企業名とは~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HQzgk8


30.社会の裏側!30……「味噌」が、放射性物質を除去す
  るこの実験。世界の人に知らせたい!

  ~今後、これらの「微生物」たちの働きに注視すべきだ
   ろう~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPj82m


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
 供します。各ブログからではなく、下記の「お申し込みフ
 ォーム」からお願いします)

 

 

=========================

          ★特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

    全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

        7/29(水)~8/1(土)


 ★「社会の裏側!」第21~第30巻、特別お申し込みフォ
  ーム

 パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S32881984/

 (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします。割引
  き期間を過ぎていれば、公開サイトをご利用下さい)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://www.inochiyama234.net/
メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。