短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:11/2(金)◆ちなみに、ぼくは「1日1食」、朝食だけなんです。もう少し厳密に言いますと、1食半……(笑)

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年11月02日(金)号
      No.3273

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    ちなみに、ぼくは「1日1食」、朝食だけです、
    食べるのは。

    まあ、もう少し厳密(げんみつ)に言いますと、
    1食半かなあ(笑)。

    と言いますのは、外に出るときは、おむすびをい
    つも持っているんですね(豆入りの玄米ですので、
    腹持ちがいいんです)。

    そんなもの、朝食といっしょに作りますので、も
    う簡単簡単。

    それを、いつもキャスター付きのカバンの隅(す
    み)に入れておくんですね。

    そして、外でどうしてもお腹が空いたときに、そ
    れを頬張るわけですが、なんとなく、環境や時間
    やお腹の具合によっては、食べずに、そのまま持
    って帰ることもあるんですよ。

    そういうときは、仕方ないので、夜、戻ってきて
    から頬張ります(笑)。

    そうそう、もちろん、真夏は持って出ません。

    とくに最近の日本の夏。
    もう熱帯ですからね。
    いやあ、今夏も暑かった……(空を仰いで、思い
    出している)……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ:

    ★ガソリンのような高価な水を買っているかたへ。
     「安全な水をタダで作る簡単な方法!」とは…
          (即実践・第2話)

    ~多くの人は間違った方法で、かえって害を高め
     ています。高価な水を買えば買うほど、水環境
     は悪くなるという事実をぜひ~








______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週10/31(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
    いじめ対策は、「完全米飯給食」だけで解決できる!

~全国の学校で認知されたいじめは41万件を超え、過去最多にな
 りました。でも「スクールカースト」を無くし、いじめを減らし、
 アトピー症状を減少させ、不登校も無くする「簡単な方法」とは~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


試(ため)しに、(彼が)コンビニの前で調べましたら、問題のあ
る中学生たちは、カップめん、菓子パン、コンビニ弁当……ばかり
食べているじゃありませんか。

そんなことに、気づきます。

もう少し詳しく調査をしますと、問題のある彼らは、朝食を食べて
いなかったわけですね。

考えてみれば、中学生たちは、夕方の7時か8時ごろに夕食を食べ、
そのあと翌日のお昼まで、なんと17時間ぐらい、何も食べていな
いことになります。

朝には部活があり、掃除があり、体育もある。

それなのに、これだけも空腹が続けば、誰でもイライラが募(つ
の)り、授業にも集中しないのではないか。
非行にも走るだろう。

でも、たとえ朝食を食べていると言っても、それが菓子パンやカッ
プ麺(めん)なんかでは、体力にもならないし、栄養にもなりませ
ん。

家庭では、朝食をなかなかまともにすることもできないことが分か
りました。

そのため、「学校給食」を替えることにしたのです。
学校給食なら、みんな食べますからね。

ところが、いままでの給食のメニュと言えば、菓子パン、中華麺、
ソフト麺、パスタ、揚(あ)げパンなどでした。
これじゃ、いけない。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


ちなみに、ぼくは「1日1食」、朝食だけです、食べるのは。

まあ、もう少し厳密(げんみつ)に言いますと、1食半かなあ(笑)。

と言いますのは、外に出るときは、おむすびをいつも持っているん
ですね(豆入りの玄米ですので、腹持ちがいいんです)。

そんなもの、朝食といっしょに作りますので、もう簡単簡単。

それを、いつもキャスター付きのカバンの隅(すみ)に入れておく
んですね。

そして、外でどうしてもお腹が空いたときに、それを頬張るわけで
すが、なんとなく、環境や時間やお腹の具合によっては、食べず
に、そのまま持って帰ることもあるんですよ。

そういうときは、仕方ないので、夜、戻ってきてから頬張ります(笑)。

              ★★★

そうそう、もちろん、真夏は持って出ません。

とくに最近の日本の夏。
もう熱帯ですからね。
いやあ、今夏も暑かった……(空を仰いで、思い出している)。

だから、こんな暑い中に、この大切なホカホカのおむすびなどをカ
バンに入れるような「かわいそうなこと(おむすびが、です)」は
しません。

すぐにダメになってしまいますから。

今夏も、ついこの間まで、そうしていました。
でもいまは……(省略)。




(★★★「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★★★)




そして、道ばたで倒れているぼくの近くを通りかかったワン君が、
ぼくを見て思うのでしょう。

「なんだあ? コイツもオレたちのように舌を出しているぞ。不
思議なヤツだなあ。でも、いいや、こんなの、放っておこ」

なんて、ね(顔の上で、片足でも上げられたら、大変ですけれど)。

でも、ぼくには、おむすびがありますから……。
たとえ倒れても、すぐに元気になれます。

どうです、あなたも……。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                       (山田博士


★★もし、先日の水曜日の「完全版」をご希望のかたは、事務局ま
  でご連絡下さい。手間代として500円だけいただきますが、
  お送りしてもかまいません。水曜日の号であれば、過去の分で
  も結構です。メッセージ欄に、……何年○月○日号の「完全版」
  を希望します……とご記入下されば、追って、送金情報をお送
  りします。ご遠慮なく、どうぞ。








______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
=======================

    ★ガソリンのような高価な水を買っているかたへ。
     「安全な水をタダで作る簡単な方法!」とは

=======================

  ~多くの人は間違った方法で、かえって害を高めています。
   高価な水を買えば買うほど、水環境は悪くなるという事
   実をぜひ。あなたの家計簿が黒字に転換します~

    (「いのち運転“即実践”マニュアル」第2話)


      詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
        第2話→ https://bit.ly/2CUhqZW


            ★読者の声★

■美味(おい)しい水ができて、びっくりしています!
(S.Rさん、大阪府大阪市、女性、41歳、マッサージ指圧師)

■わざわざ努力して、一番発ガン物質が多い段階の水を飲んでいた
 んですね。目からウロコです!
(Y.Mさん、千葉県柏市、女性、35歳、主婦ときどきバイト)

■高価な水を購入しなくていいため、毎月の食費がグンと安くなり
 ました!
  (N.Sさん、東京都港区、女性、53歳、専業主婦)


            ★山田より★

つい先日、あるかたから連絡があり、この方法で作った水のため
に、ペットの体が突然健康になったとのことでした(笑)。

ほかには何も変更したものがないので、これが原因だと思います…
…とのこと。

いやあ、嬉しいですね。

きっとペット君だけじゃなく、人間サマにもいいと思いますよ。

しかも、大事なことは、あなたの「家計の問題だけ」じゃありません。

つまり、皆さんが、高価な水を買えば買うほど、水行政は水を奇麗
にする努力をしなくなります。
そうですよね。

そのため、市販の高価な水が売れるほど、いつまで経っても日本の
水はいま以上に良くならないという悪循環が続きます。

まままま、下記の「専用頁」をどうぞ……。

      詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
        第2話→ https://bit.ly/2CUhqZW

◆ご希望のかたへ:

 ご希望のかたは、できれば、専用頁の中のASPでお求め下さい。
 もし、当事務局から直接欲しいということであれば、当事務局まで、
 ご連絡下さい。その場合、メッセージ欄に「○日○号を見ました。
 即実践の第○話を直接希望します」と記入して下されば、送金情
 報をお送りします。事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 またVIP会員のかたは価格が異なっていますので、お手数ですが、
 当事務局までその旨を記入してご連絡下さい。

 この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさせるこ
 とになれば幸いです。お元気で。





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。