短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:4/17(金)◆そういう意味では、世界は「戦争状態にある」と言ってもいいでしょうね。なぜなら、モンサント社と…

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年04月17日(金)号

            No.3700

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

           ★お知らせ★

 ~本誌は、本日で「3700号」を迎えました。ご声援に
      感謝……。ありがとうございました!~

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。
空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
 (内容に即した写真を載せています。どうぞご覧下さい)

 

 

           ▼本日の目次▼


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:883回:


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第61巻

    『タクシー大手の「日本交通」よ、消臭剤添加の
    「ファブタク」なんて愚かな行為は、即お止めな
    さい!』

    (後日、この会社は慌ててこのおかしな行動を中止
     しましたが、ぜひ内容をご覧下さい。これと同様
     の商品が「身近で」使われております)

 

 

 


___________________________

【1】
      人生には少しのお金と歌と夢、
    それにでっかい健康があれば、それでいい!

        連載:883回
___________________________

      この欄は、毎週「金曜」に連載。
   前回の続きですので、前回もぜひご覧下さい。

 

★タイトル:

そういう意味では、世界は、本当に「戦争状態にある」と言
っても、けっして過言ではありません。誰と戦争しているか
って? それらを進めているモンサント社など一部の多国籍
企業やそれらを支持する政府たちと……

 


このメルマガは、今日で、「3700号」です。

ついこの間、3000号でした。

無常な、時間の流れの速さ。
確実な、目標の到達の遅さ。

自分の能力不足が、本当に悔(く)やまれます。

それなのに、またまた「新型コロナウイルス」なんていう、
完全に人為的な邪魔が入ってしまい、毎日の歩みがまた遅く
なってしまいそうです。

人には会えない、情報には巡り会えない、仕事をする場所
もない。

そして、人々は、他人と接触するのを極力避け、身近の他人
をみんな感染者かと疑う目で見て、しかも、大きなマスクで
自分の笑顔をどこかへしまい込んでしまったかのような光景
が広がっています。

何がイヤかと言って、こういうことが、一番ぼくはイヤなん
です。

なにしろ、ぼくときたら、他人とは膝(ひざ)をつき合わせ、
なるべく相手と「3密」の接触をして、相手の目や口やホッ
ペの動きなどを眺めながらでないと、話もできない。

そして、心は泣いていても、顔だけはいつも笑顔でありたい。

そのような毎日を生きていますから、今回のような事態は、
本当に辛(つら)いものです。

             ★★★

まさか、突然、この数か月で、こんな「陰気な社会」が日本
中にやってこようとは、ぼくも思っていませんでした。

そのためか、人が亡くなっても、親しい身内を呼ぶこともで
きない。

せっかく明治、大正、昭和と長く生きて社会に貢献されたご
老人も、いまは、誰からも見送られることもなく、一人で黄
泉(よみ)の世界に旅立たねばならない。

これほど悲しいことって、ありますか。

これって、いったい、誰のせいなんです?

ところで、前回から、「コラム」のような形で、いつもの第何
章という形ではなく、特別な文章を挿入して述べています。

そこで述べていることは、今回のこの「新型コロナウイルス
大事件」と同様、多くの世界の人たちを悲しませているもの
なんですね。

             ★★★

前回も述べましたが、ある映画が上映され、話題になりまし
た。

映画のタイトルは、「世界が食べられなくなる日」(フラン
ス人のジャン・ポール・ジョー監督。2013年6月に日本
で上映)。

この映画は、原子力と「遺組み」(遺伝子組み換え)の二つ
のテクノロジーの問題を描いたものなのですが、ぜひ、皆さ
んには観てほしい内容です(でも、もう上映は終わっていま
すが)。

この映画監督が日本に来ている間、いろいろな取材を受けた
ようですが、その中で彼は、次のように語っていましたよね。

「20世紀に世界を激変させたものに、二つのテクノロジー
があります。

それは核エネルギーつまり原子力と、遺伝子組み換え技術な
んです」

             ★★★

そう、アメリカは、日本に落とした原爆製造につぎ込んだ技
術者を使って、「遺組み」の解析(かいせき)を始めたわけで
す。

つまり、原爆製造からヒトゲノムの解析へ、そして「遺組み」
技術へと進めてきたわけですね。

何のことはない、いまぼくたちが口にしつつある「遺組み」
食べものは、みな、上記の監督がおっしゃる核エネルギーな
どから来ているわけです。

みなつながっている……。

どうぞ、今回の本文を、ごゆっくりご覧下さい。


             ★★★

↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。
       〜さらに、加筆しています〜

 

それなのに、こうした「遺組み」(遺伝子組み換え)のバッ
クに存在している企業群や政府の思惑など、マスコミはほん
の1ミリでさえ報道しようとしません。

もちろん、戦争に負けた日本では、日米地位協定などで、そ
のようなことは一切報道してはならないとなりました。

でも、第二次世界大戦が終了して、70年にもなります。

なぜ日本だけこんな隠蔽(いんぺい)行為をいつまでも国民
に対して続けるのか。

なぜ、真実を真実として、いまこそ、明白にしないのか。

ほかの、日本と同じ敗戦国を見ても、ぼくは、本当に不思議
です。


●「遺組み」技術が日本や途上国で盛んに流用


これらはもちろん「遺伝子組み換え」だけでなく、本書で述
べているさまざまな「ニセモノ食品」についても同様だと言
えるでしょう。

同じ土俵の上の駒に過ぎないわけです。

この「遺組み」技術については、現在、とくに日本や途上国
で盛んに流用され、いわば人体実験が実行中です。

じつは、これらの「遺組み」の技術が、すさまじい勢いで北
米から南米に広がり、それがアフリカにまで植え付けられよ
うとしています。

しかも、それらは、アジア太平洋地域でもオーストラリア、
インド、フィリピンなどへも広がり、問題は世界的に深刻化
しつつあります。

             ★★★

その結果として、「遺組み」のために農薬使用がどんどん増
えている。

それらの農産物が、外食や惣菜などに使われております。

そういう意味では、世界は、本当に「戦争状態にある」と言
っても、けっして過言ではありません。

誰と戦争しているかって?

それらを進めているモンサント社(現在は、バイエル社に買
収されている)など一部の多国籍企業やそれらを支持する政
府たちと、世界の市民たちとの「戦争」なのです。


(次回のこの欄に続く)


【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】

 

 

 

___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

電子書籍はアマゾンからお求め下さい。ただ、PDF版を
 希望されるかたは、下記の案内サイトに、その方法が記載
 されています。金額は同じにしていますので、どうぞ〜

       各巻→ 585円〜695円
___________________________

 

       ★「社会の裏側!」第61巻★
 
 『タクシー大手の「日本交通」よ、消臭剤添加の「フ
  ァブタク」なんて愚かな行為は、即お止めなさい!』

(後日、この会社は慌ててこのおかしな行動を中止しましたが、
 ぜひ内容をご覧下さい。これと同様の商品が「身近で」使わ
 れております)

~なぜ、消臭、抗菌などによる弊害がこれほど問題になったのか~

   第61巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2VaQRsm

   山田博士・著


★本書の概要

タクシー大手の「日本交通」と、P&G(プロクター・アンド・ギャ
ンブル・ジャパン)が、2016年の8月30日、とんでもない発
表をいたしました。

つまり、消臭された“クサくないタクシー”を利用者が選んで乗れ
るという「ファブタク」サービスを、同年の8月30日~9月29
日の期間、全国1万3500台のタクシーで展開するというわけで
すね。

まあ、これには驚きました。
そして、呆(あき)れました。

              ★★★

と言うのは、もし空気が化学物質で汚れていても、ぼくたちは、そ
の場で息を止めるわけにはいかないわけですね。

その意味では、こうした香料や消臭剤、抗菌剤などの問題は、きわ
めて重大なものと言えます。

この「ファブタク」とは、「ファブリーズを使ったタクシー」……
の略のようですが、いやあ、なんとも……。

「ファブリーズ」とは、プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)
が世界各国で発売している消臭剤のブランド名なんです。

              ★★★

この「ファブリーズ」の問題点は、いままでは分からなかったので
すが、さすがにこのところ、次第に明らかになってきました。

やはり、世間の目は節穴(ふしあな)ではないんですね。

問題は、この「ファブリーズ」に含まれる「第四級アンモニウム塩」
について、です。

この「除菌」成分の「第四級アンモニウム塩」により、メスのマウ
ス(ネズミ)で妊娠率の減少や、生まれる胎仔(たいし。動物のお
腹にいる赤ちゃんのこと)数の減少などが、少しずつ分かってきま
した。

              ★★★

それらについて、本書では、もう少し具体的に述べようと思ってい
ます。つまり……(以下、省略)。


(詳しい概略や目次などは、「案内頁」をどうぞ。「PDF
 版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願いします。
 ただ、複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割引きを
 します)

   第61巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2VaQRsm

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。