短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開ページ(つれづれに掲載)

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:10/27(金)◆明治時代、彼がいなければ、日本は戦争で分断され、西洋列強たちの植民地にされていたでしょうね

 

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆
ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2023年10月27日(金)号

No.4751

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて2つの
配信スタンドから、合計約5200部を発行
(日曜のみ休刊)。

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


本日の「完全版」は、100%掲載です。

本日の「短縮版」は、省略しています。

どうぞ、お楽しみ下さい。

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えてい
ます。

そのために、「食べもの」が人を180度
変え、家族を変え、文明を変え、歴史を
変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


▼本日の目次▼


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それにでっ
かい健康があれば、それでいい!
(連載:1057回。毎週、金曜日に掲載)


___________________

「やはりメルマガはお休みできません(^〜^)」
___________________
(Y.S、岡山県岡山市、女性、41歳、パート)

 

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集

まだご覧になっていないかたのために、先日
の内容を、再度、案内しています。


原発から飛散する放射性物質の、 山田
流・明るい対処法!……山田博士の「いの
ち運転“即実践”マニュアル」第10話

【今回は、「読者限定、特別価格」で、お
譲りします。この機会にどうぞ】

 

 

 

 

 


===================
【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それにでっ
かい健康があれば、それでいい!


連載:10876回(毎週、金曜日に掲載)
===================


下記の文章は、ぼくの作品「実話・食卓の
事件簿」の第12巻……を元にして、毎回、
そのときどきに新しい事実を加えて、述べ
て行きます。

毎週金曜日を、どうぞ、お楽しみに!

……ということで、今回も、早速、下記の
本文をご覧下さいな。

ささささ、どうなっていますやら……。





【下記が本文です。名前のイニシャルは
「姓名」の順。年齢や職業は、連絡をいた
だいた時点のものです(文体は、ママ)】

 

 

___________________

やはりメルマガはお休みできません(^〜^)
___________________
(Y.S、岡山県岡山市、女性、41歳、パート)

 

最近メルマガを復活させていただきましたが、
どんどん新しい情報が出ているんですね!

やはりメルマガはお休みできません(^〜^)

今一番気になるのは、農業と遺伝子組換作物
です。

畑を借りて野菜を作っていますが、店頭で売
られている種子は本当に安全なのか、以前
から気になっていました。

たまたま購入した○○さんに電話で問い合わ
せて、当方では組み換え種子は扱っていませ
んとのことでしたが、産地がアメリカ、中国
だと言うことですので、本当に組み換えられ
てないのか「?」……だと思っています。

★★★

だって遺伝子なんて見ても確認できませんか
ら!

自分さえよければ!……では済まされないし、
人類、地球規模で考えないといけない問題
ですよね。

モンサントの社員がこれらの作物を食べている
か避けているか知りたいところです。

確信犯だとしたら外食なんて恐ろしくてでき
ないでしょう・・・

ほんとに賢(かしこ)く選択しないといけな
いなと、つくづく思います。

★★★

……この前テレビで、イギリスの俳優が言っ
ていました。

うちの子供はベジタリアンで、豆腐が大好
きだって。

日本人はいまだに「肉」「牛乳」がよいと思
っていたり、意図的なのか本当の情報が知ら
されていない気がします。

……罪のない子供たちを守るためにも、これ
からも新しい情報をどんどん教えてください!

 

■山田からのお返事■


Yさん、こんにちは。

メルマガを復活されたとのこと。
嬉しいです。

どうぞ、末長く、読み続けて下さい。

本当は、個人的なことで恥ずかしいことなど
は、皆さんにとてもお知らせできないなと
思うことばかりなんです。

でも、今回の「原発大事件」のような事態
が起こり、食べものに関することでも、
「遺組み」や「環ホル」など、もう待った
なしの状況なんですね。

★★★

ぼくの個人的なことを少しぐらい皆さんに
お知らせしても、より具体的にお話しでき
るならそのほうが……と思い、最近は個人
的なこともいろいろと白状しております(笑)。

仰せのように、外国のかたが日本の伝統食
を知るようになると、多くのかたが日本の
食事の「ファン」になられます。

あまりにもその違いがよくお分かりだから、
なんですね。

ところが、生まれてからずっと日本に住ん
でいるぼくたちは、その素敵な伝統食のあ
りがたさが分からなくなっています。

一見、派手な外食のメニュばかりに飛び
ついてしまうんですね。

★★★

そして、「本来の日本人」と「本来の日本」
の素晴らしさ。

そのため、いまこそ世界に向けて「日本」
を発信したいなと思っています。

そうそう、つい先日も、メルマガの冒頭で
お知らせしましたが、山岡鉄舟(やまおか
てっしゅう)という人物のこと。

たぶん、彼の名前を知っているかたは少な
いでしょうね。

だって、教科書にも載っておりませんし、
巷(ちまた)でも、そうそう口に上る名
前ではありません。

明治維新のころ、勝海舟西郷隆盛の名前
はご存じでも、この山岡鉄舟の名前は、あ
まりご存じない。

★★★

でも、彼という一人の人物が存在していな
かったら、「いまのような先進国と言われる
日本」は……(省略)。

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、このあたりを省略して
います)  

★★★
★★★
★★★

 

 

【注】上述の「山岡鉄舟」については、下記
の「社会の裏側!」の案内をご覧下さい。

「社会の裏側!」112巻
→ https://tinyurl.com/mvzyya56

 

 

 

 


==================
【2】

あなたや、あなたの家族を、山田が命懸
けで救います!
 
山田博士作品集★
 
より深く、より正確に、より楽しく、メ
ルマガの内容をお知らせしたいため、ぼ
くの作品を、毎回、「特別価格で」ご案
内しています。
==================

まだご覧になっていないかたのために、先日
の内容を、再度、案内しています。

 

今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓
__________________

原発から飛散する放射性物質の、 山田
流・明るい対処法!……山田博士の「いの
ち運転“即実践”マニュアル」第10話

【今回は、「読者限定、特別価格」で、お
譲りします】
__________________


詳しくは、下記をどうぞ。
専用ブログ→ https://bit.ly/3yS8iQA

(ご希望のかたは、上記からじゃなく、
このメルマガに戻り、お申し込みフォー
ムからご連絡下さい。そうでないと割引
になりません)


★★★


……下記は、本文の途中、です……


ところが、いままた「ノーモア・フクシ
マ」と叫ばなくてはならない。

こんな事態を、誰が想像して、国民みんな
が汗水を流して苦労を重ねて来たのでしょ
う。

たとえば、100万KW級の原発を1年間
運転すると、170kgものプルトニウム
が製造されます。

長崎で投下された原爆はプルトニウム爆弾
だったのですが、あの長崎原爆でさえ、使
われたのはわずか8kgほどのプルトニウ
ムでした(……と言われています)。

★★★

なのに、今回の「東日本大震災」で被災し
福島原発は、第一原発だけに限っても、
出力が総計で470万KWもあるんですね。

つまり、プルトニウムが1年間に……なん
と800kgも製造されるという塩梅(あ
んばい)……。

これで、日本は平和を真剣に求めている
……と、世界に向かって堂々と胸を張れ
ますか。

あなた、いかがです?

もちろん、電気は、いまのぼくたちにとっ
ては、いわば生きる糧(かて)です。

いまの社会では、昔とは異なり、食べもの、
とくに米だけがあれば、ぼくたちが十分に
生きられるというわけではありません。

★★★

文化などをすべて放棄すれば、食べものだ
けで生きることはできるかもしれません。

でも、先祖から受け継いだ伝統や、ぼくた
ちが新しく学んだことを子孫たちにバトン
タッチしたり、ともに平和な社会を築くに
は、電気の必要性はやはり一番に大切だと
言えるでしょう。

たとえば電気がなければ、いまこうして、
この世で一番大切な「いのち運転“即実
践”マニュアル」を読んでいただくことも
できませんし……(笑)。

こりゃ、大変だ。

毎日毎日、プルトニウムのような猛毒物質
を日本列島に生み出す原発が、「これは平和
利用なんだよ、皆さん!」といくら叫ばれ
ても、ぼくは聞く耳を持つことができない
んです。

違いますか。

★★★


これら「死の灰」に含まれる物質は、数百
種類にも及びます。

でも、今回の原発大事件のような事態では、
とくに放出される量が多いものが一番の問
題になります。

そのため、ほかの多くの物質を、この際は
一応度外視して考えてみることにします。

そして、いま最も問題にしなくてはならな
放射性物質を、下記のように整理して
みることにしました。

ちょっと、ご覧下さい。


……上記は、本文の途中、です……

 

★★★


公開中のASPでの価格→2910円

■今回の一般読者価格(「短縮版」読者)
→ 1910円(1000円引きです!)

■「完全版」読者価格
→ 1510円


今回の「特別割引」期間
2023/10/24(火)~10/29(日)


★「即実践・第10話」お申し込みフォーム
(割引期間のみ有効)

→ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P65394600
上記フォームは、割引期間だけご利用下さい。

割引期間以外は、下記の専用ブログからお求め
下さい。

専用ブログ→ https://bit.ly/3yS8iQA

 

 

 

 

★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

なお、PDF版については、今後、ASP
で順次公開して行きますので、そちらで
お求め下さい。

もしご希望のPDF版がある場合は、事務
局までお知らせ下さい。
優先的に作成して、公開するようにします。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。

毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★みんなこっそり読んでいる「完全版」

本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。
入会月によって、金額が異なります。
1か月分は540円。

みんなこっそり読んでいる「完全版」
お申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
152-0035
東京都目黒区自由が丘2-16-12
RJ3

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://tinyurl.com/33wh4hhd
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。

★本誌は、送信希望のかただけにお送りし
ております。もし必要でない場合は、下記
のフォームで、その旨をご連絡下さい。
→ https://tinyurl.com/33wh4hhd

本日も、ご覧いただき、ありがとうござい
ました。