短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★4/9(月)◆今回で、「異性化糖」を含む商品の実名リストは終了です。笑えますよね、栄養ドリンク剤とかナントカ

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

    2018年04月09日(月)号
      No.3103

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

            ▼本日の目次▼
  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:783回:

   今回で、「異性化糖」が含まれる飲食品の「実名リ
   スト」は、最後となります。でも、誰が名付けたの
   か、こんなものを「栄養ドリンク剤」とかナントカ
   とはね。こうしたドリンク剤なるものは、けっして
   「日常食」ではないことを、ぜひお知り下さい……

【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第67巻

    次世代電力計「スマートメーター」の電磁波が、
    なぜこれだけも重大な影響を与えるのだろう。
    その具体的な数値をお伝えしよう!


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:783回
______________________________

      (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20180402050000000.html

 


★タイトル:

今回で、「異性化糖」が含まれる飲食品の「実名リスト」は、最後
となります。でも、誰が名付けたのか、こんなものを「栄養ドリン
ク剤」とかナントカとはね。こうしたドリンク剤なるものは、けっ
して「日常食」ではないことを、ぜひお知り下さい……

 


いやいや、お疲れ様でした……(笑)。

今回で、「異性化糖」が含まれる飲食品の「実名リスト」は、最後
となります。

毎週月曜日、この欄で、次々とこのリストを掲載しましたので、
「いったい、山田サン、いつまで続けるつもりなのかなあ……」な
んて、両腕を頭の後ろで組んで空を眺めながら、そう思われていた
のかもしれません。

安心して下さい、今回で終了です。

ぼくの実際の本では、これらをすべて写真付きで紹介しているので
すが、やはり写真を見ていますと、これらの実態が本当に手に取る
ように分かります(まあ、当然ですよね)。

最後の今回も、前回に引き続いて、ドリンク剤(笑)。

              ★★★

でも、誰が名付けたのか、こんなものを「栄養ドリンク剤」とか
「●●ドリンク」とか……ナントカカントカ(●●は、下記の設問
をご覧下さい)。

よく恥ずかしくもなく、こんな名前、付けますよね。

ぼくなど、まるで自分で名付けたかのように、恥ずかしくて、どこ
かに隠れたくなってしまいます(なんで、山田サンが隠れる必要が
あるの……なんて言われそうですが、つい)。

でも多くのかたは、「最近、仕事で忙しくてコンビニ食ばかりだっ
たしなあ。外食も多かったし。よし、あの栄養ドリンクなるものを
少しばかり飲んで栄養でもつけるか……」と、なるのでしょうね。

企業たちにコロリと騙(だま)されていることなど、ツユ知らずに
……。

そして、こういうものを摂取すればするほど、この「異性化糖」が
体に入りますし、しかも、じつは、アルコールが含まれているもの
もありますし、それにカフェイン、安息香酸などの影響が知らず知
らず、体を襲ってくるでしょうね。

まあ、明日は大丈夫でしょう。
3日後も……。

でも、1週間後、1か月後、2か月後は……知りません。

それなのに、多くのかたは、「でも、少しぐらいなら大丈夫じゃな
いの」……と、自分で自分に言い訳をしながら、これらをふだん体
に入れていらっしゃる。

              ★★★

まあ、皆さん、そう思っていらっしゃるから、こうした商品が売れ
るわけですよね(笑)。

企業は、よく知っています。

しかし、こうした飲料水に含まれるアルコールやカフェインなどの
成分が、ほかの薬との飲み合わせで障害を起こす危険性など、さま
ざまなことが最近、だんだんと分かってきました。

いずれにしても、こうしたドリンク剤なるものは、けっして「日常
食」ではないこと。

それを、ぜひいつも念頭に入れておいて下さい。

そして、こういうものを「日常食」として摂取することの滑稽(こ
っけい)さ。
「身にしみて」頭に入れておいてほしいですね(笑)。

さて、今回、お知らせする商品名は、何でしょうか。

まままま、下記をどうぞ、ご覧下さい。

異性化糖」を含む商品の、最後の案内となります。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。

 


     「異性化糖」が含まれる市販食品の一例(8)
           (前回の続きです) 

         〜市販食品「実名リスト」〜


◆「新グロモント」

【メーカー】ライオン
【種類】  指定医薬部外品
【原材料名】グルクロノラクトン、ビタミンB1硝酸塩、ビタミン
B2リン酸エステル、ビタミンB6、ニコチン酸アミド、イノシト
ール、カルニチン塩化物、無水カフェイン、リュウガンニンニクエ
キス、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン
【添加物】リンゴ果汁、ハチミツ、ブドウ糖、果糖、ブドウ糖液糖、
乳酸、安息香酸Na、香料、バニリン


◆「チオビタ ドリンク」

【メーカー】大鵬薬品工業
【種類】  指定医薬部外品
【原材料名】タウリンイノシトールニコチン酸アミド、ビタミ
ンB1硝酸塩、ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、カル
ニチン塩化物、無水カフェイン
【添加物】果糖ブドウ糖液糖、DLーリンゴ酸、没食子酸プロピル、
安息香酸Na、pH調整剤、クエン酸クエン酸Na、D−ソル
ビトール、バニリン、エチルバニリン、香料


◆「マージョンDX3000α」

【メーカー】HapYcom
【種類】  第2類医薬品
【原材料名】ゴオウ浸出液、イカリソウ流エキス、ローヤルゼリー
チンキ、チアミン硝化物、リボフラビンリン酸エステルナトリウム、
ピリドキシン塩酸塩、ニコチン酸アミド、無水カフェイン、タウリン
カルニチン塩化物
【添加物】白糖、D−ソルビトール、果糖ブドウ糖液糖、クエン
酸水和物、クエン酸Na水和物、DLーリンゴ酸、デキストリン
カラメル、安息香酸Na、パラベンピロリン酸Na、ポリリン酸
Na、メタリン酸Na、pH調整剤、エタノール、エチルバニリン
プロピレングリコールグリセリンバニリン、トコフェロール、
香料


◆「新ヘパリーゼ ドリンク」

【メーカー】ゼリア新薬工業
【種類】  第3類医薬品
【原材料名】肝臓水解物、コンドロイチン、硫酸エステルナトリウム、
ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン、ゴミシエキス、ジオウ乾燥エ
キス、タウリン、ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、ニ
コチン酸アミド
【添加物】果糖ブドウ糖液糖、カラメル、安息香酸Na、ブチルパ
ラベン、クエン酸クエン酸Na、香料、プロピレングリコール
バニリン、エチルバニリン、安息香酸、pH調整剤


(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

 「でも、誰が名付けたのか、こんなものを『栄養ドリンク剤』と
  か『●●ドリンク』とか……ナントカカントカ」

      【選択語句→ エレジー、エレキ、エナジー

     ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

            答え→ エナジー

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽し
 みに!】

 

 

 


______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★
    (パソコンでも、簡単に読むことができます)

〜いずれも短文です。そのため、「いまの時代」をサクッと知ること
  が可能です。楽しい文体ですので、ご家族でご覧下さい〜
______________________________


  ===============
        ★「社会の裏側!」第67巻★
  ===============
      1冊は、どれも、わずか585円です。


  次世代電力計「スマートメーター」の電磁波が、なぜ
  これだけも重大な影響を与えるのだろう。その具体的な
  数値をお伝えしよう! 


  ~外国で「健康被害」による反対運動が起こっている事実と、
          個人情報の漏洩問題とは~

            山田博士・著

   第67巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2GJKAKu


             【概要】

ぼくは、この「スマートメーター」の問題点としては、現時点では
大きく三つ挙げられるかな、と思っています。

一つは、ご存じ電磁波の問題。
二つは、悲惨な火事を引き起こす問題。
三つは、大切な個人情報漏洩(ろうえい)の問題。

一番最初の問題として、以前にも、スマホやケータイの電磁波につ
いて述べたことがありますが、この「スマートメーター」も、けっ
してそれに劣らない問題が控えております。

そしてその電磁波による健康被害のため、事実、諸外国では、この
スマートメーター」の設置反対運動が起きているわけですね。

火の無い所に煙は立ちません。

日本では、なんともノンビリしたもの。
なにしろ、この「スマートメーター」の名前自体、ポピュラーにな
っていないほど、マスコミはこの現実を巧妙に隠蔽(いんぺい)し
てきました。

海外では、健康被害が多発しております。

それに、大手電力会社10社たちは、この通信機能がついた次世代
電力計「スマートメーター」を、なんと、2024年度末までに管
内のすべての家庭に設置するという計画をまとめました。

国民がこの本質に気づく前に、超スピードで設置してしまえ……と
いうことでしょうか。

原発のときと、同じ構図ですよね。

あのときも、国民の大部分の人たちは、原発?まあ、火力発電所
ようなものじゃないの?……なんてノンビリしている間に、この狭
い日本列島に52基も作られてしまったのでしたね。

そして気づいたときは、あのフクシマが起こり、みんなあわてふた
めいたわけです。

いったん出来てしまったものは、そうそう元の状態に戻すことはで
きません。
大きなエネルギーが必要になります。
だって、そこで働き、暮らす人も出てきますからね。

だから今回も、企業たちは、国民になるべくこれの実態を知らせな
いように仕向け、「アッという間に」、全家庭にこの「スマートメー
ター」を設置してしまおうとしているわけなんですね。

電力会社10社は、そのため、当初決めていたこの「スマートメー
ター」設置の計画を、かなり前倒しでいま進めております。

でも、こんなもの、ぼくたち国民は誰も電力会社様にお願いした覚
えはございませぬ。

ぜひ、本書をご覧下さい。
そして、「社会の裏側!」をのぞいてみて下さい。
あなたの行動を、期待しています。

(以下、省略します。詳しい概略や目次などは、「案内ブログ」を
 ご覧下さい。それだけでも、内容が想像できると思いますよ)

   第67巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2GJKAKu

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
〜ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ〜

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      〜下記のフォームから、ご連絡下さい〜

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2−2−5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。