短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:10/9(火)◆読者からの言葉:山田さんのカボチャと小豆(あずき)の煮物のレシピが大好きで、よく作ります……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年10月09(火)号
      No.3252

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッとしていただけま
   せんか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信!」

  (毎週、この欄は「火曜日」に掲載しています。読者からの声
   をダシにして、山田の思いをお話ししております(笑)。どう
   ぞ、毎回、お楽しみに!):

   ■No.1576

    山田さんのカボチャと小豆(あずき)の煮物のレシピ
    が大好きで、よく作ります……

   (H.Yさん、埼玉県さいたま市、女性、56歳、会社員)


【2】先週の金曜日に案内した事務局からの無料案内は、
   ご覧になりましたか。再度お載せします。

  ●こんな簡単にフォームが作れるの!? 無料で高機
   能、活用法は様々!Googleフォームの使用方法を
   徹底解説








______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

   この欄は、毎週「火曜日」に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H



 …………………………………………………………………………
 ■No.1576

  山田さんのカボチャと小豆(あずき)の煮物のレシピが
  大好きで、よく作ります……

 …………………………………………………………………………
  (H.Yさん、埼玉県さいたま市、女性、56歳、会社員)



山田さんのカボチャと小豆の煮物のレシピが大好きで、よく作りま
す。

料理が苦手ですが、これは簡単で美味しいです。


           ■山田からのお返事■


Hさん、こんにちは。
山田博士です。

もう、長い間、このメルマガ「暮しの赤信号」を読んでいただいて
いらっしゃるようで、喜んでおります。

Hさんのお名前も、しっかりぼくの頭には残っています(笑)。

過去に、一度でもお便りをいただいていると、こんなぼくの頭です
が、どこかに残っているものなんですね。

「そうだったなあ。確か、あのかただったっけなあ……」なんて、
突然、思い出すから、人の頭って、本当に不思議。

ところで、仰せの「カボチャと小豆の煮物」。

ふふふ……、これ、いいでしょ。

じつは、ぼくも、自分の作ったレシピの中では、大好きなものの一
つなんですね。
現に今朝も……これを食べてきたばかり(笑)。

              ★★★

材料が揃(そろ)うときは、サササッと作って、いつも冷蔵庫に入
れて保存しておきます。

なにしろ簡単に作れますし、保存しておけば置くほど美味(おい)
しくなるなんて、嬉しいじゃありませんか。

味が浸(し)みるのですね……。

しかも、調味料も何もいらない。
ただの塩だけ……。
不思議です。

自然の持っている旨(うま)みや甘味を、これほども簡単に引き出
すレシピなんて、あまりないのじゃないでしょうか。

これを見ますと、外食や中食(なかしょく)が、いかに調味料や添
加物漬けなのか、分かります。

もう二度と、購入してきた総菜など、食べる気がしなくなります。

              ★★★

Hさんがおっしゃるこのレシピとは、ぼくが1年近くかかって作成
した「山田流シンプル・レシピ」第2弾……のことなんですね。

これはあのロングセラーの「月1万~」所収のレシピの続きとして
作成しました。

「月1万~」に掲載した14ほどのレシピの続編が欲しい……とい
う声が相次いだからです。

そのため、急遽、腕をまくって、エプロンをし、包丁を振り回して、
台所の中を走り回り、ほぼ1年ほどかかって、何度も味見をしたり
して推敲(すいこう)して作成したのが、この「山田流シンプル・
レシピ」第2弾でした。

これは、日本には、このような素敵なレシピがあるんだよ……とい
うことを子孫たちに伝え残そうという意味もありました。

ぼくなどの人生の時間は、本当に短いものですよね。

だから、いま、みんなにお伝えしているレシピを、ただの口伝(く
でん)じゃなく、しっかりと文書でまとめておきたいと、願ったわ
けです。

そのため、必死になって、夜も寝ず、昼間に居眠りをしながら、作
りあげました(笑)。

              ★★★

そのレシピのサブタイトルに、下記のように書かれています。

外食のマネなどしてはいけない! 自分のいのちは、自分で包丁を
握って生みだそう。あなたの家計簿と「健康簿」を同時に黒字にさ
せる衝撃レシピ集。

どうですか。
みるからに、「美味しそう」でしょう(笑)。

このレシピは、ぼくの会話調レシピでもあります。
よくあるような料理書とはまた異なって、読むだけで楽しいレシピ
集なんですね。

しかも、「月1万~」に所収したレシピは基礎編でしたが、これは、
応用編という形で、なんと、すべてに写真を載せたことです。

この写真を撮影するのが……また大変でした(笑)。

だって、出来たては湯気が出ています。
その湯気(ゆげ)のために、撮影しても、うまく見えないんですね。
これには参りました。

そのため、少し冷ましてからカメラを向けるとか、いろいろと考え
ました。

「おい、早く冷めてくれよお」なんて、料理に向かって実際に言っ
たりして……(笑)。

              ★★★

そうですねえ。

せっかくですから、この「カボチャと小豆の煮物」のレシピ、ちょ
っとだけ……(省略)。



★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います


★★もし、本日の「完全版」をご希望のかたは、事務局までご連絡
 下さい。手間代として500円だけいただきますが、特別お送り
 してもかまいません。過去の分でも結構です。メッセージ欄に、
 ……何年○月○日号の「完全版」を希望します……とご記入下さ
 れば、追って、送金情報をお送りします。








______________________________

【2】先週の金曜日に案内した事務局からの「無料案内」は、
   ご覧になりました? 再度お載せします。

______________________________



●こんな簡単にフォームが作れるの!? 無料で高機能、活用法は
 様々!Googleフォームの使用方法を徹底解説
    → http://www.sugowaza.jp/r/M1dsX2d0YQ==.html


アンケートや問い合わせフォームが
簡単、お手軽に作れるGoogleフォーム

集計までも自動で行ってくれるので
データ分析としても非常に重宝します

作成したフォームはブログなどにも簡単に
埋め込むことができます

複雑なスキルは一切必要ありません

スマホにも対応しています。

無料ながら高機能なこのサービス
このレポートで是非使いこなせるようになりましょう!


(上記は説明文です。何かありましたら当事務局までお知らせ下さい)





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。