短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:7/9(火)◆日本では、嬉しいことに、主食たるお米を、粒のまま食べることができるんですね。しかも水分を含ませて

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年07月09日(火)号
            No.3474

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    日本では、嬉しいことに、主食たるお米を、粒のま
    ま食べることができるんですね。

    ぼくなど、いつも炊飯するときに、本当に痛感しま
    す。

    米粒に、小豆と大豆を混ぜ、一晩、水に漬けてぐっ
    すりと寝てもらいます(笑)。

    そして翌日。

    眠い目をこすりながら、炊飯するのですが、お米の
    場合は、炊飯というように、水を含ませるわけです
    ね。

    一方、小麦の場合は粉にして、熱を与えて水分を飛
    ばしてしまう。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★山田博士返信語録・補筆集

   「実話・食卓の事件簿」第15巻のご案内です。
   全198頁!

   このような手紙形式の楽しい内容は、たぶん、ほかに
   は存在しないと思います。
   膨大な量ですので、「本のような紙の媒体」では無理で
   す。マスコミも言えないようなホンネが満載です。
   ぜひご覧下さい。

  (今回も、公開価格より、かなり割引きました)。








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、月曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。
   じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……7/8(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  「パンケーキシンドローム」は、小麦食の粉食に
     ハマっている日本人への最後通告だ!

~ある調査では、「パンケーキ」1枚あたり500匹のダニ
 がいました。高温多湿の日本では粉食を見直すべき。アナ
 フィラキシーショックを発症する重大事例も出ています~


            (前略)

……

北欧のような寒い地域では、どれだけエサがあっても、ダニ
は繁殖できません。

あとでも述べますが、日本という高温多湿の国では、ぼくた
ちの食べるものは決まっているわけです。
このような「粉食」を食べるには、大きなリスクを考えなけ
ればならない。

ダニは、卵から成虫までは約1ヵ月でです。
そして寿命は2~3か月。
この期間に約50~100個以上の卵を産むわけですね。

だから、ちょっと忘れていて10週間ほど経ってしまいます
と、すでに300倍にも繁殖しているという塩梅(あんば
い)。
凄(すご)いものですよね。

しかもダニの大きさは「0.2ミリぐらい」と、きわめて小
さいので、ちょっとした隙間(すきま)があれば、ドッと侵
入します。

さて、以下で、その「小手先の対策」について、少し述べて
おきます(笑)。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


日本では、嬉しいことに、主食たるお米を、粒のまま食べる
ことができるんですね。

ぼくなど、いつも炊飯するときに、本当に痛感します。

米粒に、小豆と大豆を混ぜ、一晩、水に漬けてぐっすりと寝
てもらいます(笑)。

そして翌日。

眠い目をこすりながら、炊飯するのですが、お米の場合は、
炊飯というように、水を含ませるわけですね。

一方、小麦の場合は粉にして、熱を与えて水分を飛ばしてし
まう。

米と小麦は、まったく逆なんですね。

             ★★★

そのようにして美味しく炊けたご飯を、ぼくたちは毎日頬張
るわけです。
そりゃあ、自然に笑顔になりますわな(笑)。

なのに、このところ、周囲にいる「日本人らしき人たち」は、
なぜか米より小麦食を食べています。

きっと、そういう人たちは日本語をしゃべっていますが、日
本人ではないのかもしれませんよね。
まあ、それなら、仕方ないか。

でも、今回の原稿をまとめている最中、「そう言えば、最近、
日本人を見なくなったなあ……」と、ついつぶやいてしまっ
ていました。

だってどこへ行っても、「パンケーキ」やハンバーガーやサ
ンドやパスタやラーメンやうどんなどを食べている人ばっか。

え?

あの人たち。
日本人だったのですかあ……(笑)。

             ★★★

でも、この機会に、ぜひぼくたちの先祖たちが口にしてきた
お米を見直してほしい。

だって、自然の恵みをそのまま食べることができる。

別に粉食などにしなくても、粒のまま炊飯(すいはん)すれ
ばいいのですから。

まあ、それも面倒だなんて言う人も、いらっしゃるようです
が……。

こんな素敵な国に生まれておきながら、ぼくたちは、わざわ
ざ北の国の真似をして、小麦を粉食(ふんしょく)にして食
べている。

この「ふんしょく」なんて、まさしく噴飯(ふんぱん)もの
です(良く似た響きですなあ。笑)。

まあ、小麦の場合は、粉食にしなければ食べることができな
い……という摂理がありました。

             ★★★

今回の文章の中でも述べましたように、小麦の中身の胚乳
(はいにゅう)と、外皮(がいひ)などがくっついていて分
離できないんですね。

米だと、外皮の籾(もみ)や糠(ぬか)などを分離させるこ
とは、十分可能です。

でも、小麦ではできない。

そのため、全部をまとめて粉食にしてしまえ……と。

そりゃ、そうなりますよね。

ぼくだって、北国に暮らしていれば、そこで穫(と)れる小
麦は、たぶん粉食にして食べるでしょうね。

そのほうが効率がいいですモン。

             ★★★

でも、日本のように、これだけ「高温多湿」の国で、どうし
てダニの湧くような粉食にして小麦をわざわざ食べなくては
ならないんです?

どなたか、教えて下さい(笑)。

今回は、本当のところは、こんな「パンケーキ」がどうのと
いうより、ぜひ皆さんに、お米について真剣に考えてほしか
ったのです。

だって、お米を食べる人が少なくなりますと、日本の農業は
衰退しますしね。

水田が荒れた光景を見るのは、ぼくはイヤです。

さてっと。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

       ~山田博士返信語録・補筆集~

   最新刊「実話・食卓の事件簿」第15巻のご案内です!
    全198頁!

=======================



今回は、読者のかたからの声と、それに「補筆返信」したぼ
くからの声を、まとめた作品です。

いままで第14巻まで発行してきました。

今回は最新刊の第15巻の案内です。

なんと全部で200頁弱!

でも、サッと読めて、サッと知識が身につく。

こんな内容の文章は、おそらく世の中には存在していないと
思います。

ぜひ、ご家族の皆さんで楽しみにご覧下さい。

             ★★★

目次をご覧になるだけで、この内容が氷解されるのじゃない
でしょうか。

すべて具体的で、楽しい文体です。

今回、5日間限定ですが、大幅に割り引きました。
そして、一人でも多くのかたの手に載ることを願っています。

でも、いままでの全15巻を読んでみて、よく、これだけも
の量の文章を、ぼくは書いたものだなあ……と、我ながら感
心しています。

きっと、ぼくじゃなく、誰か山田に似たような人物がまとめ
たのでしょう。
ね、山田クン?

それなら、納得です(笑)。

まあ、誰が書いたのか、ぼくにはいっこうに分からないので
すが、とにかく、この機会に、ぜひお読み下さい。





──────────────────────────────
             内容の一部
──────────────────────────────



…………………………………………………………………………
 ■No.19

 「わずか月1万円少々の食費で……」を始めて3日も経たずに、
 手足の冷えが、改善されてるのを感じました……

【山田より】じつは、今日の朝も、この中の一つを、ぼくは作って
      きました。その名前は……「ポカポカと心が熱くな
      る!野菜シチュー」。それには「味の素」じゃなく、
      「愛の素(もと)」がいっぱいのシチューが入ってい
      ますが、小麦粉と塩で簡単ににできるんです。

 …………………………………………………………………………
   (I.Tさん、愛知県瀬戸市、男性、69歳、自営業)



「わずか月1万円少々の食費で……」を始めて3日も経たずに、手
足の冷えが、改善されてるのを感じました。

今では、朝起きる頃に布団の中で、手足がぽかぽかしてます。

貧血気味で、手足が冷えているのは当たり前でした。

夜中に2回起きて、浅い眠りで朝を待つ毎日でしたが、1回に減り、
時々明るくなったのを気づかないこともあります。

常用していた、1万円のサプリメントはやめました。
ありがとうございます。


           ■山田からのお返事■



Iさん、こんにちは。
山田博士です。

ほ、本当ですか!

そ、それは、ぼ、ぼくのほうが嬉しいですっ(なぜか、声がうわず
っている。笑)。

Iさんがおっしゃる「わずか月1万円少々の食費で……」というのは、
ぼくの数ある作品の中でも本当にロングセラーなんです(「月1万~」
という愛称で、皆さんにいつもご案内しています)。

この「月1万~」、いったい、いつ作成したのか。

じつは、自分でもすっかり忘れてしまうほどなんですが、でも、ぼ
く自身、毎日、ずっとこの内容を活用しています。

つまり、自分で何度も試(ため)している内容なんですね。
机上(きじょう)の内容ではありません。

しかも、これは「PDF版」作品ということもあり、いわゆる単行
本とは異なって、頁の制約がありません。

つまり、どれだけでも、「思う存分」、書くことができる……(おっ
ととと、ダッシュで逃げないで下さい。笑)。

              ★★★

だから、「全3巻」という凄い分量なのですが、でも不思議なこと
に、ぼくのいつものずっこけた文体のせいなのか、皆さん、何の苦
労もなく、いとも「軽々と」読んでいらっしゃるようですね。

いつだったかも、ある女性のかたからお便りをいただいたことがあ
ります。

この「月1万~」を読み始めて、気がついたら窓の外が白くなって
いて驚きました……と。

主婦のかただっため、そのあとの朝ご飯の仕度(したく)がまあ大
変だったそうですよ(ご家族の皆さん、すみません!)。

このように、最初の頁から読み始めますと、もう止まりません(笑)。
そう、最後まで行き着かなければなりません。

……まあ、半分、冗談ですが、でも、こうして多くのかたがこの「月
1万~」といっしょに歩いていて下さっているのを思うと、恥ずか
しさで、いつも、隠れる穴を探しております。

ちなみに、ご存じかとは思いますが、書店の棚に並ぶ本の場合は、
出版社から、あらかじめ「頁数が指定」されています。
そのため、どれだけでも好きなだけ書くわけにはいきません。

なぜなら、本は印刷しなければなりませんが、その場合、折(おり)
というものがあって、1折が16頁単位なんですね。
だから、その整数倍がその本の全頁となります。

もちろん、その半分の8頁や4頁という追加などはありますが、ま
あ大体、全体の本の頁数は決まってしまいます。

そして、その本が出来てからあとの書店の棚に置く場合をいつも考
えていますから、おのずから大体の本の厚みが決まるわけですね。

しかも文庫判、新書判、四六判……などというように、シリーズの
中の1冊であれば、ほかと同じぐらいの頁になりますから、それだ
けでも頁数の制限があります。

そのため、もっと書きたい、いや書くぞお……と思っていても、涙
を呑(の)んで筆を置くことも、ままあるわけですね(笑)。

              ★★★

でも、この「PDF版」の場合は、そうではない。

自分の思うがままに書き続けることができます。
そのため、内容が良ければ皆さんに喜んでもらえます。
しかし、その内容が悪いと、もう我慢しかない……(笑)。

まあ、いずれにしても、この「月1万~」をぼくがまとめたのは、
日本の経済格差、健康格差……を、なんとか少しでも解消できぬも
のか、と思ったからなんですね。

これは綺麗事でも何でもなく、ぼく自身にできることは何なのか。

日本が、先進国の中でも、下から数えたほうが速いほどの子どもの
貧困率であっても、財力のないぼくには、なんともできません。

しかも、経済的貧困は、その子どもたちの健康格差にもつながるわ
けですね。

ナントカしなくてはならない……。
ナントカしなくてはならない……。

              (後略)


★まあ、このような文章や、おとぼけ文章が、満載です。
 いったん読み始めれば止まらない(笑)。





──────────────────────────────
             も く じ           
──────────────────────────────

         「実話・食卓の事件簿」第15巻
(全25編収録!、全198頁)

はじめに/
  量が質に転化する「素敵な瞬間」を、どうぞお楽しみ下さい。



 ■No.1

  ファブリーズ(消臭剤の商品名)の「生殖毒性」のお話は、
  衝撃的でした……
  (N.Tさん、新潟県小千谷市、女性、47歳、会社員)

 ■No.2

  縄文式時代から、日本では「麻」や、麻で織った布や縄が
  使われていたのに、いまでは石油繊維のために……
  (I.Yさん、神奈川県横浜市、女性、70歳、主婦)

 ■No.3

  「ファブタク」について、TVで紹介しているのを見まし
  た。……こういう数値だけを見ると、すごい効果と思って
  しまい、きっと買う人が増えるのだろうと思いました……
  (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、58歳、無職)

 ■No.4

  短縮版でも読み切れないのが残念です……
  (I.Eさん、「月1万~」第1巻申し込みフォームより)

 ■No.5

  自殺者を引き止める茂(しげ)さんの話、心にしみました。
  生きていくのって大変ですよね……
  (A.Aさん、女性、「月1万~」第1巻申し込みフォームより)

 ■No.6

 毎日の生活に追われていますので、短時間で簡単にできる健康
 レシピを教えてほしいです……
 (F.Sさん、男性、「月1万~」第1巻申し込みフォームより)

 ■No.7

 (愛犬への)フードは、取りあええずアメリカ産の高級ドライ
 フードを与えています。ペットフード、今一度考えてみます……
  (K.Yさん、兵庫県加古川市、男性、47歳、会社員)

 ■No.8

  私のアフィリエイトサイトで、先生のブログとFB(フェイス
  ブック)ページURLを掲載しました……
  (S.Hさん、ドイツ、男性、69歳、声楽家

 ■No.9

  普通なら「無料版」をしばらく読んでみてからと、なりそうで
  すが、2年前病気になって入院してから、食の大切さを思い知
  ったためです……
  (Y.Mさん、福岡県久留米市、女性、45歳、自営手伝い)

 ■No.10

  読み始めたばかりですが、知りたい内容が多すぎて、ついて
  いけません……
  (S.Mさん、兵庫県姫路市、男性、49歳)

 ■No.11

  この「月1万~」の実践が、今後の年金にたよった暮らしに
  ゆとりをもたらすことを、期待しています……
  (I.Tさん、愛知県瀬戸市、男性、69歳、自営業)

 ■No.12

  「月1万~」は3日目にして132ページまでメモを取りなが
  ら読みました……
  (F.Sさん、大阪府松原市、女性、72歳、主婦)

 ■No.13

  第14話の内容についての質問です。陰性の食べものはでき
  るだけ避けるということですが、「肉食などの陽性の食べもの
  は……」とあります。これはどのように……
  (M.Hさん、東京都品川区、男性、44歳、会社員)

 ■No.14

  昨日、久しぶりに息子の家族が来て、入学やら誕生の祝いなどを
  兼ねてやったのですが、嫁が孫たちのために買ってきたカルピス
  に……
  (F.Nさん、神奈川県川崎市、女性、65歳、パート)

 ■No.15

 「笑え暴走食」 は、前から購入しようか悩んでいましたが、
 食育指導士の資格を取り、仲間がやっている幼稚園等の食育講座
 に加わって活動するようになったので……
  (N.Tさん、新潟県小千谷市、女性、46歳、会社員)

 ■No.16

 先日の東急渋谷駅でのアロマ(?)を流すという記事(「時事呆
 談」)を拝見し、とても心配しています。こんなことにお金を使
 うなら、もっと人のためになることがいっぱいあるのに……
   (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、58歳、無職)

 ■No.17

 いつも、メルマガ拝見しながら励みにもなっておりますし、毎回
 わくわくしつつ、今までの常識が非常識であるという事実に目か
 ら鱗(うろこ)の連続です……
   (O.Yさん、大阪府堺市、女性、55歳、NIL

 ■No.18

最近のメルマガ(本誌のこと)で、銀行に預けているお金が武器の
購入などに使われていることを知り、主人と相談をして銀行を……
   (O.Mさん、神奈川県茅ヶ崎市、女性、42歳、主婦)

 ■No.19

 「わずか月1万円少々の食費で……」を始めて3日も経たずに、
 手足の冷えが、改善されてるのを感じました……
   (I.Tさん、愛知県瀬戸市、男性、69歳、自営業)

 ■No.20

  昨年末から社内報を担当し、小さな○○というコーナーに、
  コーヒーフレッシュやマーガリンの事を載せています……
  (F.Cさん、東京都葛飾区、女性、40歳、パート)

 ■No.21

私はどう行動できるだろうか・・と悩んでいるのですが、まずは
メルマガ更新(「完全版」の更新のことです)で山田先生を応援す
ることです……
  (K.Aさん、千葉県千葉市、女性、42歳、無職)

 ■No.22

   お陰さまで、2月に夫婦で鍼灸院を開業致しました。待合
   室には山田さんの作品を筆頭に、多くの方々に目を通して
   欲しい資料を並べてあります……
  (N.Eさん、埼玉県深谷市、男性、37歳、鍼灸師

 ■No.23

 溜(た)まったメルマガは1通たりとも無駄にはしません。こ
 れから頑張ってすべてに目を通すつもりです。
   (H.Yさん、岡山県岡山市、女性、69歳、専業主婦)

 ■No.24

 私は「情報強者」を「ブラック」(自分の知識を利用して情報
 弱者を搾取する人)、「ホワイト」(自分の知識を使って情報弱
 者を助ける人)に分けていますが、山田先生はまさに「ホワイ
 ト情強」です……
  (O.Jさん、東京都文京区、女性、55歳、大学講師)

 ■No.25

  母が透析を週3回していますので、身に染みています……
(K.Tさん、兵庫県姫路市、男性、62歳、サービス業[ホテル])


あとがき/
 「実話・食卓の事件簿」を各巻ズラリ揃えると、具体例満載 の
 「いのち運転百科事典」になります!





___________________________

★お申し込みフォーム★
___________________________



     公開予定価格から、特別に割引きます。
  ~いま、ASPで、下記の公開価格で準備中です~

    =====================

         公開価格→  3980円

       「短縮版」読者価格→ 2980円
      (「完全版」読者価格→ 2480円)

    =====================

            割引提供期間
           ↓ ↓ ↓

       7/9(火)~7/12(金)
  ~4日間限定です~


          ★お申し込みフォーム

 パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S78249126/
(割引期間以外は、このフォームは使わないで下さい)


  もし、割引期間が過ぎている場合は、下記の専用ブログ
  から、お求め下さい。
  「実話・食卓の事件簿」第15巻→ https://bit.ly/2FR2zPO


  この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさ
  せることになれば幸いです。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★



★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。