短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:11/15(月)◆スーパーフード「小豆」は、ウイルス除(よ)けだけじゃなく、あなたの人生を守る強力な味方でした

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月15日(月)号
No.4177

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★本誌は、本文を省略した「短縮版」です。

~本日の「完全版」には、100%の原稿を
掲載していますので、ご了承下さい~

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆よければ「いいね!」をお願いします。

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッしていただけませんか。

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

 

 


▼本日の目次▼


【1】

本日は、山田の新作の、本邦初公開です。

世界で人気の、電子本「社会の裏側!」シ
リーズ。

「短縮版」では、前半だけの掲載ですが、
ご了承下さい。

(隔週月曜日に、公開します)


今回のタイトル
↓↓↓

スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

 

 

 

 


==================

【1】

▼本日は、新作の初公開です!

山田の電子本「社会の裏側!」。

本誌の読者だけに、先に公開します。
隔週の月曜日に、新作を掲載。

「短縮版」では、前半だけの掲載ですの
で、ご了承下さい。

==================





今回のタイトル
↓ ↓ ↓
__________________


スーパーフード「小豆(あずき)」は、ウ
イルス除(よ)けだけじゃなく、あなた
の人生を守る強力な味方でした!

~こんな素敵な食べものが日本人の身近
にあることに、もう感謝すべきです。まあ、
ファストフードに毎日染まっている人には、
まったく縁の無い話ですがね~

__________________

 


【目次】……と言うより、レジメのように
内容を記載しておりますので、これだけで
も、およそ概要が分かるかと思います。

 

★(第1章)

この時期に、この小豆の原稿を書こうとし
たのは、ほかでもない、現在、世界的にもま
ったく収束の道筋さえ見えない「新型コロナ
ウイルス」の存在のためです。今回のこのお
話しが、少しでもお役に立てばと……

★(第2章)

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒、排膿、
利尿作用のある食材とされていたんです。
それに抗酸化作用のあるアントシアニン
サポニンは「老化」を防ぎますし、食物繊
維は「腸内環境」を整えて、「ナントカウ
イルス」への対策にもバッチリです……

★(第3章)

ぜひ、国産大豆を求めて下さい。いままで
は中国とカナダからの輸入小豆がほとんど
でした。でも、この「ナントカウイルス」
のため、国産大豆を広げようという動きが
企業やホクレンにも出てきたのです。まあ
いまさらなんですが、でも、皆さんも北海
道産の小豆をぜひ……

★(第4章)

昼間の誰もいない台所に忍び込み、冷蔵庫
をソッと開けます。ステンレス製の容器に
入れたこの「まろやかな小豆カボチャ」を
取り出し小皿に入れて、またソッと自分の
部屋へ……




 

 

★(第1章)

この時期に、この小豆の原稿を書こうとし
たのは、ほかでもない、現在、世界的にもま
ったく収束の道筋さえ見えない「新型コロナ
ウイルス」の存在のためです。今回のこのお
話しが、少しでもお役に立てばと……

 


皆さん、小豆(あずき)って、毎日食べて
います?

コホン、ぼくは「毎日」食べております。

え、毎日?

はいな。

毎日、必ず、です。                        

だって、ご飯に混ぜていますから、ご飯好
きのぼくは、毎日食べざるを得ません(笑)。

若いころから、玄米に、大豆(だいず)、小
豆、黒豆、金時豆などを、そのときの気分
に合わせて、そのどれかを混ぜているんで
すね。

なぜなら、豆料理は固いため、調理の時間
がかかるため、何か手抜きのいい工夫は
ないものかなあと、考えたわけです。

そうだ、ご飯に混ぜると、毎回、必ず食べ
ることになる。

うん、これはいいわい……と、心の中で
膝(ひざ)を思いっきり強く打ちまして、
この「豆作戦」を始めました。

★★★

なにしろぼくは、どんなことでも工夫する
のが好き。

と言うより、ぼくの性格上、手間のかかるこ
とだと絶対に長続きしないことを、体験から
知っているんです。

だったら、手間がかからないように工夫
すればいい。

どんなことでも、長く愚直(ぐちょく)に
続けることは大変なことです。

そのために、いつも「手抜き」の工夫をし
ております(よい意味で、ですよ)。

えっと、あれは孫子(そんし)の言葉でし
たか。

「敵を知り、己(おのれ)を知れば、百戦
して殆(あや)うからず」

そう、己(おのれ、自分)の性格や能力を
知ることが一番なんですね。

そして、自分の弱点を改善する。

そうしなければ、敵(古い慣習や、支配者
や企業たちからの圧力、そして自分の弱さ)
には絶対に勝てません。

餌食(えじき)になってしまいます。

★★★

とくに豆類の中では、大豆と小豆は、ほと
んど毎回、混ぜるようにしております。

なぜ小豆なのか。

その素晴らしさについて、今回は、少し述べ
てみたいなと思いました。

これだけ小さくて可愛い小豆ですが、巨大
な力(チカラ)を、内に秘めていたわけ
なんですね。

外からでは見えません。

それは、ぼくのように「立派な人」ほど、
そのような素振(そぶ)りを、1ミリも
外に出さないのと同じです。

え?

何か「間違ったこと」を述べましたか(笑)。

いずれにしても、山椒(さんしょう)は
小粒でもピリリと辛(から)い……という
言葉がありますが、それに習えば、「小豆
は小粒でもピリリと偉(えら)い」(笑)。

そう、偉いんです。

★★★

身近にあって、これだけ素晴らしい偉人
(いじん)……あいや違った、「偉食」
が、おわします(いらっしゃる)なんて、
日本人は、なんと幸せなことか。

皆さんも、そう思いませんか。

そして、この小豆を、外国より美味しく食
べる工夫をしてきたご先祖サンたちの知恵。

いやあ、凄(すご)いものですなあ。

そのため、ぼくは、その偉大な日本人の子
孫であることに、大きな誇りを抱いていま
す。

ぜひ、この機会に、皆さんと、この小豆に
ついて共有したいなと思っています。

ところで、なぜいま、この時期に、この小
豆の原稿を書こうかとしたのかなんです
が、これは、現在、世界的にもまったく
収束の道筋さえ見えない「新型コロナウイ
ルス」の存在のためです。

この対策について、ぜひ皆さんにも、この
小豆の存在をお知らせしておきたいと思い
ました。

★★★

中国から流されてきた、このヘンテコリン
な「侵略ウイルス」。

これはもう、「宣戦布告無しの戦争」です。

確か今日なども、オランダでは「都市封鎖」
がなされた……という報道が飛びこんでき
ていましたし……。

世界的にこれが広がり、途上国の人など、
現在、どのような状況になっているのか
さえ、誰にも分かりません。

日常の行動が規制され、多くの子どもたち
が学校にも行けず、大人たちは職場にも行
けずに悲しんでいるはずです。

いまは、もう昔のように、爆弾などを使っ
た古典的な戦争をする必要が無くなりまし
た。

今回のように、中国が「ウイルス」を一つ、
敵国などに黙ってばらまけば、その国は大
騒ぎになりますから。

★★★

その国の伝統文化や工業生産などのすべて
がストップし、大切な人の「いまわ」のと
きでも、会えなくなります。

最近のぼくの身近でも、そのような例を多
く見てきました。

なにしろ、病院にも行けない。
公共交通機関を利用することもできない。

そして、若い人たちなど、バイトもでき
なくて学費も払えず、学校を退学せざるを
得ない。

こうなると、もう一生の問題です。

そのため、今回の、この「新型コロナウイ
ルス」については、ぼくは中国という国を
絶対に許すことができません。

どれだけ多くの人たちが、悲しみのどん底
に陥(おとしい)れられたのか。

そして、いのちを落としてしまったのか。

いつの間にか、身近でじわじわと人々が倒
れて行く。

★★★

しかも、その敵の顔が、直接には誰にも
見えない。

いまだに、中国からは、謝(あやま)りの
言葉一つも、出ていません。

それどころか、外国にその責任を転嫁(て
んか)している。

こんな卑怯(ひきょう)な「兵器」があり
ますか。

こんな卑怯(ひきょう)な「国」がありま
すか。

ぼくは相手と闘う場合は、自分の身分を
しっかりと名乗り、堂々と素手(すで)
で向かうべきだと思っております。

コソコソとしてはいけない。

昔の戦場のように、「やあやあ、遠からん
者は音にも聞け、近くば寄って目にも見
よ、 我こそは、源(みなもと)の九郎
判官義経(よしつね)なり」……と叫び
ながら……(ちと、古いか。笑)。

まあ、いまどき、そのような呑気(のん
き)なことは言わないでしょうが、でも、
その気持ちは大切でしょうね。

ぼくは、いまのネット社会やラジオなどの
ような、匿名はイヤです。

ラジオ放送など聞いていますと、いつの間
にかいまはみな「ラジオネーム」なんです
ね。

★★★

「ラジオネーム」……なんですか、これは。

どこの誰なのか、名前はもちろんのこと日
本人なのか外国人なのか、性別は、年齢は、
住所は、職業は……なんて、何も分かり
ません。

こんなことで、いったいその人がどういう
人物なのか、どう判断すればいいのです?

それなのに、このような無責任な言葉をラ
ジオという公共の放送で、ポンポンと取り
上げる。

ぼくは100%、このような現状を理解でき
ません。

ひょっとすれば、これらは、放送局で「ス
タッフたちが勝手に作成」した文章なのか
もしれませんしね。

そう言えば、「テレビ朝日」で、先日、そ
のような事実が発覚していましたなあ(笑)。

きっと、将来、このような「ラジオネーム」
なんていう匿名の問題が、大問題に発展し
ていると思いますよ。

あの源氏(げんじ)や平家(へいけ)の時
代を、少しは参考にしたらいい……(笑)。

まあ、余談ですが、ぼくは、そう思いま
す。

★★★

でも、この「新型コロナウイルス」につい
ては、とくに日本のマスコミたちは、その
犯人である中国の名前を指摘することもし
ません。

まるで天から降ってきたかのように、伝
えています。

そして、ただただ、「新型コロナウイルス
ワクチン」の接種者の割合がどうのこうの
ばかり。

その結果、そのワクチンを作った製薬企業
たけが「大儲け」している。

いまごろ、ウハウハでしょう。

このあたりで、この茶番劇に気が付けば
いいのに、マスコミたちは知らん顔です。

この「新型コロナウイルスワクチン」を
接種したあとに大きな●●で倒れてい
る人たち(●●は、下記の設問をご覧下
さい)。

しかも、接種者たちが、「新型コロナウイ
ルス」にも罹(かか)っているという笑い
話。

どうして誰もおかしいと思わないのか、
ぼくは不思議です。

新型コロナウイルス」など、簡単に通過
してしまうマスクなのに、いったい何の
ために、外を歩くときにこれを装着して
いるのか。

もちろん、ある程度の「物理的な効果」は
あるのかもしれませんが、こんなことを
していても、対症療法に過ぎないわけで
すね。

そして、人々の行動を制限する。

これは、支配者たちが、将来考えている
戦争への布石、準備……なのかもしれま
せんね。

まあ、そう考えれば、よく分かるなあ(笑)。

★★★

ただ、いまはこの問題について多くを語る
つもりはありません。

……ナントカカントカ言いながら、すでに
多くを語っている(笑)。

でも、今回の、この小豆のチカラを、少し
考えてみて下さい。

ちょうどいい機会ではありませんか。

こういうときでないと、誰も小豆の問題な
ど、知ろうともしませんしね(笑)。

高い費用もかからず、身近で、なんの副作
用も起こさないこの「小豆クン」の存在。

ぜひお知り下さい。

今回の後半部分で、ぼくの毎日食べてい
る、小豆を使った「感動メニュ」をお教え
します。

これだと、小豆が「簡単に」体に入って
きますぞ。

ふふ、お楽しみに。

さてっと……。

 

 

★(第2章)

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒、排膿、
利尿作用のある食材とされていたんです。
それに抗酸化作用のあるアントシアニン
サポニンは「老化」を防ぎますし、食物繊
維は「腸内環境」を整えて、「ナントカウ
イルス」への対策にもバッチリです……

 


この小豆は、昔、邪気(じゃき)を払い、
身を守る存在とされていたのです。

ご存じでしたか。

いやあ、先祖サンたちのインスピレーショ
ンは、本当に凄(すご)いものです。

このぼくと同じように、ちゃんと、コトの
本質をとらえていらっしゃったんですね
(あ、また何かおかしなことを言いまし
たか)。

そう、小豆は、「薬という位置付け」にあ
りました。

それほど、この小さくて赤い豆は、ほかの
食材とは異なる位置にあったわけですね。

漢方では、赤小豆(せきしょうず、しゃく
しょうず)と呼ばれており、解毒(げど
く)、排膿(はいのう。たまったウミを出
すこと)、そして利尿(りにょう)作用の
ある食材とされていたんです。

凄いものでしょ。

★★★

病院もクスリも、何もない時代。

きっと、この小豆は、まるで「神さまのよ
うな存在」だったのでしょうね。

ご覧のように、小豆は赤色をしています。

このことから、太陽・火・血などの、生命を
象徴する色とされた赤色の小豆を、崇(あ
が)めたのかもしれませんね。

でも、その色と同様に、実際に、かなりの
効能があります。

改めて、驚きますよ。

まず、強い抗酸化作用のあるアントシアニ
ンやサポニン

このアントシアニンサポニンは、小豆の
色そのものなんですね。

強い抗酸化作用がありますが、この「酸
化」というのは、「老化」のことだと思っ
て下さい。

つまり、老化を防ぐ。

★★★

いやあ、嬉しいじゃありませんか。

大昔から、不老長寿のクスリを求めて、
支配者たちは世界をさまよったものです。

でも、この小豆は、活性酸素を強力に除い
てくれるわけですから、自然と、若返る
わけ。

ところで、若返るのが好きなかた。

ちょっと手を挙げて下さいな(笑)。

おや、後ろにいるニャンコも、右手を挙  
げているわけ?(なんだ、招き猫の人形
か。笑)。

だったら、小豆を常食しなさい。

これらの成分は毛細血管を広げることで
血流をよくします。

そのため、とくに「冷え性」のかたはいい
でしょうね。
改善されます。

また、そのために、高血圧や血栓症の予防
にもいい。

★★★

またそのほか、サポニンは、血糖値をコン
トロールしてくれるので、肥満を防ぐこと
もできます。

便通も良くなりますし……(笑)。

もう良いことだらけ。

しかも、「食物繊維(しょくもつせんい)」
が豊富なんですね。

そのため、「腸内環境」をしっかりと整え
てくれるわけ。

この食物繊維が、腸内で「善玉菌」が繁殖
するのを活性化させるのですが、そうなる
と、いま、巷(ちまた)で流行(はや)っ
ている、あの「ナントカウイルス」への対
策としても、いいわけですよね(笑)。

そうじゃありませんか。

いつかもこの欄で述べましたが、腸内環境
を良くすることこそが、この「新型コロナ
ウイルス」への対策だと、ぼくは皆さんに
お話ししました。

けっして……(省略)。

 

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、このあとの後半部分を
短縮しています。毎回後半部分に、ぼくの
思いを入れておりますが、でも、少しでも
お役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 


まあ、ぼくなど、もう頭の中にこのメニュ
の作りかたが入っていますので、鼻唄気分
でこの「まろやかな小豆カボチャ」などを
作ってしまいます。

だから皆さんも、どうぞ、鼻唄気分で、ご
いっしょに……(笑)。

ついでに、ほかのメニュもご紹介したいな
と思いましたが、紙幅が限られています。

そのため、このあたりで止めておきます。

そうだ。

もし、ぼくのこの会話調「山田流シンプル
・レシピ」第2弾がご希望であれば、今回
だけ、特別に「50%OFF」で、お譲りし
てもいいかなあ(笑)。

下記がその案内頁です。

★会話調「山田流シンプル・レシピ」第2
弾→ https://bit.ly/3oeXEww

ご希望のかたは、下記の事務局までご連絡
下さい。
→ http://goo.gl/t12Yx

(上記フォームののメッセージ欄に、「11/15
号を見ました。レシピ集を希望します」と
だけ、記載して下さい。

そうすれば、50%OFFとさせていただきま
す。ただし、公開中ですので、11/18までと
させて下さい)

どおれ、原稿も、そろそろ終わりそうです。

ちょっとばかし、「まろやかな小豆カボチ
ャ」を狙って、ソロリと、真っ暗な台所へ
忍び込むことにしましょうか。

★★★

ハハハ……。それじゃまた次回ね。

ご機嫌よう。

山田博士

 


▼▼設問です▼▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●
にあてはまるものを、選択語句から選ん
でみよ。ただし2文字とは限らない。


「この『新型コロナウイルスワクチン』
を接種したあとに大きな●●で倒れてい
る人たち」


【選択語句→ 闇作用、副作用、主作用】

                                                
■答え■

下記のとおりです。
でも、先に答えを見てはいけません。
本文を再度ご覧になり、十分想像してから
答えをご覧下さい。

その繰り返しが、あなたの明日を輝かせる
ことになると思っています。

答え→ 副作用


★今回の月曜日の「完全版」を読みたい
かたは、近日中にnoteで公開します。
有料ですが、ご希望のかたは、そちらで
どうぞ。

いつごろ公開されるかは、事務局にまで
お問い合わせ下さい(必ず11/15号の旨を
お伝え下さい)。

事務局→  https://bit.ly/2DjSStg

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

なお、PDF版については、今後、ASP
で順次公開して行きますので、そちらで
お求め下さい。

もしご希望のPDF版がある場合は、事務
局までお知らせ下さい。
優先的に作成して、公開するようにします。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。
→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれるかも。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。